トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤計劃 > 虐殺器官

虐殺器官(伊藤計劃)

虐殺器官(著者:伊藤計劃)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
  • 著者:伊藤 計劃
  • ページ数:432
  • 出版社:早川書房
  • ISBN-10:4150309841
  • ISBN-13:9784150309848

虐殺器官関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊藤計劃のその他受賞歴(候補含む)

虐殺器官関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Shinobu__TT虐殺器官たしか伊藤計劃が40日くらいで書いたって聞いたことある
c_sea_jk伊藤計劃先生の3部作、オススメは虐殺器官→ハーモニー→屍者の帝国で、読みやすさは、ハーモニー→屍者の帝国→虐殺器官 だと思う 個人的に
_E7_EVA_G_伊藤計劃というゼロ年代で(個人的に)最も印象深いSF作家。もっとも、作品数が少ないのが残念だし、デビューから2年で急逝してしまったという現実、遺作含め長編3つ(うち1つ途中より代筆)と未発表短編複数しか世に出されていない、この悲し… https://t.co/2c9r7Z6fq8
non_poli_impo@hamu_pablo 東山彰良が好きで『僕が殺した人と僕を殺した人』もめっちゃ読んで欲しいんだけど早瀬耕『未必のマクベス』も負けず劣らず面白くてページを繰る手が止まりませぬ、、あと伊藤計劃『虐殺器官』とか・・・(早口オタク
suzumiya_irina伊藤計劃さんはこの作品以外にも、『虐殺器官』などの物語を書いた英雄です。
saigo1bun_bot外、どこか遠くで、ミニミがフルオートで発砲される音がする。うるさいな、と思いながら僕はソファでピザを食べる。けれど、ここ以外の場所は静かだろうな、と思うと、少し気持ちがやわらいだ。「虐殺器官」伊藤計劃
dog_of_books歴史とは、さまざまな言説がその伝播を競い合う闘技場であり、言説とはすなわち個人の主観だ。そのコロセウムにおいて勝者の書いた歴史が通りやすいのは事実であるが、そこには弱者や敗者の歴史だってじゅうぶんに入り込む余地がある。(『虐殺器官』伊藤計劃)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)