トップページ > 公募ではない賞一覧 > 川端康成文学賞

川端康成文学賞

川端康成文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

川端康成文学賞(かわばたやすなりぶんがくしょう)は、作家の川端康成を記念して作られた文学賞。川端康成のノーベル文学賞賞金を基金とする公益財団法人川端康成記念会が主催している。本賞は、前年度の最も完成度の高い短篇小説に贈られる。

第39回2013年

受賞

第38回2012年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第37回2011年

受賞

候補

候補

第36回2010年

受賞

候補

候補

第35回2009年

受賞

候補

候補

候補

候補

以前のデータ(全データ一括表示

川端康成文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.9.12 【短編小説の自由】保坂和志さん/円城塔さん

    短編小説という器は、短さゆえに自由で先鋭的な手法が試みられやすい。優れた短編に贈られる川端康成文学賞の受賞作を収めた単行本を出した保坂和志さん(61)と円城塔さん(45)の話から、小説という表現の可能性が見えてくる。

  • 2018.4.12 川端康成文学賞に保坂和志さんの「こことよそ」

    優れた短編小説に贈られる第44回川端康成文学賞(川端康成記念会主催)は12日、保坂和志さん(61)の「こことよそ」(「新潮」平成29年6月号)に決まった。

  • 2018.3.22 川端康成青春文学賞:誕生 大阪・茨木市主催「ゆかりの地で才能発掘」

    ノーベル文学賞を日本人で最初に受賞した川端康成(1899~1972年)の名を冠した公募賞「川端康成青春文学賞」が創設された。今年は、川端が幼少、青年期を過ごした大阪府茨木市の市制70周年とノーベル賞受賞50周年の記念年に当たる。

川端康成文学賞関連つぶやき

gamikossuノーベル賞、川端と谷崎の同時受賞も検討されていたというニュース。検討されてたタイミングで、谷崎死去、3年後川端康成単独受賞だって。同時受賞の可能性以上に、日本の文学界を秘密裏に調べてた人がいたっていう部分が凄く興味深い。#nhk11
music2355ノーベル文学賞川端康成さんと谷崎潤一郎さんのダブル受賞かもだったのに…谷崎潤一郎さん、その前に亡くなるなんて なんて残念なの~
hesonogomadango谷崎が死んじゃったから川端康成にノーベル文学賞いったことをいまさら?同時受賞にしようとしていたんだ、ヘェ〜
megurochild50年前のノーベル文学賞、日本人が2人(川端康成・谷崎潤一郎)同時受賞の可能性があった。#nhk11
maistersingerノーベル文学賞のニュースで「川端康成」って敬称をつけてないのは、歴史上の人物だからなのかね。少しばかり違和感
thavasa1002川端康成と同時に日本人の文学賞受賞が検討されたとか
alakinskywalker川端康成がノーベル文学賞を取ってから50年が経ったのか!!!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)