トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 東野圭吾

東野圭吾

東野圭吾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、日本の小説家。大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)。本名同じ。
=
1958年、大阪市生野区に生まれる。当時の街が1999年に刊行された『白夜行』や『浪花少年探偵団』シリーズの舞台となっているなど、作品には自身の体験が幅広く取り入れられている。また、東野という名字は、最初は「とうの」と読んでいたが、圭吾の父親が「ひがしの」と読み方を変えたらしい。以来その地で育ち、大阪市立小路小学校、大阪市立東生野中学校に進学。この頃の体験などを綴った自身のエッセイ『あの頃僕らはアホでした』などによると、成績は「オール3」であり、また読書少年でもなかった。
その後大阪府立阪南高等学校に入学し、2年生になった1974年、偶然手に取った小峰元『アルキメデスは手を汚さない』を読み、推理小説に初めて嵌る。同時に江戸川乱歩賞の存在を知り、さらに松本清張の著作を読み漁るようになり、やがて推理小説を書き始める。処女作は『アンドロイドは警告する』だが、現在まで内容は公開されていない。
また、『アンドロイドは警告する』を書き終えた後、『スフィンクスの積木』という犯人当て小説を書き始めるが、さほど熱中できず、1978年にやっと完成した。しかし友人などに見せ、不評を買った、と語っている。
卒業後は1年間の浪人を経て、大阪府立大学工学部電気工学科に進学。大学在学中はアーチェリー部の主将を務め、デビュー作『放課後』では題材として使われている。

東野圭吾新刊

  • 発売日
    2018年8月9日
  • 書名
    HEADS(ヘッズ)(1)【期間限定 無料お試し版】
  • 発売日
    2018年5月30日
  • 書名
    人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)
  • 発売日
    2018年4月18日
  • 書名
    ラプラスの魔女&魔力の胎動 単行本セット

受賞歴

東野圭吾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東野圭吾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shingineer手紙/東野圭吾!!!東野さんの本で一番好きなやつです。オススメ度★★★★★! https://t.co/FRxrmVUv8f
morimoriRyu3流星の絆って東野圭吾サンの本なんですか(今きづく)
a___megins東野圭吾さんなら、全く本読まない人ならナミヤ雑貨店の奇蹟、割と読む人なら容疑者Xの献身、めっちゃ読んでる人なら虚ろな十字架読んでほしい
guutaranyanko9@katanec79 お大事になさってください…元気になってもらいたいので、私が好きな東野圭吾さんの「麒麟の翼」のメインになった麒麟像を撮りに行った時、映画のシーンを撮ろうとしたらフォーカスが手前のおっさんに合ってしまった写真を… https://t.co/ra4R7GPwV2
kansou_tubuyaku東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川文庫)、読了。 うまくパズルが組み上がっていく感。初東野圭吾作品でした。 #文庫の会(仮)
AlaleHina『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾普通に面白いなって感じなんだけど、後半からどんどんお話が絡んでくるから結構頭を使って集中した。ふふふって感じ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東野圭吾さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)