トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 name="誕生日"- 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の作家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。
以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。
緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される江上波夫、直木孝次郎、森浩一らによる。後述。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鷗外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやま ぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた森史朗|2008|pp=15-16。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

koolmattre黒革の手帖〈上〉 (新潮文庫)松本清張 (著) https://t.co/xOXCHNxtSp
fourleaves_t@otanuki813 松本清張 砂の器読んでヨシ、加藤嘉さん加藤剛さんの映画でヨシ涙、涙だよね…一度は捜査で秋田へ行ってしまったものの、よくぞ和賀英良を追い詰めた‼そんなズーズー弁、島根にあるとは思わなんだよね
rairen_bot1:キャメロン・ハイランド 2:軽井沢で起きた殺人事件 3:松本清張の作品 4:消えたシルク王の謎 A:熱い絹
hiyowana_yagi@iamr0b0t4 なお、漫画の参考資料として以下の2冊が記されていました。松本清張『ミステリーの系譜』中野並助『犯罪の通路』この辺にもビジュアルに触れるなにかがありそうですけども。まあ私としては満足結果なのでこの件は終了です。笑
Frontier_coba@mtbozanna クイーン、カー、チェスタトンみたいなところも好きです割と現代、日本のミステリはあまり読んでいないですね日本はほぼ森博嗣さんくらい松本清張さんは硬いイメージが勝手にあったのですが、読みやすくて滅茶苦茶面白くてビックリした覚えがあります
liferens老女の強盗殺人事件/無実の兄の復讐をする妹/松本清張の小説/山口百恵主演で映画化 → 『霧の旗』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)