トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやまぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

松本清張新刊

  • 発売日
    2017年12月25日
  • 書名
    英傑: 西郷隆盛アンソロジー (新潮文庫)
  • 発売日
    2017年11月9日
  • 書名
    象の白い脚: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)
  • 発売日
    2017年10月19日
  • 書名
    徳川家康 (新装版) (講談社 火の鳥伝記文庫)

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.2.7 小説家・額賀さん、神栖で講演 故郷の風景、作品に反映

    鹿行地域舞台 「自分に刻まれている」

  • 2017.12.23 「蜩ノ記」で直木賞、作家の葉室麟さんが死去

    地方からの視点で歴史を丹念に見つめた小説で知られ、「蜩ノ記」で直木賞を受賞した作家の葉室麟(はむろ・りん、本名・非公表)さんが23日午前2時、福岡市内の病院で死去した。

  • 2017.4.19 作家の読書道 第182回:塩田武士さん

    グリコ・森永事件に材をとった『罪の声』で話題をさらった塩田武士さん。神戸新聞の記者から作家に転身した経歴の持ち主と思ったら、実は学生時代からすでに作家を志望していたのだそう。大阪でお笑い文化に多大な影響を受けながら、どんな小説に魅せられてきたのか。影響を受けた他ジャンルの作品にもたっぷり言及してくださっています。

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ycmaihama読売新聞人気の連載や企画連載小説1886年1月から掲載。言文一致運動をリードした山田美妙の「武蔵野」、一世を風靡した尾崎紅葉の「金色夜叉」などで「文芸の読売」の名を高めた。このほか、甲田露伴、正宗白鳥、田山花袋、小川未明、吉川英治、松本清張らそうそうたるメンバーが執筆している。
manekineko14110/31第25回松本清張賞 300~600枚 500万 長編エンタメ
red10_booklazy[履歴] 作者登録履歴 第37位 松本清張(12/30) #ブクレジ
VeryYoungP松本清張の作品、刑事ドラマで知って好きな俳優さんの一人でした。たくさんありがとうございました、大好き
ossanhageエンタメ界の大損失だ。松本清張シリーズや、5年前に放送された「オリンピックの身代金」などなど思い出の作品が多い。私自身の喪失感も大きいわ
hamabin1NHKの松本清張シリーズ『依頼人』。財前亡きあと、鵜飼医学部長が花森ケイ子を口説いているようにしか見えない。 https://t.co/u7cbdKddcx
union_Jack_2525BOSSやWONDAのCMも好きだったなあ。あと松本清張のドラマとか。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)