トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 誉田哲也

誉田哲也

誉田哲也さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

誉田 哲也(ほんだ てつや、1969年8月18日 - )は日本の小説家。東京都出身、学習院中・高等科を経て学習院大学経済学部経営学科卒業。代表作に、『ストロベリーナイト』をはじめとする映像化された「姫川玲子シリーズ」や『武士道シックスティーン』をはじめとする「武士道シリーズ」などがある。
両親と姉の4人家族に育つ。小学校時代は漫画家に憧れていたが、中学に入ると音楽に目覚めて漫画家の道を諦める。インターネットが普及し始めた90年代の後半、バンドをやめるのと前後して格闘技専門の有料サイトを立ち上げた人物に誘われ、もともと興味があったこともあって格闘技団体パンクラスの試合レビューの寄稿を始める。
少年時代の読書経験は星新一、筒井康隆、眉村卓、平井和正、夢枕獏、菊池秀行などで、20代の頃は『リング』『パラサイト・イヴ』などのホラーブームの影響でホラー文庫を読んでいた。
親交のある著名人には安東能明、万城目学、声優の浅川悠、著作の装幀を手がけたデザイナーの松昭教などがいる。

誉田哲也新刊

  • 発売日
    2017年11月16日
  • 書名
    ノーマンズランド

受賞歴

誉田哲也関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

誉田哲也関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

novel_beginning文化祭二日目の、午後二時。俺たち五人は、ステージ横の小さな楽屋に閉じこもっていた。レイジ/誉田哲也
CittaSuwaroなんというか由比さんって誉田哲也作品のアウトローの登場人物と飯田譲治作品のサディズムを持った女性登場人物の部分を併せ持った登場人物という感じがする。倫理的にも人道的にも許される人物ではないのだけれど、どこか嫌悪しきれない部分があるというか。
mys_sus_bot【グループ分け】次の誉田哲也の小説で活躍する女性警察官を初登場した作品ごとにグループ分けしなさい[ジウⅠ]伊崎基子門倉美咲[ドルチェ]魚住久江[ストロベリーナイト]姫川玲子
nuwanwan123誉田哲也さんはもしサイン会が開催されたら参加したいくらい大好きなんだけど、以前何かの対談で「ストーリー的に必要な場合は主人公が死ぬシーンも書く」と仰っていて、これだから誉田さんは信頼できるんだよ
sinden_ryuuka誉田哲也さんの「感染遊戯」もうね、ガンテツさんのあの下品さがたまらなく好き!!(笑)とあるページの1行目「うるせえ◯病ッ」は吹き出してしまったよ!!(笑)読むタイミングと飲むタイミングが逆だったらマックでコーヒーを吹き出す所だった… https://t.co/FAHY4YFj3C
MJ5016【レビュー】『インビジブルレイン (光文社文庫)』誉田哲也 ☆4 https://t.co/ujQHqSF7DD #booklog
JAM46RISA誉田哲也「月光」りさてちで映画化しよ〜よ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)