トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 東川篤哉

東川篤哉

東川篤哉さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

東川 篤哉(ひがしがわ とくや、1968年『ダ・ヴィンチ』|2016|p=45 - )は、日本の小説家、推理作家。広島県尾道市出身。2013年6月から2017年6月まで本格ミステリ作家クラブ事務局長、2017年6月からは第5代会長を務める。
大学卒業後、ガラス壜メーカーの経理部門に勤務していたが、26歳で退社。以後8年間は月収12万円 - 13万円のアルバイト(本の仕分けやコンサートスタッフなど)で生活し、「一寸先はホームレスかという生活」だった。
1996年、東 篤哉名義で投稿した「中途半端な密室」が鮎川哲也が編集を務める公募短編アンソロジー『本格推理8 悪夢の創造者たち』に採用される。本格推理シリーズにはその後も「南の島の殺人」「竹と死体と」「十年の密室・十分の消失」の3編が採用された(これら4編はのちに『中途半端な密室』にまとめられた)。2002年、『密室の鍵貸します』でKappa-One登竜門の第一期として有栖川有栖の推薦を受け本格的に作家デビュー。
脱力系ユーモア本格ミステリの気鋭として知られる。骨格としてはトリック重視の本格派であり、贅沢に多数のトリックを複合させた『交換殺人には向かない夜』などのマニアックなものから、仕掛けをサラリと決めた『もう誘拐なんてしない』まで、テイストを使い分けている|date=2019年7月。
2010年発表の『謎解きはディナーのあとで』は初版7000部だったが、口コミなどでじわじわと部数を伸ばし、シリーズ累計320万部を突破し、ベストセラー作家の仲間入りを果たした。
インターネットや携帯電話は使ったことが無く、情報を得るのはもっぱらテレビや新聞。会社勤めの時はまだポケベル時代で、使う機会も買う機会も無く今までずるずるきてしまったからだというが、今後も使う予定は無いという。
実家が熊本県菊池市にあるということもあり、大都市以外では帰省を兼ねて度々熊本でもトークショーやサイン会を行っている。

東川篤哉新刊

  • 発売日
    2019年6月19日
  • 書名
    ハッピーアワーは終わらない: かがやき荘西荻探偵局
  • 発売日
    2019年4月26日
  • 書名
    かがやき荘西荻探偵局 (新潮文庫)

受賞歴

東川篤哉関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

東川篤哉関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

life_gro_bot[エフェ]『謎解きはディナーのあとで』で本屋大賞を受賞した作家です 東川篤哉 →ひがしがわとくや
nika_dokusho東川篤哉さんの『密室の鍵貸します』読了。主人公の元カノを殺害した人物が意外だったし、時刻にかなり騙されました。しかし、このトリックを考えた犯人をかなり忙しないなと読了後思ってしまいました。カバーは「乃木坂文庫2019夏 青春&ミ… https://t.co/bD8YctvyEp
jamyokomizomaya嵐個人的ベストミステリードラマ 相葉雅紀/貴族探偵(麻耶雄嵩) 大野智/鍵のかかった部屋(貴志祐介) 櫻井翔/謎解きはディナーのあとで(東川篤哉) 二宮和也/流星の絆(東野圭吾) 松本潤/金田一少年の事件簿(天樹征丸・さとうふみや)
kotoriquizbot【備忘録】本屋大賞の歴代大賞作品その2→第7回冲方丁(うぶかた・とう)『天地明察』、第8回東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』、第9回三浦しをん『舟を編む』、第10回百田尚樹『 海賊とよばれた男』、第11回和田竜(・りょう)『村上海賊の娘』、第12回上橋菜穂子『鹿の王』
book_beans2011年本屋大賞は、『謎解きはディナーのあとで』 著/東川篤哉(小学館)だったね。執事:櫻井翔君、お嬢様:北川景子でドラマ化されたよね。2位は『ふがいない僕は空を見た』 著/窪美澄(新潮社)で、3位は『ペンギン・ハイウェイ』 著/森見登美彦(角川書店) だったよ。
eigo_no『謎解きはディナーのあとで』東川 篤哉 短編ミステリー 殺人現場では靴をお脱ぎください 面白いが軽い。もういいかな。
mys_sus_bot【文字パネル】『放課後はミステリーとともに』などの、作家・東川篤哉の作品の多くで舞台となっている架空の高校は「○○○学園」?→鯉ヶ窪
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
東川篤哉さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)