トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 星野智幸

星野智幸

星野智幸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

星野 智幸(ほしの ともゆき、1965年7月13日 - )は、日本の小説家。
ロサンゼルスで生まれる。横浜市立荏田小学校、世田谷区立八幡中学校、東京都立戸山高等学校を経て、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。産経新聞社記者となる。1991年に産経新聞を退職、1991年から1992年、1994年から1995年の間メキシコシティに私費留学。1996年から2000年頃まで太田直子に師事し字幕翻訳を手がける。
1997年「最後の吐息」で第34回文藝賞受賞。2000年、「目覚めよと人魚は歌う」で第13回三島由紀夫賞受賞。2002年「砂の惑星」で第127回芥川賞候補。2003年『ファンタジスタ』で第25回野間文芸新人賞を受賞。同年より2007年3月まで早稲田大学文学学術院客員助教授。
2007年「植物診断室」で第136回芥川賞候補。落選後の1月16日、公式サイトにて「『新人』という範疇からは身を引き、自分に『中堅』としての立場を課したい」と記し、芥川賞の対象から外れることを自ら宣言する。同年すばる文学賞選考委員に着任。2011年、新潮新人賞選考委員。同年、『俺俺』で大江健三郎賞受賞、野間文芸新人賞選考委員。

受賞歴

星野智幸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

星野智幸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Honwo_yomooya星野智幸の『俺俺』を読んでからは、小説の登場人物が「俺」であるなと感じるようになった。具体的には『罪と罰』の全登場人物が「俺」だった
tangegozen昨日くらいから星野智幸さんの新聞連載『ひとでなし』の物語が、グッと展開して、よりグルーヴが生まれて、「おっ、きたきた!これ、これ!」と喜びつつ、それは同時に、他人事ではなく自分を引き裂くものでもあるので、なんとも、深く、深く、染み入るのです。イツキも自分であり、財田も自分であり。
Namimagazineアリ・スミス著/木原善彦訳『春』(新潮クレスト・ブックス)の評者は星野智幸さん!/希望のなさに捧げる(波2022年4月号) https://t.co/wqOJc5kllC
maki50arashi「日本語で読みたい韓国の本 翻訳コンクール」授賞式で、星野智幸さんが、翻訳のための言語づくりとして、小説を書くことをおすすめされていましたね。短歌もおすすめします。自分の心を動かした事象を原文とすれば、その原文をリズムよく的確… https://t.co/U3BUNmmkxR
qma_green_bot_f(スロ)星野智幸の小説を原作としたKAT-TUNの亀梨和也が主演する2013年の映画(大意) 俺俺
honzuki_jp【新着書評】家族の問題。もつれてどうしようもなくなって傷つけあう夫婦や親子のしがらみの中、他者が介入することによる家族解体と再生の物語。役割ではなく人間… 『だまされ屋さん (単行本)/星野智幸/中央公論新社』 https://t.co/fFtJ2b9uev #本が好き
yamamomonしかしずっともんもんと拘っていた星野智幸読書記録メモ、とりあえず一区切り書いたので気が抜けた。結構重たかったのだ。少し読みやすくしてみたので星野智幸経験者には是非いろいろ反論などあったらしてほしいです。… https://t.co/kvYshxYc5y
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    星野智幸さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)