トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 羽田圭介

羽田圭介

羽田圭介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

羽田 圭介(はだ けいすけ、1985年10月19日 - )は、日本の小説家。東京都生まれ、明治大学商学部卒業。
幼少時、車に轢かれるが奇跡的に助かるという経験を持つ。高校時代は毎日放課後に40km、自転車で走りトレーニングをしていた。将来の夢として実業団選手を目指しており、自転車で北海道まで走破したこともある。
明治大学付属明治高等学校在学中の2003年、高校生と中学生の兄弟が憎み合い、「家庭内ストーキング」を繰り返すさまを独特の表現で描いた「黒冷水」で第40回文藝賞を受賞。17歳での文藝賞受賞は堀田あけみ、綿矢りさと並んで当時3人目で、当時最年少だった(のち2005年に三並夏に更新される)。応募は締切日ぎりぎりの投函だった。
明治大学に進学し、2006年受賞第一作「不思議の国のペニス」を『文藝』に発表。2008年同誌に「走ル」を発表、芥川賞候補作となる。大学卒業後は一般企業に就職するが、1年半で退職し専業作家となる。2010年、第四作「ミート・ザ・ビート」で第142回芥川賞候補。2012年、「ワタクシハ」で第33回野間文芸新人賞候補。2013年、「盗まれた顔」で第16回大藪春彦賞候補。2014年、「メタモルフォシス」で第151回芥川賞候補、第36回野間文芸新人賞候補。2015年、「スクラップ・アンド・ビルド」で第153回芥川賞候補。同年7月16日、同作で芥川賞を受賞。お笑い芸人の又吉直樹『火花』との同時受賞や本人のキャラクターが話題となり、その後はテレビ番組などマスコミへの出演が激増。2017年にはNHK新春スペシャルドラマ『富士ファミリー2017』に出演し、俳優デビューも果たした。

羽田圭介新刊

  • 発売日
    2018年11月15日
  • 書名
    コンテクスト・オブ・ザ・デッド (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年11月15日
  • 書名
    コンテクスト・オブ・ザ・デッド (講談社文庫)

受賞歴

羽田圭介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

羽田圭介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kyo_tvxq118羽田圭介の『走ル』みたいに、ふとした思いつきで、東京~青森をチャリで漕ぎ続けるような旅したい。目的も制限時間もなく。
saori_akita@qualia_shimoken 鶏ハム!羽田圭介さんは毎週何キロもの鶏ハムを作って筋トレしてるって!
kanakichi816羽田圭介さんの振り切り様はどこまで行くのかしら。本当に面白い人だなあ
sun8now【5時過ぎランチ】 羽田 圭介 ガソリンスタンドのアルバイト、アレルギー持ちの殺し屋、写真週刊誌の女性記者。日々過酷な仕事に臨む三人が遭遇した、しびれるほどの“時間外労働” ⇒ https://t.co/damm9ciJh5
Funoh0【本棚登録】『コンテクスト・オブ・ザ・デッド (講談社文庫)』羽田圭介 https://t.co/3hlfuHh3Uu #booklog
izunodonko【5時過ぎランチ/羽田 圭介】実は初めて羽田氏の作品を読んだ。これまでも同様な設定はあったかもしれないが、細かい描写が作品にリアリティを持たせ、先へ先へと読みたくなるような書き方をされるのだな、… → https://t.co/evZ0FCctX6 #bookmeter
kurokuro_reader羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』☆ 3.8
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
羽田圭介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)