トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大石圭

大石圭

大石圭さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大石 圭(おおいし けい、1961年5月10日 - )は、日本の小説家・作家。東京都目黒区出身。法政大学文学部卒業。その後株式会社フロムエー総合企画センターに入社。現在は神奈川県横浜市在住。
1993年デビュー作『履き忘れたもう片方の靴』で第30回文芸賞佳作受賞。2003年、映画、ビデオ「呪怨」のノベライズを手がけた。
元オウム真理教信者で死刑判決を受け執行された土谷正実が当人の幼馴染みであったことを「60秒の楝獄」のあとがきや、『ザ!世界仰天ニュース』のインタビュー等で明かしている。
かつての愛車は日産・フェアレディZ(S130型)であり、「僕らの名車物語」にコラムを投稿している。
=
履き忘れたもう片方の靴(1994年1月 河出書房新社 / 2008年11月 河出文庫)
いつかあなたは森に眠る(1995年3月 幻冬舎 / 2008年6月 TOブックス)
*【改題・改稿】女が蝶に変わるとき(2013年2月 幻冬舎アウトロー文庫)
出生率0(1996年9月 河出書房新社 / 1999年6月 河出文庫)
死者の体温(1998年5月 河出書房新社 / 2004年5月 角川ホラー文庫)  
処刑列車(1999年10月 河出書房新社 / 2005年5月 角川ホラー文庫)
アンダー・ユア・ベッド(2001年3月 角川ホラー文庫)
殺人勤務医(2002年3月 角川ホラー文庫)
自由殺人(2002年9月 角川ホラー文庫)
湘南人肉医(2003年11月 角川ホラー文庫)
4人の食卓(2004年5月 日本テレビ放送網)
復讐執行人(2005年7月 角川ホラー文庫)
1303号室(2005年8月 河出書房新社 / 2007年10月 河出文庫) 
死人を恋う(2005年9月 光文社文庫)
飼育する男(2006年7月 角川ホラー文庫)
水底から君を呼ぶ(2006年9月 光文社文庫)
邪な囁き(2007年5月 角川ホラー文庫)
人を殺す、という仕事(2007年9月 光文社文庫)
檻の中の少女(2008年1月 角川ホラー文庫)
女奴隷は夢を見ない(2008年5月 光文社文庫)
人間処刑台(2008年12月 角川ホラー文庫)
子犬のように、君を飼う(2009年1月 光文社文庫)
甘い鞭(2009年5月 角川ホラー文庫) 
絶望ブランコ(2009年11月 光文社文庫)
60秒の楝獄(2010年7月 光文社文庫)
奴隷契約(2010年10月 幻冬舎アウトロー文庫)
殺人鬼を飼う女(2010年11月 角川ホラー文庫)
地下牢の女王(2011年5月 光文社文庫)
殺人調香師(2011年10月 角川ホラー文庫)
黒百合の雫(2011年12月 幻冬舎アウトロー文庫)
エクスワイフ(2012年1月 光文社文庫)
愛されすぎた女(2012年3月 徳間文庫)
あの夜にあったこと(2012年10月 角川ホラー文庫)
赦されたい(2012年12月 幻冬舎アウトロー文庫)
苦い蜜(2013年4月 光文社文庫)
躾けられたい(2013年5月 TO文庫)
殺さずに済ませたい(2013年9月 徳間文庫)
わたしには鞭の跡がよく似合う(2013年10月 辰巳出版)
薔薇の足枷(2013年12月 幻冬舎アウトロー文庫)
甘い監獄(2014年3月 角川ホラー文庫)
堕天使は瞑らない(2014年5月 光文社文庫)
背徳 濡れた共犯者たち(2015年2月 TO文庫)
きれいなほうと呼ばれたい(2015年6月 徳間文庫)
*わたしには鞭の跡がよく似合う(2015年11月 徳間文庫)
*地獄行きでもかまわない(2016年1月 光文社文庫)

大石圭新刊

  • 発売日
    2018年8月24日
  • 書名
    モニター越しの飼育 (角川ホラー文庫)

受賞歴

大石圭関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.1.12 書店員オススメ! 大人のための官能小説

    毎日膨大な量の本に接し、本の知識なら誰にも負けない"本のソムリエ"としてとっても頼りになる書店員さん。今回は、書店員歴21年、書泉ブックマートで文庫・新書を担当する江連聡美さんに"大人のための官能小説"5冊をセレクトしてもらった。

大石圭関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kurotuki_3大石圭アンダー・ユア・ベッド 処刑列車 邪な囁き 呪怨 輪廻 https://t.co/pQDDvjc20e
kiiina_dagekion大石圭で性描写の無い作品はないんじゃないかと思う。好きだけど、できればもう少し人が人を食べてほしい
PotaK28pota大石圭も擬音が怖い系だったような…しばらく読んでないからおぼろげだけど…
yanagachisato大石圭先生の『甘い鞭』の感想を。高校生の時に男に拉致監禁され、レイプや暴力を繰り返された奈緒子。やがて暴力を受けている際に奇妙な甘い味を感じるようになる。男を殺害し生還した彼女だが、凄まじいトラウマを抱えたまま成長し、あの時の甘い味を探し求めるように。甘い味の正体とは何なのか。
shinrei_dougaコンバンハ。「今、あなたのベッドの下にいるよ…。アンダー・ユア・ベッド/大石圭」 https://t.co/aPnXJQZFhe ほか新しい心霊動画が届いてるヨ。
NanashiroHorror【YouTube更新】遅くなりましたが、ホラー小説紹介動画をアップしました!まだの方は、チャンネル登録よろしくお願いいたします〜!***今、あなたのベッドの下にいるよ…。アンダー・ユア・ベッド/大石圭【ホラー小… https://t.co/mRf4YkO3K8
yuzu__o3泣いてる。この何も解決していない終わり方も、全てにおいて私の好きな大石圭作品がまた戻ってきたんだ、また新作が見られるんだって感極まりすぎて前が見えない。生きてる間にまたこの世界観の作品、新刊が読める日が来るとは思わなかった。今ほど生きててよかったと思った瞬間はない
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大石圭さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)