トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 川上未映子

川上未映子

川上未映子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

川上 未映子(かわかみ みえこ、1976年8月29日 - )は、日本の小説家。
大阪府大阪市城東区に生まれる。大阪市立すみれ小学校、大阪市立菫中学校を経て大阪市立工芸高等学校でデザインを学ぶ。高校卒業後は弟を大学に入れるため、昼間は本屋でアルバイト、夜は北新地のクラブでホステスとして働いた。
1996年、日本大学通信教育部文理学部哲学専攻科入学。
2002年、ビクターエンタテインメントより川上三枝子名義でデビュー、アルバム『うちにかえろう~Free Flowers~』を発表。「未映子」と改名し音楽活動を行う。2004年にアルバム『夢みる機械』を発表。当時、プロデューサーに財津和夫がいたが、歌手として認められることはなかった。
2005年に佐藤研二、坂本弘道、三木黄太からなるチェロユニット「COTUCOTU」を迎えて、「頭の中と世界の結婚」をビクターエンタテインメントより発表。
2006年11月、エッセイ『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』をヒヨコ舎より出版。自身のブログ「純粋悲性批判」(2003年8月29日夜明け前から2006年8月29日誕生日の夜まで)をまとめたもの。若島正が2006年のベストに挙げて高く評価。
2007年7月、処女作である『わたくし率 イン 歯ー、または世界』が講談社より刊行される。
2008年1月16日、『乳と卵』で第138回芥川龍之介賞受賞。『文藝春秋』2008年3月号のインタビューでは春から聴講生として日本大学に通うと語った。4月に発売された『文藝』2008年夏季号にて中原昌也と「リリカルな瞬間は誰とも分かち合えないけれど…」と題した対談。
法政大学教授で文芸評論家の田中和生は2010年11月の自身のブログにおいて、『わたくし率 イン 歯ー、または世界』が津原泰水の『黄昏抜歯』のアイデアを盗用しているという津原からの指摘に対して川上が十分に対応していないという理由で、以後の自らの文芸時評の対象から川上を外すと宣言している。
2011年11月26日、第1回日本大学プレミアムカレッジとして、大垣日大高コミュニティーホールにて「あのとき言葉はどう光ったか」と題した講演を行う。
2015年11月28日と29日、福島県郡山市で開催された文学講座「ただようまなびや 文学の学校」の講師を務めた。28日に川上が行った短歌のワークショップには村上春樹がゲスト参加した。

川上未映子新刊

  • 発売日
    2019年9月6日
  • 書名
    おめかしの引力 (朝日文庫)
  • 発売日
    2019年7月11日
  • 書名
    夏物語
  • 発売日
    2019年7月11日
  • 書名
    夏物語 (文春e-book)

受賞歴

川上未映子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.9.4 【今週はこれを読め! エンタメ編】繊細で骨太な『掃除婦のための手引き書』がかっこいい!

    酒に溺れる日々。家族からの虐待。家庭の経済状況の極端な浮き沈み。私にとってはこれまでの人生で縁のないものだ。なのになぜ、ルシア・ベルリンの描く痛みが自分と近しいもののように感じてしまうのだろうか。

  • 2017.10.5 【文芸月評】現代の女性文学問う

    フェミニズムに共感を寄せる作家、川上未映子さん(41)が責任編集した「早稲田文学増刊 女性号」が出版された。戦前生まれの詩人の石垣りんら物故者をはじめ、詩人の伊藤比呂美さんや歌人の雪舟えまさん、作家の津村記久子さんら現役の筆者、米国で活躍する中国出身のイーユン・リーさんら海外作家など女性82人が原稿を寄せるなどした。

  • 2017.5.20 キーワードは「どや、悪いようにはせんかったやろ?」 川上未映子が村上春樹に鋭く迫る濃密対談集

    本書『みみずくは黄昏に飛びたつ』(川上未映子、村上春樹/新潮社)をご紹介する前に申し上げておきたいのは、村上春樹さんの最新長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)を未読の方、特に読むのを楽しみにしている方はそちらを先にどうぞ、ということです。『みみずくは黄昏に飛びたつ』では『騎士団長殺し』の内容が作者本人から語られ、作家の川上未映子さんが様々な読み解き方を紹介しているので、そうした方がどちらもより楽しめることと思います

川上未映子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Mariah_Bastet横光利一の『純粋小説論』を軸にして川上未映子の『ヘヴン』を読むという流れは割と冴えていたように思う。
oIldrankなんか川上未映子に見えてきたもん 全然似てないんだけど、 https://t.co/8KYrO4lDEB
kotobamemo_bot信号機が赤く、青く、丁寧ににじみながら光っていて、少しずつ広がってゆこうとするその光の輪郭の成分を、くいいるように見つめながら、光がある、ここにも、あそこにも、と言葉にして、指を示して、見渡せば、冗談みたいにあきらかに、まったく、夜の中は光しかないのです。/川上未映子
yukkeight69川上未映子みたいな大人になりたくない???? なりて〜〜〜〜
kokoro116走りながらわたしは行く場所なんかどこにもないんだと思った。わたしはひとりで、どこにも誰もいなくて、帰る場所なんかどこにもないんだと思った。気がつけば、お母さんと胸のなかで叫んでいた。お母さんがいれば、お母さんがいれば、わたしにお母さんがいてくれたら。(川上未映子『あこがれ』)
okanmuri週刊文春だと林真理子はもういらないと思う。川上未映子に代わってほしい。 #action954
boobookwords生きていることにこつというものがあるとするなら、それはやっぱり全面的には深刻にならないことね。(『すべての真夜中の恋人たち』川上未映子p137)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
川上未映子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)