トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 津村記久子

津村記久子

津村記久子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

津村 記久子(つむら きくこ、1978年1月23日 - )は、日本の小説家。大阪府大阪市出身、大阪府立今宮高等学校、大谷大学文学部国際文化学科卒業。
幼少時には児童書をまねて文章を書いていたが、中学生のころからは音楽に親しむようになる。大学3年のころから本格的に小説を書き始める。
2000年、新卒で入社した会社で上司からパワーハラスメントを受け、10か月で退社。その後、職業訓練校などを経て2001年に転職。
2005年に「マンイーター」(単行本化の際『君は永遠にそいつらより若い』に改題)で第21回太宰治賞を受賞し、小説家デビュー。兼業作家として、会社から帰った後、睡眠を二回に分けてその合間に小説を執筆していた。
2012年、10年半勤めた会社を退職し、専業作家となる道6。

受賞歴

津村記久子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.7.15 【今週はこれを読め! エンタメ編】"意外性の作家"の短篇集〜津村記久子『サキの忘れ物』

    津村記久子さんって思っていたのとはちょっとイメージの違う作家かもしれない、と思ったのは「フェリシティの面接」という短編を読んだときだ。アガサ・クリスティが生んだ名探偵エルキュール・ポアロの秘書であるミス・レモンが活躍する軽妙な作品で、『名探偵登場!』(筒井康隆他/講談社文庫)というアンソロジーに収録されている。津村作品といえば"職業小説(往々にしてパワハラあり)"という印象が強かったのだが、こんなミステリー絡みのしゃれた作品を書かれるとは思っていなかった(職業小説ではある)。「フェリシティの面接」は、読書好きの方でもあまりご存じでないような気がするので(Wikipediaの津村さんのページにも載っていなかった)、ぜひこちらもお手にとっていただけたら。

  • 2018.7.25 【今週はこれを読め! エンタメ編】サポーターたちのシーズン最終節〜津村記久子『ディス・イズ・ザ・デイ』

    人がスポーツを観戦する理由にはいろいろある。そのスポーツが好き、地元のチームを応援したい、自分の勤め先がスポンサーである、などなど...。"スポーツは見るものではなく、自分でやるもの"という考え方も根強くあるだろうが、それが叶わない場合も往々にしてあるし(例えば大相撲などのようにどちらかの性別にしかまだ門戸が開かれていないスポーツがあったり、身体的なことで運動を制限されている人もいたりするから)、何よりそのスポーツに秀でた選手たちのプレイを見ることそのものが楽しかったりする。

  • 2018.3.22 川端康成青春文学賞:誕生 大阪・茨木市主催「ゆかりの地で才能発掘」

    ノーベル文学賞を日本人で最初に受賞した川端康成(1899~1972年)の名を冠した公募賞「川端康成青春文学賞」が創設された。今年は、川端が幼少、青年期を過ごした大阪府茨木市の市制70周年とノーベル賞受賞50周年の記念年に当たる。

津村記久子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ichinics槙野さやかさんと津村記久子トークをしてきたラジオです。私は去年はまったばかりの新参者ですがあれこれぐっときたポイントの話ができて楽しかった〜https://t.co/mIlXqeGyO7 #Radiotalk
kasa_sora今回の録音のラスト、私がイチ押しの作品についてめちゃくちゃしゃべっています。テーマ「私たちの津村記久子」『この世にたやすい仕事はない』https://t.co/Ivv7LQknLB楽しかったなー。このように友人とやるのもも… https://t.co/utGdionI9z
hani_wada津村記久子「つまらない住宅地のすべての家」どこにでもあるような住宅地の住人の話で、内容は淡々進んでいくけど、それぞれの家庭の問題は重め。何気ない隣人の小さな介入で、光がさすこともある。他人が介入することで息が出来ることもあるよなあ。#津村記久子
soraniji_stro木地雅映子と津村記久子は、心の底からお酒呑みながら、しょうもない相づちを打ちたい作家なので、アタシが死ぬまでにその機会を持てれば死んでもいいな。
goronebu2/6本日のテーマは「できない」です『ぼくは勉強ができない』(山田詠美)『できない男』(額賀澪)『きみは雪をみることができない』(人間六度)『アレグリアとは仕事はできない』(津村記久子)『麻倉玲一は信頼できない語り手』(太田忠司)#本 #読書
twincle_life@salmonlife_ メインはルソーなんですが、ピカソの画集も見ると面白いと思います。物語のピカソはまだ20代で多分最初の転換期の頃なので、前後で絵のタッチの違い見るとより楽しめるかと。ピカソは時代で絵が全然違いますもんね
x9mEtNagii3RGR0津村記久子"まぬけなこよみ"の中に、かるたの話があります。著者は子供の頃から、かるたが好きです。様々なかるたの中で一番好きだったのは五味太郎の"おみせやさんの おつかいかるた"です。五十音すべてに小売店が描かれています。40歳近い… https://t.co/CelmzhZVUM
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    津村記久子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)