トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 羽田圭介

羽田圭介

羽田圭介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

羽田 圭介(はだ けいすけ、1985年10月19日 - )は、日本の小説家。東京都生まれ、明治大学商学部卒業。身長180.5㎝。
幼少時、車に轢かれるが奇跡的に助かるという経験を持つ。高校時代は毎日放課後に40km、自転車で走りトレーニングをしていた。将来の夢として実業団選手を目指しており、自転車で北海道まで走破したこともある。将来ツール・ド・フランスに出場する事を真剣に考えていた。。
明治大学付属明治高等学校在学中の2003年、高校生と中学生の兄弟が憎み合い、「家庭内ストーキング」を繰り返すさまを独特の表現で描いた「黒冷水」で第40回文藝賞を受賞。17歳での文藝賞受賞は堀田あけみ、綿矢りさと並んで当時3人目で、当時最年少だった(のち2005年に三並夏に更新される)。応募は締切日ぎりぎりの投函だった。
明治大学に進学しアナウンサー研究会に入る。2006年受賞第一作「不思議の国のペニス」を『文藝』に発表。2008年同誌に「走ル」を発表、芥川賞候補作となる。大学卒業後は一般企業に就職するが、1年半で退職し専業作家となる。2010年、第四作「ミート・ザ・ビート」で第142回芥川賞候補。2012年、「ワタクシハ」で第33回野間文芸新人賞候補。2013年、「盗まれた顔」で第16回大藪春彦賞候補。2014年、「メタモルフォシス」で第151回芥川賞候補、第36回野間文芸新人賞候補。2015年、「スクラップ・アンド・ビルド」で第153回芥川賞候補。同年7月16日、同作で芥川賞を受賞。お笑い芸人の又吉直樹『火花』との同時受賞や本人のキャラクターが話題となり、その後はテレビ番組などマスコミへの出演が激増。2017年にはNHK新春スペシャルドラマ『富士ファミリー2017』に出演し、俳優デビューも果たした。

羽田圭介新刊

  • 発売日
    2019年7月26日
  • 書名
    羽田圭介、クルマを買う。

受賞歴

羽田圭介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

羽田圭介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

alpino_kou2わー、納品書のウラ書き、読んでいただき嬉しいです。『羽田圭介、クルマを買う。』、人を選ぶ本かも知れませんが、おもしろいです。「買う」に至るまでに通り過ぎた、いくつもの「買わない」が印象的で。ぜひぜひ、お手に取ってみてください! https://t.co/hzEPQwgR6T
ammietan1年最後の読み納めは、羽田圭介さんと何となく決めてます。今年はこれにしよう。面白そうだ♪ → https://t.co/IpE3jYUF5x #bookmeter
wc__xi羽田圭介のスクラップアンドビルドも面白かった。登場人物の余り好ましくない行動とかを揶揄した表現が凄い面白かった。特に頑なに電車の席を譲ろうとしない彼女に対して武道の型の如き気迫を漂わせているでめっちゃ笑った
HelloYumirin235@tori_koichy_381 @retoro_mode 「ムーの白鯨」のオープニングテーマの作曲陣が凄い‼️何しろ、作詞が山川啓介さん、作曲が浜圭介さん、編曲が羽田健太郎さんだもの。
Cafenews121松浦弥太郎と羽田圭介がコーヒーを語る デロンギ×BRUTUSトークイベント https://t.co/1xVBVJRpW3 #カフェ #cafe #レストラン
NewsSweetsget松浦弥太郎と羽田圭介がコーヒーを語る デロンギ×BRUTUSトークイベント https://t.co/yFDOvFGnob
Tatsumakimax松浦弥太郎と羽田圭介がコーヒーを語る デロンギ×BRUTUSトークイベント https://t.co/2ox4FAYWsp
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
羽田圭介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)