トップページ > 公募ではない賞一覧 > 野間文芸新人賞

野間文芸新人賞

野間文芸新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

野間文芸新人賞(のまぶんげいしんじんしょう)は、講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する純文学の新人に与えられる文学賞である。野間三賞のうちの一つ。
財団法人野間奉公会が1941年に野間文芸賞とともに創設した野間文芸奨励賞が前身。戦後両賞とも一時中断し、1953年に野間文芸賞のみ再開、その後1979年の講談社創立70周年を期に野間文芸奨励賞を改称、野間文芸新人賞として新設された。以降年1回発表されている。
新人作家による小説を対象とする。芥川龍之介賞と違い、文芸誌掲載作だけではなく単行本も対象となる。受賞作は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として賞牌、副賞として100万円(第12回から、それ以前は50万円)が授与される。受賞作発表および選評は『群像』1月号に掲載される。
初期は村上龍、尾辻克彦など芥川賞受賞経験者に授賞することがあったが、しだいに芥川賞未受賞者のみを候補とする暗黙のルールが成立していった。特に90年代以降は受賞者の約4割が後に芥川賞も受賞するようになっている。

第34回2012年

受賞

受賞

第33回2011年

受賞

第32回2010年

受賞

受賞

第31回2009年

受賞

第30回2008年

第29回2007年

受賞

第28回2006年

第27回2005年

受賞

以前のデータ(全データ一括表示

野間文芸新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

野間文芸新人賞関連つぶやき

yurubngkbot野間文芸新人賞講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する純文学の新人に与えられる文学賞である。野間三賞のうちの一つ。新人作家による小説を対象とする。文芸誌掲載作だけではなく単行本も対象となる。1941年(S16)~現在
GOGOdai5週刊読書人 対談 與那覇潤✖️石戸諭/與那覇潤✖️安田峰俊「歴史がおわる世界から、もう一度」読了。ポピュリズムは歴史が参照されず近視眼的になりがちという対談内容は、ツイッターランドに暮らしていると実感としてよくわかる。… https://t.co/R4jmYFCJJQ
boraras1024野間文芸新人賞って「のまぶんげいしんじんしょう」って読むんだと思ってたら、その通りだった
Futabatarumi展開中の、古谷田奈月@koyata_natsuki 『神前酔狂宴』(河出書房新社@Kawade_bungei )が野間文芸新人賞を受賞しました。古谷田さん、おめでとうございます! https://t.co/GYcoFqMMKI
sheepman_bot二十九の年に第一作の『風の歌を聴け』を書きはじめて、今は三十三になった。あと何日かで三十四になる。いずれにしても先はまだ長いので、ペースを崩さないように丁寧に仕事をしていきたいと思う。【村上春樹 雑文集━━野間文芸新人賞・受賞の言葉】
migite1924佐藤泰志も芥川賞5回、三島賞1回、野間文芸新人賞1回の候補がどれか受賞に至っていたら違う未来もあったのかなと思ってしまう…とくに80年代って芥川賞史上に残る「該当作なし」の時代だったわけで
raisen_bot_qmaNo.502 次の村上春樹の小説と受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒ねじまき鳥クロニクル―読売文学賞、風の歌を聴け―群像新人文学賞、羊をめぐる冒険―野間文芸新人賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)