トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。
以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。
緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやまぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

松本清張新刊

  • 発売日
    2019年4月11日
  • 書名
    高台の家: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)
  • 発売日
    2019年2月8日
  • 書名
    火と汐 (文春文庫)
  • 発売日
    2019年2月8日
  • 書名
    中央流沙: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

fmwtr中島が出演した「砂の器」の放送翌日がライブだったじゃん。長く触れたいじゃん。俺はそう言ってスタッフと戦ったね!松本清張さんの名作にうちの中島が出たんだよ?!その翌日にライブがあれば、語るっしょ!!フジテレビ60周年だよ?!その記念… https://t.co/SakLlCXsN5
onlyone_pikoやる夫スレのひとが松本清張賞を受賞したの、ボカロやってるひとがいつの間にか米津玄師になってたくらいめちゃめちゃすごい
KnightsofsaintJ坂上泉(旧カルピス)氏、第26回松本清張賞を見事勝ち取る https://t.co/Yvj9UeyasH @togetter_jpさんから
88_bouうお。やる夫スレの人が松本清張賞取った!何度も言うけど、氏の代表作「やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです」は名作。戦後の混沌を書ききった名作。故に今回の受賞も「わりと当たり前」という印象
tkktyt昨今は電子書籍があるから、村上春樹じゃなくても、松本清張じゃなくても、みんなある種の小説家になれる時代。売り上げがどうなるかは分からないけど、いくらかの投資で、出版という人生経験が持てる事が、何よりも魅力。
shincholive_bot『喪失の儀礼(新潮文庫)』(松本清張)医師と製薬界の荒廃した連繋と意外な愛憎関係がもたらした連続殺人事件を描く本格推理長編。https://t.co/PfOD6AqZX4 #電子書籍
denka_san【寄居がでてくる映画】●鬼畜 (1978年)監督:野村芳太郎脚本:井手雅人原作:松本清張製作:野村芳太郎野村芳樹出演者:岩下志麻緒形拳
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)