トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 星野智幸

星野智幸

星野智幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

星野 智幸(ほしの ともゆき、1965年7月13日 - )は、日本の小説家。
ロサンゼルスで生まれる。横浜市立荏田小学校、世田谷区立八幡中学校、東京都立戸山高等学校を経て、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。産経新聞社記者となる。1991年に産経新聞を退職、1991年から1992年、1994年から1995年の間メキシコシティーに私費留学。1996年から2000年頃まで太田直子に師事し字幕翻訳を手がける。
1997年「最後の吐息」で第34回文藝賞受賞。2000年、「目覚めよと人魚は歌う」で第13回三島由紀夫賞受賞。2002年「砂の惑星」で第127回芥川賞候補。2003年『ファンタジスタ』で第25回野間文芸新人賞を受賞。同年より2007年3月まで早稲田大学文学学術院客員助教授。
2007年「植物診断室」で第136回芥川賞候補。落選後の1月16日、公式サイトにて「『新人』という範疇からは身を引き、自分に『中堅』としての立場を課したい」と記し、芥川賞の対象から外れることを自ら宣言する。同年すばる文学賞選考委員に着任。2011年、新潮新人賞選考委員。同年、『俺俺』で大江健三郎賞受賞、野間文芸新人賞選考委員。

受賞歴

星野智幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

星野智幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Yuki_yakonkon星野智幸さんの「氾濫する現在」という解説が面白すぎる。
natsume00創作でよかったのはイ・ラン、パク・ソルメ、パク・ミンギュ、星野智幸。エッセイはどれもよかったけど、とくに小川たまかの文章はもっと読んでみたいと思った。声のボリュームが大きすぎないから、辛い話でも最後まで読める。
katsunao_mura『文藝』の「韓国・フェミニズム・日本」特集にも、同じ高山の「名前を忘れた人のこと」が掲載されています。(対象作ではないですが)星野智幸「モミチョアヨ」と比べて読むと面白かったです。韓国について、性急に理解に至ろうとすることを拒絶する高山と、いきなりサッカーに交じってしまう星野。
okazaki_art_the@hoshinot @nukisuke @ozakitetsuya 星野智幸|作家人を食っているかと思うと大真面目で、そこが固い地面だと思い込んでいる人には壮大な虚構で地面を陥没させ、地面なんかどこにもないと虚無に囚われている人… https://t.co/rF7E9XS0cT
asanotakao1975ここ数年、大手出版社とは別の版元から、すぐれた文学の本が持続的に刊行される新しい流れがある。未來社の木村友祐さんの小説集、人文書院の星野智幸コレクションと津島佑子コレクション、亜紀書房の若松英輔さんの詩集。なかでも津島佑子の企画は… https://t.co/jiSSwn7Ewa
qma_green_bot_f(スロ)星野智幸の小説を原作としたKAT-TUNの亀梨和也が主演する2013年の映画(大意) 俺俺
kawaurasansui久々に星野智幸も読みたいが
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
星野智幸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)