トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやまぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

松本清張新刊

  • 発売日
    2017年6月23日
  • 書名
    P+D BOOKS 風の息 全3巻 合本版 P+D BOOKS合本版
  • 発売日
    2017年2月25日
  • 書名
    古代史疑 増補新版 (中公文庫)
  • 発売日
    2017年2月21日
  • 書名
    古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

040Baseball@eventsuzu 松本清張??親が好きだった気がするw
_GENTZっていうか松本清張が原作の黒革の手帖って昔ドラマしてなかったっけ?
05lurks松本清張の作品って、世の中にはこういうのが好きな人もいるんだよなあ…という点で興味深い
iwagawajozoこの独特な陰の暗さがあるのはやはり松本清張ですなぁ
uzr_nk武井咲の黒革の手帳、米倉涼子が神すぎて観てなかったんやけど、これはこれで面白いけどやっぱ米倉涼子が最高すぎたわ…松本清張の作品で一番好きな小説だから観ないでおこうと思ってたのに観てしまった(´・_・`)
chamnao14武井咲べっぴんやな〜〜お勉強させていただきます☺️#黒革の手帖松本清張は暗くて後味悪いから苦手〜〜なのについつい見てしまう
gonchancesun@yukimaroro 米倉涼子の方がもっと魔性の女だよね(๑˃͈꒵˂͈๑)松本清張は、最後ひっくり返されるからなぁ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)