トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 湊かなえ > 母性

母性(湊かなえ)

母性(著者:湊かなえ)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:母性
  • 著者:湊 かなえ
  • ページ数:266
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103329114
  • ISBN-13:9784103329114

母性関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.11.17 「異常な親」はなぜ生まれるのか? 湊かなえが"母性"を問う

    長澤まさみ主演で放送中のドラマ『高校入試』で、はじめて脚本に挑戦している作家・湊かなえ。『往復書簡』(幻冬舎)に収められた「二十年後の宿題」は、現在公開中の映画『北のカナリアたち』の原案となっており、湊作品はテレビに映画と引っ張りだこ状態だ。

湊かなえのその他受賞歴(候補含む)

母性関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raneasa個人的に家庭で色々思うことがあった長女なので、母子の関係性を描いた作品では軒並み泣いてしまうんですが(湊かなえ「母性」とか)、今回も例に漏れず。京子ちゃん可愛かったし、キャスティングが本当に絶妙で、京子ちゃんが緑子さんの口調を真似るようなシーンがあるんだけど、真似が上手すぎた。笑
erusukumaナイス 【母性 (新潮文庫)/湊 かなえ】鬱陶しいだけでちっとも面白くないなぁと思ったら再読本だった(笑) → https://t.co/RJwhXgPFVV #bookmeter
fIM6aYxhJJD5GM1@ayac__ 湊かなえさんの「母性」がお気に入りです。いろんな方向からの先入観について考えさせられ、そして最後に自分の先入観に気づかされました。
ReyRey_310見終わったあと重たくて、心に残る映画作品を見たいなら湊かなえシリーズの【告白】を。映画も小説も、重たくてなるほどなぁって思う。母への愛、重たい娘からの愛情表現を見たいなら、是非【母性】を。こちらは小説版のみですが
pncmkni湊かなえの「母性」を読んだ。登場人物の半数がアカン感じで後味が悪いと言うか何と言うか…。じっとり湿気の多い話だった。読み返す事はないだろうなー。一度読めばもうお腹いっぱいになる感じの話
banana_929_niku@peanuts26115 湊かなえの「母性」も面白かったよ
s_z8n湊かなえの"母性"母がホスピス入って具合悪くなるちょっと前に読んだんだけどあの"母"の"母"への愛情は異常だったけど、わかるんだよね、わかることしかない私もお母さんが大好きだった…無償の愛をくれるのってやっぱり親しかいない居なくなって本当に辛いんだわ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)