トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 多和田葉子

多和田葉子

多和田葉子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

多和田 葉子(たわだ ようこ、1960年3月23日 - )は、日本の小説家、詩人、都留文科大学特任教授。
東京都中野区生まれ。1982年から2005年までハンブルク、2005年よりベルリン在住。1987年、ドイツにて2か国語の詩集を出版してデビュー。1991年、書類結婚の相手を異国に訪ねた女が味わうミステリアスな体験を描いた『かかとを失くして』で第34回群像新人文学賞受賞。1992年、『犬婿入り』で第108回芥川龍之介賞を受賞。三島賞はノミネートされながら選考委員団の強い反対により落選したが、高橋源一郎が選考委員の中で唯一選評で評価した。1996年、ドイツ語での文学活動に対し、バイエルン芸術アカデミーからシャミッソー文学賞を授与される。2000年、ドイツの永住権を取得。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。博士号(ドイツ文学)を取得。2005年、ゲーテ・メダルを受賞。著作はドイツ語でも20冊以上出版されており、フランス語訳、英訳、イタリア語、中国語などの翻訳も出ている。

多和田葉子新刊

  • 発売日
    2018年5月15日
  • 書名
    変愛小説集 日本作家編 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年4月26日
  • 書名
    地球にちりばめられて
  • 発売日
    2018年4月26日
  • 書名
    地球にちりばめられて

受賞歴

多和田葉子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

多和田葉子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mustard_nao今日から読む本。多和田葉子「地球にちりばめられて」『誰もが移民になりうる時代に言葉のきらめきを発見する越境譚』という帯に力強さと哀しみを感じて強く惹き付けられた。大事に読もう。 https://t.co/HAFbFpzMLS
thee_pest野坂昭如高橋源一郎保坂和志町田康車谷長吉花村萬月中原昌也山下澄人吉村萬壱川端康成澁澤龍彦川上未映子色川武大中島らも中上健次西村賢太多和田葉子と焼き肉が好きです
Dokushojin_Club【特集】多和田葉子氏インタビュー沼のなかから咲く蓮の花のように『地球にちりばめられて』(講談社)刊行を機に〔書評=郷原佳以〕... https://t.co/zmsMkpcNSr
akutagawa_syou多摩川べりのありふれた町の学習塾は“キタナラ塾”の愛称で子供たちに人気だ。北村みつこ先生が「犬婿入り」の話をしていたら本当に「犬男」の太郎さんが押しかけてきて奇妙な二人の生活が始まった。都市の中に隠された民話的世界を新しい視点でとらえた作品。芥川賞受賞作『犬婿入り』多和田葉子
dragon_boss多和田葉子の『地球に散りばめられて』、半分過ぎあたりまで来たが、メチャクチャおもしろい。ぞくぞくするほど。
sasakiatsushi先週の早稲田の院の演習で、多和田葉子『地球にちりばめられて』のラストについて議論になったのだが、週刊読書人の多和田さんのインタビューを読んだら、やっぱり続編がある、どころか三部作、七部作になるかもと話してた!
kokoro116自分の世代の人間は長寿を祝う必要なんかないのだと義郎は思う。生きていることはありがたいが、老人は生きていて当たり前なのだから祝う必要などない。むしろ死亡率の高い子供が今日も死ななかったことを祝うべきだろう。(多和田葉子『献灯使』)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
多和田葉子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)