トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 川上未映子

川上未映子

川上未映子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

川上 未映子(かわかみ みえこ、1976年8月29日 - )は、日本の小説家、詩人、元歌手。
大阪府大阪市城東区に生まれる。大阪市立すみれ小学校、大阪市立菫中学校を経て大阪市立工芸高等学校でデザインを学ぶ。高校卒業後は弟を大学に入れるため、昼間は本屋でアルバイト、夜は北新地のクラブでホステスとして働いた。
1996年、日本大学通信教育部文理学部哲学専攻科入学。
2002年、ビクターエンタテインメントより川上三枝子名義で歌手デビュー、アルバム『うちにかえろう~Free Flowers~』を発表。「未映子」と改名し音楽活動を行う。2004年にアルバム『夢みる機械』を発表。当時、プロデューサーに財津和夫がいたが、歌手として認められることはなかった。
2005年に佐藤研二、坂本弘道、三木黄太からなるチェロユニット「COTUCOTU」を迎えて、「頭の中と世界の結婚」をビクターエンタテインメントより発表。
2006年11月、エッセイ『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』をヒヨコ舎より出版。自身のブログ「純粋悲性批判」(2003年8月29日夜明け前から2006年8月29日誕生日の夜まで)をまとめたもの。若島正が2006年のベストに挙げて高く評価。
2007年7月、処女作である『わたくし率 イン 歯ー、または世界』が講談社より刊行される。
2008年1月16日、『乳と卵』で第138回芥川龍之介賞受賞。『文藝春秋』2008年3月号のインタビューでは春から聴講生として日本大学に通うと語った。4月に発売された『文藝』2008年夏季号にて中原昌也と「リリカルな瞬間は誰とも分かち合えないけれど…」と題した対談。
法政大学教授で文芸評論家の田中和生は2010年11月の自身のブログにおいて、『わたくし率 イン 歯ー、または世界』が津原泰水の『黄昏抜歯』のアイデアを盗用しているという津原からの指摘に対して川上が十分に対応していないという理由で、以後の自らの文芸時評の対象から川上を外すと宣言している。
2011年11月26日、第1回日本大学プレミアムカレッジとして、大垣日大高コミュニティーホールにて「あのとき言葉はどう光ったか」と題した講演を行う。
2015年11月28日と29日、福島県郡山市で開催された文学講座「ただようまなびや 文学の学校」の講師を務めた。28日に川上が行った短歌のワークショップには村上春樹がゲスト参加した。

川上未映子新刊

  • 発売日
    2019年11月28日
  • 書名
    みみずくは黄昏に飛びたつ: 川上未映子 訊く/村上春樹 語る (新潮文庫)
  • 発売日
    2019年9月6日
  • 書名
    おめかしの引力 (朝日文庫)
  • 発売日
    2019年7月11日
  • 書名
    夏物語

受賞歴

川上未映子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川上未映子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sheis_jp“Girlfriends CLUB vol.1~『夏物語』を読んで川上未映子さんと話す、わたしたちの生・性・死のこと~”にお越しくださったMembersのみなさま、心に手が触れるような時間をありがとうございました。メールもお送りし… https://t.co/SV0IS2Qz65
Rwy73045247それからその子は病院に通い治療することを決意した。 最近は、治療の不安をよく話してくれる。私はただ「自分で選んだ道だもん。きっと、大丈夫だよ」と何度も伝えている。ふと、川上未映子さんの「ヘヴン」という小説を思い出した。
Rubby90330934@nzkaede 川上未映子はまだ読んだことがないかも。面白かったら教えてね〜。
nzkaede@Rubby90330934 んんん〜、今回の旅では、川上未映子と吉本ばななを買って帰ろうかな〜と思っています
kotobaboushiうまく言葉にできないとうことは、誰にも共有されないということでもあるのだから。つまりそのよさは今のところ、わたしだけのものということだ。川上未映子「アイスクリーム熱」より
Missy0786私が漠然と感じている疑問とか不安とか鬱屈した言葉にならない思いとかが全部書いてある。川上未映子が話す。わたしたちはなぜ子どもを生むのか、生まないのか @sheis_jp #sheisjp https://t.co/Cw6Fcw5Q4r
TakedaHisao「竹さん」を演じた川上未映子は思いの外良かった。作品をいくつか読んでこの人が太宰治から影響を受けているのは勿論知っていたが、この作品に出演した事でその思い入れの強さがひしひしと伝わってきた。芥川賞作家が演じた「竹さん」が付加価値を産み、作品の文学的意味合いが強化されたのは確かだ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
川上未映子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)