トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやまぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

松本清張新刊

  • 発売日
    2019年2月8日
  • 書名
    火と汐 (文春文庫)
  • 発売日
    2019年2月8日
  • 書名
    中央流沙: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)
  • 発売日
    2019年2月8日
  • 書名
    火と汐 (文春文庫)

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

suketeta@Samurai_of_L 松本清張の点と線みたいに飛行、電車の時刻表とにらめっこしてるのですが解決策がみあたりません。
hit4boy松本清張『十万分の一の偶然』報道写真に過熱する素人カメラマンの実態を描いた社会派推理小説です。文学然としたその昔の作品と比べると、重厚さに欠けるようです。所々の薀蓄話しが、ストーリーを補完するというより冗長にうつってしまいました。 https://t.co/SoyiykOGjv
shincholive_bot『眼の気流』(松本清張)車の座席で戯れる男女に憎悪を燃やす若い運転手、愛人に裏切られた初老の男。二人の男の接点に生じた殺人事件を描く表題作等5編。 https://t.co/Kx8JNz73m6 #ebook #電子書籍
FukuiKazuharu山陰に行ってきました!写真は、出雲大社、湯野神社、鳥取砂丘
sono73講談社火の鳥伝記文庫の中でも異彩を放っているのはこの松本清張が書いた徳川家康だと思うのよー https://t.co/1er6KGbEeG
onishikyojinbot好きな推理小説。木々高太郎「人生の阿呆」、松本清張「表象詩人」、大下宇陀児「石の下の記録」、ヴァン・ダイン「僧正殺人事件」、ロス・マクドナルド「さむけ」、チャンドラー「長いお別れ」
keirekipedia藤木直人 - 【そのとき36歳】夜光の階段 (2009年4月 - 6月、テレビ朝日) - 主演・佐山道夫 役 ※ 松本清張 生誕100年スペシャル【出演】/ケイレキペディア - https://t.co/O0BQ2p2nHR
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)