トップページ > 作家名一覧 > せから始まる作家名一覧 > 瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

瀬戸内 寂聴(せとうち じゃくちょう、1922年〈大正11年〉5月15日 - )は、日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名晴美。京都府在住。
僧位は権大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士(東京女子大学)。元天台寺住職、現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民。京都市名誉市民。代表作には『夏の終り』や『花に問え』『場所』など多数。1988年以降には『源氏物語』に関連する著作が多い。これまで新潮同人雑誌賞を皮切りに、女流文学賞、谷崎潤一郎賞、野間文芸賞などを受賞している。
徳島県徳島市塀裏町(現・幸町)の仏壇店(瀬戸内商店)を営む三谷豊吉・コハルの次女として生まれ、体が弱く、本を読むのが好きな子供だった。後に父が従祖母・瀬戸内いとと養子縁組したため、晴美も徳島高等女学校時代に三谷から瀬戸内に改姓。
東京女子大学在学中の1943年に21歳で見合い結婚し翌年に女の子を出産、その後夫の任地北京に同行。1946年に帰国し、夫の教え子と不倫し、夫と3歳の長女を棄て家を出て京都で生活。大翠書院などに勤めながら、初めて書いた小説「ピグマリオンの恋」を福田恆存に送る。
1950年に正式な離婚をし(長女とは後年出家後に和解したという)、東京へ行き本格的に小説家を目指し、三谷晴美のペンネームで少女小説を投稿し『少女世界』誌に掲載され、三谷佐知子のペンネームで『ひまわり』誌の懸賞小説に入選。少女世界社、ひまわり社、小学館、講談社で少女小説や童話を書く。また丹羽文雄を訪ねて同人誌『文学者』に参加、解散後は『Z』に参加。

受賞歴

瀬戸内寂聴関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

瀬戸内寂聴関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sarina_sana_瀬戸内寂聴さんが言ってた人は皆幸せになる権利があると
zenchan315今日もヒサラジありがとう
lady_kakugen理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう。 (瀬戸内寂聴)
onayamikaiketu7男女の間では、憎しみは愛の裏返しです。嫉妬もまた愛のバロメーターです。- 瀬戸内寂聴 -
imaodoikiru愛するってことは思いやること、相手が自分に何をして欲しいかと考えること。そうすれば人間関係はうまくいくんです。自分が好きなものは相手も好きかというと、そうじゃない。育ちも教養も全部違うんですから好みも違う。それがわかって多くを期待しなければうまくいくんです。瀬戸内寂聴
HARU40498696たくさん経験をしてたくさん苦しんだほうが、死ぬときに、ああよく生きたと思えるでしょう。逃げていたんじゃあ、貧相な人生しか送れませんわね。- 瀬戸内寂聴 -#フォロミー #相互フォロー募集 #名言
BARIOSU1癒し:人生はいいことも悪いことも連れ立ってやってきます。不幸が続けば不安になり、気が弱くなるのです。でも、そこで運命に負けず勇気を出して、不運や不幸に立ち向かってほしいのです。 by 瀬戸内寂聴
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
瀬戸内寂聴さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)