トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤計劃

伊藤計劃

伊藤計劃さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊藤 計劃(いとう けいかく、本名伊藤 聡)は、日本のSF作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒業。
2007年に、『虐殺器官』で作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、その処女作はゼロ年代日本SFのベストに挙げられている。
千葉八千代松陰高等学校を経て、武蔵野美術大学美術学部映像学科卒業。1999年、『ネイキッド』にてアフタヌーン四季賞 冬のコンテスト(選考者 かわぐちかいじ)佳作を受賞(四季賞CHRONICLE解説書 72頁より)。2004年1月から「はてなダイアリー」にて映画・SF評論ブログを開始する。
Webディレクターの傍ら執筆した『虐殺器官』が、2006年第7回小松左京賞最終候補となり、ハヤカワSFシリーズ Jコレクションより刊行され、作家デビュー。同作は『SFが読みたい! 2008年版』1位、月刊プレイボーイミステリー大賞1位、日本SF作家クラブ主催の第28回日本SF大賞候補となる。
全く同じ経緯でデビューした円城塔と共に、期待の新人として脚光を浴びるも、2009年3月、肺癌のため死去。
2009年12月6日、遺作となった『ハーモニー』で第30回日本SF大賞を受賞した。「特別賞」枠を除き、故人が同賞を受賞するのは初めてである。2010年に同作の英訳版が出版され、アメリカでペーパーバック発刊されたSF小説を対象とした賞であるフィリップ・K・ディック賞の特別賞を受賞した。
約30枚の未完の原稿は絶筆として河出文庫の大森望責任編集『NOVA1』に収録。遺族から承諾を得て円城塔がこの原稿を引き継ぎ、2012年8月に『屍者の帝国』として刊行した。
長編の3部作品である『屍者の帝国』『ハーモニー』『虐殺器官』はアニメ映画化され、ノイタミナムービーとして順次劇場公開されている。また、『虐殺器官』については実写映画の公開も予定されている。

受賞歴

伊藤計劃関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊藤計劃関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

fragments_bot屍体を冷たく見下ろす衛星のレンズ群は、凍りつく真空の星空にあって、地上の臭気とは無縁の、とりすました残酷な神の超越性を真似ている。(伊藤計劃『虐殺器官』)
haugleAT-X で虚構推理一挙放映してる。初見だが結構面白い。てか、キャラが美形だな。最初、漠然と「虐殺器官」の関係作品と思ってた。たぶん、虚構推理→虚構機関→伊藤計劃→虐殺器官と記憶がシナプスったものと自己分析。
sebas_dzWatch the world burn. - 伊藤計劃:第弐位相 https://t.co/AcN8RNSNo9
Honwo_yomooya伊藤計劃『虐殺器官』読み始めましたーめちゃめちゃ振りがな多い笑笑
books_perch7/18(土)のオンライン読書会の参加枠はまだ少し余裕があります。よかったらリンク先の詳細をご覧の上ご検討ください。伊藤計劃『ハーモニー』オンライン読書会 https://t.co/5tQTJtswxE @PeatixJPより
teech_bot多分、きみは毎日その目玉焼きを食べさせられているんじゃないかな。 - 伊藤計劃『メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット』
gen10hi22なんか伊藤i計i劃の『ハーモニー』を思い出した…あれもたいそう不穏で好きだったなぁ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊藤計劃さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)