トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 星野智幸

星野智幸

星野智幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

星野 智幸(ほしの ともゆき、1965年7月13日 - )は、日本の小説家。
ロサンゼルスで生まれる。横浜市立荏田小学校、世田谷区立八幡中学校、東京都立戸山高等学校を経て、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。産経新聞社記者となる。1991年に産経新聞を退職、1991年から1992年、1994年から1995年の間メキシコシティーに私費留学。1996年から2000年頃まで太田直子に師事し字幕翻訳を手がける。
1997年「最後の吐息」で第34回文藝賞受賞。2000年、「目覚めよと人魚は歌う」で第13回三島由紀夫賞受賞。2002年「砂の惑星」で第127回芥川賞候補。2003年『ファンタジスタ』で第25回野間文芸新人賞を受賞。同年より2007年3月まで早稲田大学文学学術院客員助教授。
2007年「植物診断室」で第136回芥川賞候補。落選後の1月16日、公式サイトにて「『新人』という範疇からは身を引き、自分に『中堅』としての立場を課したい」と記し、芥川賞の対象から外れることを自ら宣言する。同年すばる文学賞選考委員に着任。2011年、新潮新人賞選考委員。同年、『俺俺』で大江健三郎賞受賞、野間文芸新人賞選考委員。

星野智幸新刊

  • 発売日
    2018年9月5日
  • 書名
    呪文 (河出文庫)
  • 発売日
    2018年6月29日
  • 書名
    ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話
  • 発売日
    2018年6月29日
  • 書名
    ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話

受賞歴

星野智幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

星野智幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

toisikun星野智幸「夜は終わらない」を読み終える。グイングインとスイングしながらたっぷりと落ちて行く感じが心地よい小説でした。
ynytk100冊超の単行本を編集した中で、元原稿を読んだ瞬間に「装幀画像はこのアーティストのこの作品で」と確信したのはこの2作だけかもしれない。星野智幸さんの装幀は上田義彦さん。ブコウスキーのは藤原新也さん。いずれも作品の装幀使用はハード… https://t.co/J9pXGIYnnU
MIZUYO_O星野智幸著「焔」谷崎賞おめでとう!やったー! - 瑞世のあーだこーだ。 - Yahoo!ブログ https://t.co/tHmVaHr6f0 #ブログ #小説 #日記
R_O_T_F【新文化】 - 第54回「谷崎賞」受賞者・星野智幸氏、「新潮45」問題に言及 https://t.co/DjnuqMxpzJ 「差別やヘイト的な言葉が現実を動かしつつあるのを、文学はないがしろにしてきたのではないか?」星野さんよく言った! リスペクト!
spica77_01憎しみに洗脳されたくないと感じている人は誰であれ、分断されずに協調しあっていくことが肝心なのです。」(作家星野智幸さんのブログより)分断されず協調し合って、これからも差別のない社会の実現を目指していきましょう。←それ尾辻さんとか活動家の方々にぜひ言った方がいいと思いますが。。
sz6『文学+』@bungakuplusの原稿依頼。内藤千珠子さんへの依頼は、単純に最近の小説をどう読んでるのかを知りたかったから。研究界隈ではジェンダー分析をはじめ緻密なカルスタを実践している研究者と思われがちだけど、彼女は初期の星野智幸論をはじめ作品に忠実に向き合う書き手。
suryagudang□「憎悪が雑誌を乗っ取った」星野智幸氏が新潮45を批判(2018/10/10)https://t.co/1XKyTEcl8m「出版業界が差別の感覚に疎くなっている」「差別的な言葉が社会を動かしつつある現実を文学はないがしろにしてきたのではないか」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
星野智幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)