トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 室生犀星

室生犀星

室生犀星さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

室生 犀星(むろう さいせい、本名室生 照道〈てるみち〉、1889年〈明治22年〉8月1日 - 1962年〈昭和37年〉3月26日)は、日本の詩人・小説家。別号に「魚眠洞」、「魚生」、「殘花」、「照文」。石川県金沢市生まれ。別筆名に「秋本健之」。
姓の平仮名表記は、「むろう」が一般的であるが、犀星自身が「むろう」「むろお」の双方の署名を用いていたため、現在も表記が統一されていない。室生犀星記念館は「「むろお」を正式とするが、「むろお」への変更を強制するものではない」としている。
1889年(明治22年)、金沢市裏千日町に生まれる。加賀藩の足軽頭だった小畠家の小畠弥左衛門吉種とその女中であるハルという名の女性の間に私生児として生まれた。生後まもなく、生家近くの雨宝院(真言宗寺院)住職だった室生真乗の内縁の妻赤井ハツに引き取られ、ハツの私生児として照道の名で戸籍に登録された。住職の室生家に養子として入ったのは7歳のときであり、この際室生照道を名乗ることになった。私生児として生まれ、実の両親の顔を見ることもなく、生まれてすぐに養子に出されたことは犀星の生い立ちと文学に深い影響を与えた。「お前はオカンボ(妾を意味する金沢の方言)の子だ」と揶揄された犀星は、生みの母親についてのダブルバインド(二重束縛)を背負っていた。『犀星発句集』(1943年)に収められた
「夏の日の匹婦の腹に生まれけり」
との句は、犀星自身50歳を過ぎても、このダブルバインドを引きずっていたことを提示している。
1895年(明治28年)9月金沢市立野町尋常小学校入学。
1896年(明治29年)2月室生真乗の養嗣子となる。
1898年(明治31年)3月実父小畠吉種死去。このあと実母ハルは行方不明となる。
1899年(明治32年)3月野町尋常小学校を卒業。
1900年(明治33年)4月金沢高等小学校に入学。1902年(明治35年)長町高等小学校を3年で中退し、義母の命令により、義兄真道の勤務する金沢地方裁判所に給仕として就職。
1903年(明治36年)頃より裁判所の上司に河越風骨、赤倉錦風といった俳人があり手ほどきを受け、文学書に親しみ始める。俳句会への出席および新聞への投句を始め、1904年(明治37年)10月8日付け『北國新聞』に初掲載。第四高等学校教授藤井乙男(紫影)が俳句欄の選者であった。この時の号は照文(てりふみ) 。その後詩、短歌などにも手を染める。
1905年(明治38年)勤務先で回覧雑誌をつくる。
1906年(明治39年)『文章世界』3月創刊号に小品の文章が初入選する。使用した号は、室生殘花。また、北國新聞その他に俳句が掲載され始める。なお、犀星を名乗ったのはこの年からである。犀星という筆名は、当時金沢で活動をしていた漢詩人の国府犀東に対抗したもので、犀川の西に生まれ育ったことからと言う。犀星が育った雨宝院は犀川左岸にあり、犀星はこの川の風情と、上流に見える山々の景色とをことの外愛した。
1907年(明治40年)『新聲』7月号に児玉花外の選により詩「さくら石斑魚に添へて」が掲載される。この頃から詩作も始める。
1908年(明治41年)5月同郷の友人である表棹影、尾山篤二郎、田辺孝次らと「北辰詩社」結成。初の小説「宗左衛門」が『新聲』8月号に掲載される。第八高等学校に転出した藤井乙男の後任大谷繞石と識る。
1909年(明治42年)1月金石登記所に転任。2月尼寺に下宿する。北原白秋から強い影響を受け、「かもめ」「海浜独唱」を作詩。4月表棹影病没。この頃徴兵検査を受けるが、丙種合格。9月裁判所退職。10月福井県三国町の『みくに新聞』に就職するが、社長と衝突。12月に退社し、金沢に戻る。
1910年(明治43年)1月京都旅行。藤井紫影の紹介で上田敏を訪問する。福井を経て金沢に戻り、2月金沢の『石川新聞』に入社するが、2ケ月ほどで退社。5月裁判所時代の上司であった赤倉錦風を頼り上京し、下谷根岸の赤倉家に止宿する。さらに、北原白秋、児玉花外を訪問。赤倉の薦めで、東京地方裁判所の地下室での裁判関係の筆耕に通う。7月本郷根津片町で下宿開始。このあと谷中三崎町、千駄木林町などを移り住む。
1911年(明治44年)7月生活上の困苦と夏の暑さのため帰郷。10月再び上京し、駒込千駄木町に下宿。その後は、幾度も帰郷・上京をくりかえす。
1912年(明治45年)1月北原白秋を訪問する。7月帰郷。北原白秋や『スバル』の発行編集人江南文三あて詩を送付。「青き魚を釣る人」ほかが『スバル』10月号に掲載される。1912年(大正元年)12月、尾山篤二郎が金沢で創刊した雑誌『樹蔭』に参加する。
1913年(大正2年)2月、半年ぶりに上京し、根津権現裏に下宿。藤澤淸造、安野助太郎、廣川松五郎らと交流し、佐藤春夫、山村暮鳥を知る。一方で、北原白秋に認められ白秋主宰の詩集『朱欒(ざんぼあ)』に寄稿し、1月の創刊号から第5号廃刊まで毎号掲載される。ほかに『詩歌』、『創作』、『秀才文壇』、『女子文壇』にも詩を発表する。なお、同年春に『朱欒』掲載の抒情詩に感激した未知の萩原朔太郎から手紙を受け取り、終生の親交をもつ。夏から秋にかけて郷里に滞在。11月上京。12月『女子文壇』の編集を引き受けるも1ケ月でやめる。
1914年(大正3年)2月前橋に萩原朔太郎を訪ね、利根河畔の旅館一明館に3月8日まで滞在する。このとき聖書を読む。前橋より上京。4月尾山篤二郎と「北辰詩社」を復活させ、詩と短歌を有料で添削指導する。この頃、恩地孝四郎と識る。また高村光太郎を訪問する。5月頃、尾山と共著詩歌集『靑き甕』を企画する。6月萩原と山村暮鳥とともに「人魚詩社」を結成する。8月帰郷。9月創造社刊行の『創造』に掲載した「急行列車」が原因となり該当誌が発売禁止となる。同月雑誌『地上巡禮』が創刊され、発行元の巡禮詩社の社友となる。同月雑誌『異端』が創刊され、同人となる。11月自宅である金沢市千日町に「詩の會」を設立し、有料で詩の添削を始める。この頃、『詩歌』、『創作』、『風景』、『アララギ』、『異端』、『地上巡禮』などに詩を発表する。
1915年(大正4年)1月金沢で『遍路』が創刊され、詩の選者となる。3月山村、萩原と『卓上噴水』を創刊して、編集を担当するが、第3号で廃刊となる。4月多田不二と識る。5月8日萩原を金沢に迎え、17日まで滞在。多田、小畠貞一らと歓待する。5月上京し、本郷千駄木町に下宿する。萩原の紹介で、竹村俊郎を知る。また、北原らと交遊する。この頃、『詩歌』、『地上巡禮』、『遍路』、『處女國』、『ARS』、『秀才文壇』、『創造』、『卓上噴水』などに詩および感想文を発表する。10月、前橋に、萩原を訪問する。
1916年(大正5年)には、トルストイ、ドストエフスキーの作品を読む。4月山村の編集により雑誌『LE PRISME』創刊。室生が発行名義人となる。6月萩原とともに

