トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐伯一麦

佐伯一麦

佐伯一麦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐伯 一麦(さえき かずみ、1959年7月21日 - )は日本の小説家。本名は佐伯 亨。私小説の書き手として知られる。現在は郷里の仙台市在住。
筆名の「一麦」は、敬愛する画家ゴッホが麦畑を好んで描いたことにちなむ。
1959年、宮城県仙台市に生まれる。宮城県仙台第一高等学校卒業後に上京し、週刊誌記者や電気工など様々な職業を経験する。1984年、『木を接ぐ』により作家デビューしてからしばらくの間は電気工と作家活動とを両立させる(その間、1980年代末からしばらくは茨城県古河市の配電盤工場に勤務したこともある)。1990年、電気工時代の経験をもとにした作品集『ショート・サーキット』をまとめる。1991年、『ア・ルース・ボーイ』で若くして父親になってしまう青年を描く。
その後、離婚して仙台に帰郷、草木染め作家の神田美穂と再婚する。1995年からの連載『遠き山に日は落ちて』で東北の町での妻との生活を描く。そのころから何度かノルウェーを訪れ、1997年には、妻の留学に付き添いノルウェーに1年間滞在する。2007年、この経験を元に『ノルゲ Norge』を書く。
電気工をしていた20代にアスベストの被害で肋膜炎にかかり、以後、喘息の持病を抱えながら執筆を行なっている。2007年にはアスベストの被害を追ったルポルタージュ『石の肺』を刊行した。
2010年からは大佛次郎賞(第37回から)と野間文芸賞(第63回から)の選考委員を務めている。
2011年の東日本大震災は、作並温泉で被災。大年寺近くの高台にある集合住宅の自宅は、停電、断水し、部屋がめちゃめちゃになり、2日がかりで片付けた。そのとき見た変わり果てた海の風景に衝撃を受けたという。

受賞歴

佐伯一麦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐伯一麦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy佐伯一麦『芥川賞を取らなかった名作たち 』本書は芥川賞にまつわるスキャンダラスな出来事よりも、受賞できなかった名作にスポットをあて、鑑賞することに重点を置いています。本書のあおり文から連想するよりも、至極真っ当な文学批評ですね。 https://t.co/GLrVTaYjD3
amelobquizリリー・フランキーの『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』、立川談春の『赤めだか』、佐伯一麦(さえき かずみ)の『光の闇』、これらの単行本化された作品が掲載されていた、扶桑社から刊行されている文芸季刊誌を何というでしょう?
asahi_book松浦寿輝さん最新小説『名誉と恍惚』。作家の佐伯一麦さんは750ページを超える長編を2日半で読み通したそうです。「展開への興味を先へ先へと掻き立て、そこに小説ならではの、瞬間を微分化した表現の妙も相俟って長篇小説を読む悦楽に浸った」https://t.co/PlUKhPyEwz
twitelow「群像」2017年4月号。佐伯一麦「山海記」第九回/三浦雅士「言語の政治学」第九回/ほか
xyzabcdab古井由吉・佐伯一麦著「往復書簡:言葉の兆し」読む。東日本大震災直後から朝日新聞紙上で交わされた言葉をめぐる24通の往復書簡。仙台近郊で罹災して以後、被災地から言葉の恢復を探る佐伯一麦と、震災後と戦後の風景を重ねつつも、そこに違いを見出し、言葉の危機と可能性を問う古井由吉。
musabeturosario佐伯一麦「それにしても、作品の評価とは別で、選評というのは誉めようと思えば誉められるし、貶そうと思えば貶せるとも言えそうですね。」 島田雅彦「実際に選考委員をやると、そうですよね。どっちでもいけるんです。誉めても貶してもいい。体調次第(笑)」――『芥川賞を取らなかった名作たち』
naoya_fujita仙台在住の作家・佐伯一麦さんの作品をちびちび読んでいる。東日本大震災を経験しており、それを描く筆致が、動揺しつつもリアリズムや私小説の構造を破壊はしない。その張り詰めた緊張に驚き、同時に、「リアリズム」や「私小説」を今さら発見している自分に戸惑いながら読んでいる。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐伯一麦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)