トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐伯一麦

佐伯一麦

佐伯一麦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐伯 一麦(さえき かずみ、1959年7月21日 - )は日本の小説家。本名は佐伯 亨。私小説の書き手として知られる。現在は郷里の仙台市在住。
筆名の「一麦」は、敬愛する画家ゴッホが麦畑を好んで描いたことにちなむ。
1959年、宮城県仙台市に生まれる。宮城県仙台第一高等学校卒業後に上京し、週刊誌記者や電気工など様々な職業を経験する。1984年、『木を接ぐ』により作家デビューしてからしばらくの間は電気工と作家活動とを両立させる(その間、1980年代末からしばらくは茨城県古河市の配電盤工場に勤務したこともある)。1990年、電気工時代の経験をもとにした作品集『ショート・サーキット』をまとめる。1991年、『ア・ルース・ボーイ』で若くして父親になってしまう青年を描く。
その後、離婚して仙台に帰郷、草木染め作家の神田美穂と再婚する。1995年からの連載『遠き山に日は落ちて』で東北の町での妻との生活を描く。そのころから何度かノルウェーを訪れ、1997年には、妻の留学に付き添いノルウェーに1年間滞在する。2007年、この経験を元に『ノルゲ Norge』を書く。
電気工をしていた20代にアスベストの被害で肋膜炎にかかり、以後、喘息の持病を抱えながら執筆を行なっている。2007年にはアスベストの被害を追ったルポルタージュ『石の肺』を刊行した。
2010年からは大佛次郎賞(第37回から)と野間文芸賞(第63回から)の選考委員を務めている。
2011年の東日本大震災は、作並温泉で被災。大年寺近くの高台にある集合住宅の自宅は、停電、断水し、部屋がめちゃめちゃになり、2日がかりで片付けた。そのとき見た変わり果てた海の風景に衝撃を受けたという。

受賞歴

佐伯一麦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐伯一麦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jawp_shiritori佐伯一麦 さえき かすみ https://t.co/ZQV8tSXP58 佐伯 一麦(さえき かずみ、1959年7月21日 - )は日本の小説家。本名は佐伯 亨。私小説の書き手として知られる。現在は郷里の仙台市在住。筆名の「一麦」は、敬愛する画家ゴッホが麦畑を好んで描いたこと…
sendaibungaku7月講座は、佐伯一麦先生に講師をお願いしました。比喩の選び方についてなど、繊細かつ具体的なアドバイスが参考になりました。https://t.co/j4rxCnpx9S https://t.co/VhJKWuOAAU
musabeturosario佐伯一麦「それにしても、作品の評価とは別で、選評というのは誉めようと思えば誉められるし、貶そうと思えば貶せるとも言えそうですね。」 島田雅彦「実際に選考委員をやると、そうですよね。どっちでもいけるんです。誉めても貶してもいい。体調次第(笑)」――『芥川賞を取らなかった名作たち』
ijnekkenjiそして、広瀬川を渡って感動。佐伯一麦に思いを馳せる。
ogawa_kimiyo「自分というものには、親や先祖を含む歴史や他者がインプットされていることを自(おの)ずと知らせてくれる。」佐伯一麦氏の味わい深い書評。 https://t.co/zubYxB09Yh
libro_jp芥川賞受賞作!評・佐伯一麦(作家)『おらおらでひとりいぐも』 若竹千佐子〈著〉:朝日新聞デジタル https://t.co/JYSsmBe0AO
75bs書評 : おらおらでひとりいぐも [著]若竹千佐子 - 佐伯一麦(作家) | https://t.co/2tTNurdwSz:朝日新聞社の書評サイト https://t.co/Plc0wXGYwd
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐伯一麦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)