トップページ > 公募ではない賞一覧 > 本格ミステリ大賞小説部門 > 2006年−第6回 本格ミステリ大賞小説部門

本格ミステリ大賞小説部門

2006年−第6回 本格ミステリ大賞小説部門 の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第6回—2006年

受賞

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

本格ミステリ大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.4.27 作家の読書道 第205回:今村昌弘さん

    2017年に鮎川哲也賞受賞作『屍人荘の殺人』でデビューした今村昌弘さん。意表を突くクローズドサークルの設定が話題となり、年末の各ミステリランキングで1位になり、本格ミステリ大賞も受賞。第2作となる『魔眼の匣の殺人』も期待を裏切らない内容で、今後の活躍が楽しみな新鋭です。でも意外にも、昔からミステリ作家を目指していたわけではなかったのだとか。ではどんな本が好きだったのか、そして作家を目指したきっかけは?

  • 2017.7.15 暗号小説で本格ミステリ大賞 相生出身・竹本健治さん

    暗号ミステリーの大作「涙香(るいこう)迷宮」で第17回本格ミステリ大賞に輝いた兵庫県相生市出身の作家竹本健治さん(62)=佐賀県武雄市。

  • 2016.5.25 本格ミステリ大賞決まる 小説部門は鳥飼否宇さんの『死と砂時計』

    第16回本格ミステリ大賞(本格ミステリ作家クラブ主催)は、小説部門が鳥飼否宇さんの『死と砂時計』(東京創元社)、評論・研究部門は浅木原忍さんの『ミステリ読者のための連城三紀彦全作品ガイド 増補改訂版』(Rhythm Five)に決まった。

本格ミステリ大賞小説部門 関連つぶやき

mayayutakabot「さよなら神様」(2014年8月)文藝春秋 第15回本格ミステリ大賞を受賞した「神様ゲーム」の続編。今回はクラスに溶け込むモテ男に変貌した神様鈴木太郎が次々と事件の真相を言い当てていく。冒頭で犯人の名前が明かされますがそこで本を閉じないで下さいね笑
jamyokomizomaya麻耶雄嵩まや・ゆたか 1969年5月29日三重県生まれ。91年「翼ある闇」でデビュー。11年「隻眼の少女」で日本推理作家協会賞&本格ミステリ大賞をW受賞。15年「さよなら神様」で本格ミステリ大賞。17年「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」月9ドラマ化。「貴族探偵対怪盗マダム」刊行予定
mys_sus_bot【線結び】次の2013年に「本格ミステリ大賞」の候補になった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい葬式組曲→天祢涼衣更月家の一族→深木章子夏服パースペクティヴ→長沢樹
dia4126『本格ミステリ大賞全選評 2001-2010』第1回一人目の選評がいきなり無効票という出オチで始まるけど、プロの忌憚なき批評の数々には背筋が伸びる思いが。一方で毎回のように不平を鳴らす方や、私怨としか思えない評文をものする人など… https://t.co/55ShkbrWx1
tehx4sato本格ミステリ大賞作品の選評本を読みながら…これから読んでみたい作品をメモしている。好きな作家の大賞作品は既読なので…読み返しになりそう。良い本刊行されたな。#本格ミステリの本流20012020
KyuMystery道尾秀介『シャドウ』#読了本格ミステリ大賞受賞作ですが、事件→推理→真相という王道展開ではなく、所々に謎と驚きが散りばめられた面白い展開。ミスリードや伏線が多く、かつ描き方が非常に巧妙でミステリとしての満足度は高く、終始楽しめました。メインの目線は小学生なので読みやすさも◎
QMA_MayaQ(ラ線)次の2011年に「本格ミステリ大賞」の候補になった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい A.隻眼の少女-麻耶雄嵩(他は省略)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)