トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 坂上弘

坂上弘

坂上弘さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

坂上弘|歌手の坂上弘|坂上弘 (歌手)
birth_date = 生年月日と年齢|1936|02|13|no
| birth_place = 東京府東京市赤坂区
| death_date = 1936|02|13|2021|08|16
| death_place = 千葉県
| resting_place =
| occupation =
| language =
| nationality =
| ethnicity =
| citizenship =
| education =
| alma_mater = 慶應義塾大学文学部哲学科
| period = 1955年 - 2021年
| genre = 小説
| subject =
| movement = 内向の世代
| debut_works = 『息子と恋人』(1955年)
| notable_works = 『ある秋の出来事』(1959年)
『早春の記憶』(1971年)
『初めの愛』(1980年)
『優しい碇泊地』(1991年)
『田園風景』(1992年)
| spouse =
| partner =
| children =
| relations =
| production =
| influences =
| influenced =
| awards = 中央公論新人賞(1959年)
芸術選奨新人賞(1981年)
読売文学賞(1992年)
芸術選奨(1992年)
野間文芸賞(1992年)
川端康成文学賞(1997年)
旭日中綬章(2019年)
| signature =
| years_active =
| website =
| footnotes =
坂上 弘(さかがみ ひろし、1936年2月13日 - 2021年8月16日)は、日本の小説家。日本芸術院会員。位階は従四位。
東京府東京市赤坂区生まれ。父は三重県四日市市の出身で当時日本銀行に勤務。母は埼玉県入間郡出身。
1942年、赤坂区立青南国民学校へ入学。1943年父の転勤により熊本市立白川国民学校に編入学。1946年青南小学校に戻る。
1948年、父の転勤により、鹿児島市立清水中学校へ入学。父の転勤で再び上京。1950年港区立青山中学校に編入学。1951年東京都立日比谷高等学校へ入学。1954年慶應義塾大学文学部哲学科へ入学。1960年理研光学工業(現・リコー)に入社。
慶大在学中1955年春「三田文学」の編集担当であった山川方夫に小説を書くように勧められ、「息子と恋人」を「三田文学」に発表。同作はこの年上半期芥川賞候補作となった。当時19歳で、いわゆる10代候補の先駆けとされた。1959年に「ある秋の出来事」で中央公論新人賞を受賞(芥川賞候補作)。リコー勤務を続けながら作家活動を行い、サラリーマン作家といわれた。
1961年には自身が描き下ろした小説「ある休暇」を、自らが脚本を担当して東京放送(現:TBSテレビ)「東芝日曜劇場」にてドラマ化し(制作はRKB毎日放送が担当)放映された。
また1977年、後藤明生、高井有一、古井由吉と共に季刊同人誌「文体」を創刊。「内向の世代」の作家の一人である。
1995年10月リコーを退社、顧問に就任。同月、慶應通信株式会社(現、慶應義塾大学出版会)取締役社長に就任(2007年から会長)。2004年4月紫綬褒章受章。2006年6月日本文藝家協会理事長に就任(2010年6月まで)。2008年12月日本芸術院会員。慶應義塾評議員。2011年日本近代文学館理事長。2019年11月旭日中綬章受章。
2021年8月16日、がんにより千葉県内の病院で死去した。1936|2|13|2021|8|16。叙従四位。

受賞歴

坂上弘関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.3.5 やまなし文学賞、小説部門に石黒佐近さん

    第23回やまなし文学賞(同実行委主催、県・県教委・山梨日日新聞社・山梨放送後援)が5日発表され、小説部門は、甲府市の石黒佐近さん(55)の「山峡」に決まった。

  • 2012.3.2 やまなし文学賞小説は朝田武史さん

    第20回やまなし文学賞(同実行委主催、県・県教委・山梨日日新聞社・山梨放送後援)が1日発表され、小説部門は朝田武史さん(55)=奈良市=の「祝人ほいと伝」に決まった。研究・評論部門は、関西大教授の藤田真一さん(62)=兵庫県宝塚市=の「蕪村余響 そののちいまだ年くれず」(岩波書店)と、富山大教授の金子幸代さん=川崎市=の「鴎外と近代劇」(大東出版社)が選ばれた。

坂上弘関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hiroshi_nagox2「内向の世代」を代表する作家の一人{坂上弘}→さかがみひろし
2009Kamisaku「坂上弘集」(中島隆之) 河出書房 を @amazonから出品しました #かみふくおか作業所 http//:https://t.co/mNYHESPPcS
F_Shizuo自分で小説を書くという気にある時なりましたね。ある時なったというのは、いつ頃からかと言いますと、それはやっぱり『空気頭』からですね。あれは小説を書くという気になってた。それまでのは、まあ直接の衝動みたいなものばかりです。(坂上弘との対談)
emiton56@ngz55 坂上弘氏の死去に際しての黒井千次氏の話「若い頃に文芸誌の座談会で同世代の作家が集まり、つき合いが始まりました。志賀直哉の話をよくしていた。静かな文章で静かな小説を書く、紳士でした」(読売新聞2021/08/17)坂上… https://t.co/4gnGD5HXtT
QPYU8AqDH0YygLF「おめぇ、おれにはおれの生きるスタイルがあるんだよ」。「季刊文科90号」に15枚。文藝評論家の秋山駿さんのことを少しだけ書かせてもらった。三浦哲郎さん高井有一さん岡松和夫さん坂上弘さんとお世話になった人たちがみんな逝ってしまった。… https://t.co/Q0fXadVzq3" target="_blank">https://t.co/Q0fXadVzq3>
takaha___hi #tabjun1422 老人が歌う車の歌といえば、坂上弘さんの♪車にひかれてガッシャーン!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    坂上弘さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)