トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 京極夏彦

京極夏彦

京極夏彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

京極 夏彦(きょうごく なつひこ、1963年3月26日 - )は、日本の小説家、妖怪研究家、アートディレクター。日本推理作家協会理事長。
世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)、関東水木会会員、東アジア恠異学会会員。「怪談之怪」発起人の一人。
北海道小樽市出身。北海道倶知安高等学校卒業、専修学校桑沢デザイン研究所中退。代表作に『百鬼夜行シリーズ』、『巷説百物語シリーズ』など。株式会社大沢オフィス所属。公式サイト「大極宮」も参照。
section=1|date=2010年10月
1963年(昭和38年)3月26日に北海道小樽市に生まれる。アートディレクターとして桑沢デザイン研究所を経て広告代理店に勤務したが、体調不良となって止む無く退職したのち、その関連で知り合った関係者と共に独立して小さなデザイン会社を設立した。
しかし、バブル崩壊後の不景気で会社の仕事はあまり無い底冷えが続く。そんな中で思いついた企画書をいくつか作った後の暇な時間に何となく小説『姑獲鳥の夏』を書いた。そして、休日に出かける金も無い1994年のゴールデンウィークに、「会社で小説書いちゃったから印字代とかがもったいない」という軽い気持ちで出来れば原稿に使った用紙とインク代の元だけでも稼げればと、威張った編集者に門前払いをされることも期待しながら講談社ノベルスの編集部に電話をかけた。この作品は、上記のように仕事の合間の暇つぶしに書かれたもので、小説の執筆は京極にとって初めてのことであった。作品の構想は、10年前に考えた漫画のネタという。
原稿を読んだ編集者である唐木厚により、すぐに講談社ノベルスとしての発売が決定した。『狂骨の夢』の発売日(1995年5月)にプロフィール等が解禁され、集英社・中央公論社・新潮社と続々と執筆依頼が舞い込んだ。自分の会社に対して『姑獲鳥の夏』発売時点では、まだ思いがけず本があっさりと発売されたことの恥ずかしさで伝えれずにいたが、講談社からの依頼で『魍魎の匣』執筆に入る段階で隠すのが心苦しくなって事情を話し、さらに『狂骨の夢』発売後になると、他の出版社から執筆依頼が殺到しだすことで会社での仕事は出来にくくなったため、会社は一旦退職して、しばらくの後に外部スタッフとして仕事も継続することとなった。その後は京極の縁で自身の単行本や出版社の一部の書籍デザインを会社が担当している。
2010年5月28日、日本でのiPad発売と同日に『死ねばいいのに』を電子書籍として発売。また2011年10月14日には四六判・ノベルス・分冊文庫・電子書籍の4形態で『ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔』を発売。これは出版史上初のことであった。
京極の活動は小説家のみならず、『ゲゲゲの鬼太郎』第4作101話で脚本および自身をモデルにしたゲストキャラ「一刻堂」のキャラクターデザインと声の出演を担当、『巷説百物語』がテレビアニメ化された際には声優として京極亭役を演じている。また、京極の処女作を原作とした映画『姑獲鳥の夏』では傷痍軍人(水木しげる)役として出演した。
親交の深い宮部みゆき、荒俣宏等には、水木しげるの故郷である境港産の松葉ガニを歳暮として贈っている。

京極夏彦新刊

  • 発売日
    2019年12月24日
  • 書名
    文庫版 オジいサン (角川文庫)
  • 発売日
    2019年12月19日
  • 書名
    怪と幽 vol.003 2020年1月 (カドカワムック 805)
  • 発売日
    2019年11月29日
  • 書名
    地獄の楽しみ方 17歳の特別教室

受賞歴

京極夏彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

京極夏彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

extremely11作法は形だけで成り立つもの。形骸化していようとも疑わなければ有効なのです。  【京極夏彦『陰摩羅鬼の瑕』】
blaziken_soriアルバトロスは羽ばたかない/七河迦南名探偵に薔薇を/城平京アトポス/島田荘司首無の如き祟るもの/三津田信三双頭の悪魔/有栖川有栖鉄鼠の檻/京極夏彦今はもうない/森博嗣『アリス・ミラー城』殺人事件/北山猛邦殺しの双曲… https://t.co/rKn3tfpP9K
pantsu__bot京極夏彦の「死ねばいいのに」って本、俺の事言ってるんだろ・・・?
Uesugijinsei123軽めのウイルス性腸炎で家にいるのだけれど、横になって時々トイレに行くほかやることがない。本当に軽めなので、熱もないし、ものも普通に食べられるし、お腹が痛いのは慣れてるし。仕方がないので京極夏彦をずっと読んでる。京極堂シリーズを。関口君に長話聞かせて秋彦嬉しそう。
eeez3ee適当に仲良くやって来たつもりでいたが、もしかしたら益田は榎木津に全く受け入れて貰っていないのかもしれなかった。探偵の発する悪罵暴言は寧ろ親しみの表現なのだと、益田は勝手に曲解していただけなのかもしれない。/「邪魅の雫」京極夏彦
s_takanogawa【陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)/京極 夏彦】久しぶりに京極夏彦。やっばり榎木津にワクワクし、京極堂にゾクゾクさせられる。哲学も儒学も全く知らないけれど理解しやすかった。長… → https://t.co/GgF3p742tB #bookmeter
peach_fish24あと、京極夏彦さんの文章表現すっごく好き。「夕七つ。それまで晴れ渡っていた夏天が俄かに翳った。」とか、『嗤う伊右衛門』では小気味良いリズムの文章が多い。物語の内容の業が深いので、切れ味の良い文が心地よい。近世文学のような表現も多く、読んでいて楽しかった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
京極夏彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)