トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 多和田葉子

多和田葉子

多和田葉子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

多和田 葉子(たわだ ようこ、1960年3月23日 - )は、日本の小説家、詩人、都留文科大学特任教授。
東京都中野区生まれ。1982年から2005年までハンブルク、2005年よりベルリン在住。1987年、ドイツにて2か国語の詩集を出版してデビュー。1991年、書類結婚の相手を異国に訪ねた女が味わうミステリアスな体験を描いた『かかとを失くして』で第34回群像新人文学賞受賞。1992年、『犬婿入り』で第108回芥川龍之介賞を受賞。三島賞はノミネートされながら選考委員団の強い反対により落選したが、高橋源一郎が選考委員の中で唯一選評で評価した。1996年、ドイツ語での文学活動に対し、バイエルン芸術アカデミーからシャミッソー文学賞を授与される。2000年、ドイツの永住権を取得。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。博士号(ドイツ文学)を取得。2005年、ゲーテ・メダルを受賞。著作はドイツ語でも20冊以上出版されており、フランス語訳、英訳、イタリア語、中国語などの翻訳も出ている。

多和田葉子新刊

  • 発売日
    2018年10月18日
  • 書名
    穴あきエフの初恋祭り
  • 発売日
    2018年5月15日
  • 書名
    変愛小説集 日本作家編 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年4月26日
  • 書名
    地球にちりばめられて

受賞歴

多和田葉子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

多和田葉子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kennenjiノーベル文学賞は、来年二人に与えられるという。有力候補として、多和田葉子さんの名前が登場した。
BIBLIOTHEQUEa【ギリシャ神話の女性たちが織りなす連作「変身のためのオピウム」と、高校生の男女の日常と冒険を描くドゥ・マゴ賞受賞作「球形時間」】多和田葉子『変身のためのオピウム/球形時間 (講談社文芸文庫) 』https://t.co/3eFRZFILYE
crossroadofwordうさをあけたりしめたりしているサバふくらはぎ の なめらかな したたかな魚的に白い ふくらみ にミスプリント(ジャバと書いてある多和田葉子「新婚旅行」より。全文はこちら->https://t.co/HLHgdrXKY1
tkira26>RT これは向こうの批評家が最後にチラッと名前を出しただけだけど、多和田葉子が取ることになれば、文学史が歴史になる時代が終わった感があっていいですね。村上春樹だったらまだ各作品が時代の雰囲気みたいなのとなんとなく結びついてるけど、多和田の各作品がいつのものとか覚えてないし。
gasenetta多和田葉子の『地球にちりばめられて』、読み始めたけどすごく面白い。
Iwateyoitoko多和田葉子さん!タイムリー!さっき本読んでた!
sakurahiro_infoドイツ文学を体系的に学んでみたいが、翻訳があまり多くないし(特に現代文学は)、絶版になっている古典も多い。若いころドイツ語を学んでおけばよかったと思うけど、根気がないからたぶん身につかなかっただろう。ドイツ語でも書いている多和田葉子さんは凄すぎる……。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
多和田葉子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)