受賞歴

室生犀星関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

室生犀星関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Meruto15c室生犀星の蛾みたいなシチュになった気がする
puchi_bundanbar室生犀星の幻の肖像画 前橋に? 金沢市の記念館が情報求める|文化・イベント|上毛新聞ニュース https://t.co/6QoTuRBd6E
Love_Cremia私も室生犀星と中島敦の小説を旧字体かつきれいな印刷で読みたくて自作したことがあるから気持ちはよくわかる実はMacだと標準搭載のヒラギノフォントでいけるんだけどね…
RAKKO_GUNMA室生犀星 “幻の肖像画”が前橋に? 親交の歌人所有も所在不明 金沢市の記念館が情報求める(上毛新聞) - Yahoo!ニュース https://t.co/zvHx31rIiX
yuzu_shiraishi生涯で2点しか無い室生犀星の肖像画のうち、1点が長いこと行方不明です。肖像画が描かれた理由や、歌人・小見可憐に渡った理由も不明。写真の肖像画に心当たりがある方はいませんか?室生犀星の幻の肖像画 前橋に? 金沢市の記念館… https://t.co/NOlhG1lxvg
museumnews_jp室生犀星の幻の肖像画 前橋に? 金沢市の記念館が情報求める https://t.co/j2lrZCF7k5 …肖像画がほとんどない詩人で作家の室生犀星(1889~1962年)を描いた幻の1枚が前橋市内に現存する可能性があるとして、… https://t.co/1s1g5zZGoO
RyutoArai「旧富士見村の歌人、小見可憐(1889~1930年)」なる方、存じ上げなかった。前橋、まだまだ奥が深いな。室生犀星の幻の肖像画 前橋に? 金沢市の記念館が情報求める|文化・イベント|上毛新聞ニュース https://t.co/Vr7k1mURup
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
室生犀星さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)