トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやまぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

松本清張新刊

  • 発売日
    2017年2月21日
  • 書名
    古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)
  • 発売日
    2017年1月15日
  • 書名
    P+D BOOKS 象の白い脚
  • 発売日
    2017年1月11日
  • 書名
    風の視線(上): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

miya_003調べたら松本清張が「形影―菊池寛と佐佐木茂索」って本書いてるしなんかもう調べたらどこまで網が広がるかわからない。てか天衣無縫って。
revue_book松本清張「高校殺人事件」武蔵野台地の一画で、多摩川を見下ろす城跡に私たちの高校はある。高校三年生の私の仲間で詩人ポーの心酔者で、クラスメイトや先生から愛されていた通称「ノッポ」が学校裏の沼で絞殺死体となって見つかった。
17dome16『火の縄』/松本清張 稲富が主人公の小説です!著者殿は稲富の砲術の書を実際に見られながら書かれたそうですので火縄の事を知るのにもおすすめですっ!…ちょっとだけ忠興様やたま様が怖いんですけど(こそっ) #いなどめも
plum_Suikaku@imoko1199 なんか巻末にアニメ化のインタビューとかあったから初版は、もっと古いかもだけどね!おすすめありすぎて困るからいくつか選んで画像!松本清張すくないんですが((ミステリに絞ってみた!したいねー!! https://t.co/9EPAAP96v7
tkktyt昨今は電子書籍があるから、村上春樹じゃなくても、松本清張じゃなくても、みんなある種の小説家になれる時代。売り上げがどうなるかは分からないけど、いくらかの投資で、出版という人生経験が持てる事が、何よりも魅力。
senngokusamurai辛苦は部下と共にせよ。山中鹿之助の母★部下とは嬉しいお供、苦しいことも共にし、特に苦しいことは先頭に立って自分が引き受けないといけない★ 『山中鹿之助 [ 松本清張 ]』 [楽天] https://t.co/1WGZmN2NFF
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)