トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 清水博子

清水博子

清水博子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

清水 博子(しみず ひろこ、1968年6月2日 - 2013年10月10日)は、日本の小説家。
北海道旭川市出身。
北海道旭川東高等学校、早稲田大学第一文学部文芸専修卒。在学中は江中直紀、久間十義の薫陶を受ける。
1991年、「早稲田文学」に卒業制作「マジョリカ譚」が掲載。
1994年、「本の写生」で第18回すばる文学賞最終候補。
1997年、「街の座標」で第21回すばる文学賞。
1998年、『街の座標』で第20回野間文芸新人賞候補。
1999年、『ドゥードゥル』で第21回野間文芸新人賞候補。
2001年、「処方箋」で第125回芥川賞候補。『処方箋』で第23回野間文芸新人賞受賞。
2005年、「ないちがいち」で第31回川端康成文学賞候補。
2006年、「vanity」で第134回芥川賞候補。
2013年10月10日死去。45歳没。

受賞歴

清水博子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.2.9 【記者ノート】誠実な「清水博子作品論」

    『vanity』などの小説で2度、芥川賞候補になった清水博子さん=写真=が昨年10月に45歳で亡くなり、3か月余りが過ぎた。

  • 2013.10.23 <訃報>清水博子さん45歳=作家

    清水博子さん45歳(しみず・ひろこ=作家)10日、死去。葬儀は近親者で営んだ。

  • 2002.2.1 インタビュー 作家「清水博子」

    「ふつうは本を読むとき、一時間なら一時間、読書に没頭すると思うんですけど、わたしの小説って、読んでいるうちに雑音が飛び込んできて神経を逆なでされて、読み終えてもいったい自分は何を読んでいたんだろうと呆然とする人が多いらしい。きっと言葉がその人のなかにある雑念を喚起するので、ある人にとっては、それが不潔な、と映ることもあるでしょう。蓮實重彦さんが松浦理英子さんの小説を『上品』と評していらっしゃいますが、そういう意味でわたしの小説は『下品』なのかもしれませんね」

清水博子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

amail_inrain【本棚登録】『処方箋 (集英社文庫)』清水 博子 https://t.co/sltINibNxE
Raise_4096ちゃんとまた告知出しますが11/25文学フリマには私が破裂しなければ時評的な一冊(2018年の文学賞レビューです)と作家論的な一冊(清水博子です)にそれぞれ小説が付いてくる本が出ます。君も文学フリマでRaiseさんと握手!インターネットの恨みで刺すのは勘弁してください
shun_7076清水博子の話、ぶどうさんの話で一番面白かった
ps_yurari清水博子て街の座標か
orishiba清水博子『ドゥードゥル』(1999、集英社)が出てきたので読み始める。清水ので持ってないのは『ぐずべり』だけだな。清水博子はいつもさみしい、おおうまいなあと感じる度に。金鶴泳のさみしさに近い。得物の来歴がわかるからだろうか。死んだ… https://t.co/p0jXjpMGYm
R_composition清水博子の小説をまとめて読み返しているが意外と重要なのが『ドゥードゥル』で、この先を越えた『亜寒帯』では文体が決定的に変質しているのでその臨界点として当然重要なんだけど、しかし全然初読時はわからなかった。ミワコから鉢植えを貰った後の話は、いまだにぜんぜんよくわからない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
清水博子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)