トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石持浅海

石持浅海

石持浅海さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石持 浅海(いしもち あさみ、1966年12月7日 - )は、日本の小説家、推理作家。愛媛県生まれ。九州大学理学部生物学科卒業。男性。兼業作家。
大学卒業後、食品会社に入社。1997年、鮎川哲也が編集をつとめる公募短編アンソロジー『本格推理 11』に「暗い箱のなかで」が採用される。本格推理シリーズにはその後も「地雷原突破」「利口な地雷」の2編が採用された(これら3編はのちに『顔のない敵』にまとめられた)。
2002年、光文社のカッパ・ノベルス新人発掘企画『KAPPA-ONE』第1期に選ばれ、西澤保彦の推薦のもと『アイルランドの薔薇』で本格的に小説家デビュー。
2003年、『月の扉』が『このミステリーがすごい!』2004年版で第8位、『本格ミステリベスト10』2004年版で第3位に選ばれ注目される。2006年に文庫化されると半年で10万部を突破した。
2005年、『扉は閉ざされたまま』が『このミステリーがすごい!』2006年版、『本格ミステリベスト10』2006年版の両方で第2位に選ばれる。2008年には続編の『君の望む死に方』とあわせてWOWOW「ドラマW」枠でドラマ化され、2夜連続で放送された。

石持浅海新刊

  • 発売日
    2018年10月20日
  • 書名
    崖の上で踊る
  • 発売日
    2018年10月10日
  • 書名
    二千回の殺人 (幻冬舎文庫)

受賞歴

石持浅海関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石持浅海関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot2_qmaNo.381 次のミステリー作家とその代表作の正しい組み合わせを選びなさい⇒通尾秀介―カラスの親指、米沢穂信―インシテミル、石持浅海―扉は閉ざされたまま
keixinhu石持浅海さんのいつもの分野。企業などへの恨み、クローズドサークル、連続殺人、論理的とキーワードが浮かぶ...『崖の上で踊る』石持 浅海 ☆3 https://t.co/pFBhyyCNAT
KAZHA1124石持浅海 著『殺し屋、やってます。』読了コミカルな感じだけど、ちゃんと殺す殺し屋だった。最初の話がぴんと来なかったけれど←、続けて読んでいくと「こういうパターンの話もあるのね」って最後まで楽しく読めた。「二重盲検法」って言葉を知った
QMA_Mys_Bot1[連想]ミステリー作家/2010年に亡くなる/バー「里菜香屋」/民俗学者・蓮丈那智→ 北森鴻/芦部拓/霞流一/石持浅海
hmk_bngk_bot「アイルランドの薔薇」石持浅海/「フジの心はブラックボックスで、我々は彼の行動や反応は見られるけれど、彼の心の中はわからない。――だから、彼に惹かれる」ジェリーは淡々とそう言った。トムにはジェリーの言いたいことがよくわかった。
novel_beginning月が輝いていた。月の扉/石持浅海
booktitle_bot『BG、あるいは死せるカイニス』石持浅海
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石持浅海さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)