トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐伯一麦

佐伯一麦

佐伯一麦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐伯 一麦(さえき かずみ、1959年7月21日 - )は日本の小説家。本名は佐伯 亨。私小説の書き手として知られる。現在は郷里の仙台市在住。
筆名の「一麦」は、敬愛する画家ゴッホが麦畑を好んで描いたことにちなむ。
1959年、宮城県仙台市に生まれる。宮城県仙台第一高等学校卒業後に上京し、週刊誌記者や電気工など様々な職業を経験する。1984年、『木を接ぐ』により作家デビューしてからしばらくの間は電気工と作家活動とを両立させる(その間、1980年代末からしばらくは茨城県古河市の配電盤工場に勤務したこともある)。1990年、電気工時代の経験をもとにした作品集『ショート・サーキット』をまとめる。1991年、『ア・ルース・ボーイ』で若くして父親になってしまう青年を描く。
その後、離婚して仙台に帰郷、草木染め作家の神田美穂と再婚する。1995年からの連載『遠き山に日は落ちて』で東北の町での妻との生活を描く。そのころから何度かノルウェーを訪れ、1997年には、妻の留学に付き添いノルウェーに1年間滞在する。2007年、この経験を元に『ノルゲ Norge』を書く。
電気工をしていた20代にアスベストの被害で肋膜炎にかかり、以後、喘息の持病を抱えながら執筆を行なっている。2007年にはアスベストの被害を追ったルポルタージュ『石の肺』を刊行した。
2010年からは大佛次郎賞(第37回から)と野間文芸賞(第63回から)の選考委員を務めている。
2011年の東日本大震災は、作並温泉で被災。大年寺近くの高台にある集合住宅の自宅は、停電、断水し、部屋がめちゃめちゃになり、2日がかりで片付けた。そのとき見た変わり果てた海の風景に衝撃を受けたという。

佐伯一麦新刊

  • 発売日
    2017年6月28日
  • 書名
    渡良瀬 (新潮文庫)

受賞歴

佐伯一麦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐伯一麦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shigakusatsuten朝日新聞11/19書評『あるノルウェーの大工の日記』オート・トシュテンセン著エクスナレッジ評者佐伯一麦さん著者はノルウェーの大工。屋根裏のリフォームを依頼され、完成、引き渡すまでを綴る。埃と騒音の現場に立ち、生活している臨場感が。 https://t.co/hxrZmCumQz
xk_honyaku佐伯一麦さんといえばノルウェーを舞台にした『ノルゲ』!ありがとうございます。 https://t.co/2cfSbzGiHq
Namimagazine高井有一著『時のながめ』の評者は佐伯一麦さん!/おのがじしの文学(波2015年11月号)https://t.co/SDWMZt5hrf
bsnsbkbt佐伯一麦の本のおすすめ人気ランキング https://t.co/4sARCG2gZT #book
TW_mgs私小説に疎いので。解説に名前の載っている作家を順番に読んでいこう。車谷長吉は何冊か読んで、田中英光はまだ読んでなくて、佐伯一麦をこれから読んでいくつもり。
asahi_book「手を使う労働に携わっている人たちが、それぞれの作業を通して感得した機微に触れたものを記したら・・・・・その願いが本書によって存分に叶えられた」『あるノルウェーの大工の日記』を評したのは、かつて電気工のお仕事もされていた佐伯一麦… https://t.co/pHhC9x0DEp
twitelow「群像」2017年11月号。松浦寿輝「人外」/東浩紀X加藤典洋「私と公、文学と政治について」/佐伯一麦「山海記」(14)/ほか
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐伯一麦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)