トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやまぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

松本清張新刊

  • 発売日
    2018年10月10日
  • 書名
    湖底の光芒: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)
  • 発売日
    2018年9月11日
  • 書名
    花氷: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)
  • 発売日
    2018年8月8日
  • 書名
    殺人行おくのほそ道(上): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

fix_x0松本清張と一悶着起こしてます。(全集事件) https://t.co/OLPUm9tJ2i
KHBot1松本清張面白い 仕事に集中できん
hit4boy松本清張『十万分の一の偶然』報道写真に過熱する素人カメラマンの実態を描いた社会派推理小説です。文学然としたその昔の作品と比べると、重厚さに欠けるようです。所々の薀蓄話しが、ストーリーを補完するというより冗長にうつってしまいました。 https://t.co/Soyiyl6hb3
fm77avex1[録画保存完了]21:30:16.55 BSジャパン_火曜ドラマ8 松本清張ミステリー時代劇「流人騒ぎ」_20181023_NVenc.mp4 保存先>>ドラマ火曜ドラマ https://t.co/tE19tkCDDm
qma_bibun_bot文字 ・1953年芥川賞を受賞した松本清張の小説は『或る「〇〇〇〇」伝』→小倉日記
tsundokulib水上勉「飢餓海峡」、松本清張「砂の器」、あともうひとつ社会派か警察ものでなにかあれば、社会派における三大奇書が組めるのだが
TOKYOMX1[自宅] 18/10/23(火) 20:00~20:54 BSジャパン 火曜ドラマ8 松本清張ミステリー時代劇「流人騒ぎ」 の録画を終了しました Status:一部のみ録画が実行された可能性があります Drops:0 S:0 Time:20:54:07.60
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)