トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤計劃

伊藤計劃

伊藤計劃さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊藤 計劃(いとう けいかく、本名伊藤 聡、1974年10月14日 - 2009年3月20日)は、日本のSF作家。武蔵野美術大学美術学部映像科卒。
2007年に、『虐殺器官』で作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、その処女作はゼロ年代日本SFのベストに挙げられている。
千葉八千代松陰高等学校を経て、武蔵野美術大学美術学部映像学科卒業。
2004年1月から「はてなダイアリー」にて映画・SF評論ブログを開始する。
Webディレクターの傍ら執筆した『虐殺器官』が、2006年第7回小松左京賞最終候補となり、ハヤカワSFシリーズ Jコレクションより刊行され、作家デビュー。同作は『SFが読みたい! 2008年版』1位、月刊プレイボーイミステリー大賞1位、日本SF作家クラブ主催の第28回日本SF大賞候補となる。
生前は、ゲームデザイナー小島秀夫の熱狂的なファンであった。学生時代にプレイした『スナッチャー』から小島の作品にのめりこみ、「小島原理主義者」「MGSフリークス」を自称するほどであった。特にメタルギアソリッドの二次創作を中心に手がけており、後にゲームの公式ノベライズを担当した。
相当なシネフィルとしても知られ、黒沢清の映画から受けた強い影響を度々口にしている。自身のサイトではナイン・インチ・ネイルズの全作品をレビューしたり、『機動戦士ガンダム』の設定の甘さへの批判をしばしば行っていた。
全く同じ経緯でデビューした円城塔と共に、期待の新人として脚光を浴びるも、2009年3月、肺癌のため死去。
2009年12月6日、遺作となった『ハーモニー』で第30回日本SF大賞を受賞した。「特別賞」枠を除き、故人が同賞を受賞するのは初めてである。 2010年に同作の英訳版が出版され、アメリカでペーパーバック発刊されたSF小説を対象とした賞であるフィリップ・K・ディック賞の特別賞を受賞した。
約30枚の未完の原稿は絶筆として河出文庫の大森望責任編集『NOVA1』に収録。遺族から承諾を得て円城塔がこの原稿を引き継ぎ、2012年8月に『屍者の帝国』として刊行した。

受賞歴

伊藤計劃関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊藤計劃関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

MmusasabiB【ぶらり東京エンジニア生活日和 過去記事】 虐殺器官、観てきました。伊藤計劃プロジェクト最後の映画感想。 https://t.co/qir1mfj8dd
uchibane虐殺器官(伊藤計劃猫道楽(長野まゆみ重力ピエロ(伊坂幸太郎アルジャーノンに花束を(ダニエル・キイス李歐(高村薫孤島の鬼 (江戸川乱歩こころ(夏目漱石城の崎にて(志賀直哉十二国記シリーズ精霊の守り人シリーズ好きで読んでた/よく読み返してた本たち
sanagi_uka@ritoooo0 @saekisaen 伊藤計劃だね! 虐殺器官とハーモニーも面白いけど、小説読まないと理解できない部分多いかも
merry050521伊藤計劃さんのハーモニー…。エバァと同じぐらい鬱になるけど魅力的だった。原作探しに行って読んでみようって久しぶりになりました。人類補完計画か?
pug_cookie_0108屍者の帝国観てた(DVDで)けど、悲しいってか、まず、フライデーの遺言が悲しすぎて( ˘ω˘ ) あと、それ関連(伊藤計劃)だとこの前公開してた「虐殺器官」は、相方曰く原作読んでからの方がすごい分かりみあるらしい…自分も原作読まな… https://t.co/JH7EhF5DoD
atoreidesミエヴィル『ある医学百科事典の一項目』、ホフマンスタール『チャンドス卿の手紙』や幾つかの三島由紀夫作、伊藤計劃『虐殺器官』等と比べるとウイルス的な言葉への思弁は未だスケッチに留まってはいるのだけれど、恐るべきものが取り出せそうな素描であり。次なる展開、期待してしまうものが。
kikikyhr今日は伊藤計劃の文庫本を探していたのだけれど、本屋で『ハーモニー』が見つかった時、ハヤカワ文庫の棚の上と左が官能小説の棚だったために、本を手にして安堵した瞬間「処女」やら「熟女」やらの単語に囲まれていて、こちらへ尻を突き出す「女教師」の装画と目が合っちゃってなんか気まずかった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊藤計劃さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)