トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石持浅海

石持浅海

石持浅海さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石持 浅海(いしもち あさみ、1966年12月7日 - )は、日本の小説家、推理作家。愛媛県生まれ。九州大学理学部生物学科卒業。男性。兼業作家。
大学卒業後、食品会社に入社。1997年、鮎川哲也が編集をつとめる公募短編アンソロジー『本格推理 11』に「暗い箱のなかで」が採用される。本格推理シリーズにはその後も「地雷原突破」「利口な地雷」の2編が採用された(これら3編はのちに『顔のない敵』にまとめられた)。
2002年、光文社のカッパ・ノベルス新人発掘企画『KAPPA-ONE』第1期に選ばれ、西澤保彦の推薦のもと『アイルランドの薔薇』で本格的に小説家デビュー。
2003年、『月の扉』が『このミステリーがすごい!』2004年版で第8位、『本格ミステリベスト10』2004年版で第3位に選ばれ注目される。2006年に文庫化されると半年で10万部を突破した。
2005年、『扉は閉ざされたまま』が『このミステリーがすごい!』2006年版、『本格ミステリベスト10』2006年版の両方で第2位に選ばれる。2008年には続編の『君の望む死に方』とあわせてWOWOW「ドラマW」枠でドラマ化され、2夜連続で放送された。

石持浅海新刊

  • 発売日
    2017年4月18日
  • 書名
    鎮憎師

受賞歴

石持浅海関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石持浅海関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

live_in_library『殺し屋、やってます。』石持浅海ひとりにつき650万円で殺しを請け負うビジネス殺し屋が、依頼をこなしつつ標的の奇妙な行動の謎を解く、今までにないミステリー。さすが石持浅海!人とは違うセンスの持ち主です。どの作品も好きだけど、これもかなりの上位に入りました。すごく面白いです!
x0raki【わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (祥伝社文庫)/石持 浅海】面白かった。普通の青春連作短編ミステリとしてもなかなかだが、『扉は閉ざされたまま』を読んでいると、淡々と論理的に犯人を追い詰めてい… → https://t.co/1Uzy3gFTJM #bookmeter
booktitle_bot『BG、あるいは死せるカイニス』石持浅海
198569【月の扉 (光文社文庫)/石持 浅海】を読んだ本に追加 → https://t.co/ffNdGKzo8l #bookmeter
mayu2001きのう枚方Tサイトで買った2冊♪「彼女のため生まれた」(浦賀和宏)「殺し屋、やってます。」(石持浅海)#彼女のため生まれた #浦賀和宏 #殺し屋やってます #石持浅海 #ミステリー… https://t.co/oGLcI2lksH
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石持浅海さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)