トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 清水博子

清水博子

清水博子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

清水 博子(しみず ひろこ、1968年6月2日 - 2013年10月10日)は、日本の小説家。
北海道旭川市出身。
北海道旭川東高等学校、早稲田大学第一文学部文芸専修卒。在学中は江中直紀、久間十義の薫陶を受ける。
1991年、「早稲田文学」に卒業制作「マジョリカ譚」が掲載。
1994年、「本の写生」で第18回すばる文学賞最終候補。
1997年、「街の座標」で第21回すばる文学賞。
1998年、『街の座標』で第20回野間文芸新人賞候補。
1999年、『ドゥードゥル』で第21回野間文芸新人賞候補。
2001年、「処方箋」で第125回芥川賞候補。『処方箋』で第23回野間文芸新人賞受賞。
2005年、「ないちがいち」で第31回川端康成文学賞候補。
2006年、「vanity」で第134回芥川賞候補。
2013年10月10日死去。45歳没。

受賞歴

清水博子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.2.9 【記者ノート】誠実な「清水博子作品論」

    『vanity』などの小説で2度、芥川賞候補になった清水博子さん=写真=が昨年10月に45歳で亡くなり、3か月余りが過ぎた。

  • 2013.10.23 <訃報>清水博子さん45歳=作家

    清水博子さん45歳(しみず・ひろこ=作家)10日、死去。葬儀は近親者で営んだ。

  • 2002.2.1 インタビュー 作家「清水博子」

    「ふつうは本を読むとき、一時間なら一時間、読書に没頭すると思うんですけど、わたしの小説って、読んでいるうちに雑音が飛び込んできて神経を逆なでされて、読み終えてもいったい自分は何を読んでいたんだろうと呆然とする人が多いらしい。きっと言葉がその人のなかにある雑念を喚起するので、ある人にとっては、それが不潔な、と映ることもあるでしょう。蓮實重彦さんが松浦理英子さんの小説を『上品』と評していらっしゃいますが、そういう意味でわたしの小説は『下品』なのかもしれませんね」

清水博子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

fkgwfkgw最近になって清水博子を初めて読んで、もっと読みたいなと思って検索したらもう亡くなってることを知って「えっ?はあ?」つって大きめの声が出ちゃったんだよな
neko_tubuyakiメモ。『怪奇な話』(吉田健一著/中公文庫)、『ユリイカ2006年10月号 特集*吉田健一「常識」のダンディズム』(四方田犬彦、池内紀、清水博子、小山太一、高遠弘美、南條竹則、富士川義之、丹生谷貴志、城殿智行、千野帽子、古谷利裕、大木志門、西村義孝/青土社)。
anntm_ものごころついてからいちばん繰り返し読んだ本は清水博子のぐずべりです なんでかはわからない
hahaha8201清水博子と金井美恵子が決定的に違うのはものに対する固執が清水博子には希薄であるという点だろう。金井美恵子はモノを偏執狂的に拘る作家だが、清水博子の『処方箋』のばあい、ものは薬の品名のほかにムーミンぐらいしか出てこないのだ。女たちの服装も、ほぼ寝巻きで、金井美恵子とその点で全く違う
chopstick_o清水博子‥。渋いところが出てますね。=^・^= https://t.co/KVUr172jb7
KbOkian清水博子が死んでることを今知った。『街の座標』は好きだった
kinoshitano4848清水博子さんは、どうして亡くなってしまったのだろう。あの方の文章が、とても好きだった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
清水博子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)