トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやまぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

松本清張新刊

  • 発売日
    2017年6月23日
  • 書名
    P+D BOOKS 風の息 全3巻 合本版 P+D BOOKS合本版
  • 発売日
    2017年2月25日
  • 書名
    古代史疑 増補新版 (中公文庫)
  • 発売日
    2017年2月21日
  • 書名
    古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

fukami_yukyaku松本清張の『老春』をもちだすと話がややこしくなるかもしれない。ご主人が好んで使ったということでいいのかもしれない。夫婦で道の駅めぐりなんて、可愛い。
iyo014君も松本清張を読むんだ
rtbot_rt「明日はノー残業デーなので、二時間早く出勤してください」という松本清張もびっくりの時間トリック nnnn330 その早出、サービスだったら…
otokohaminakuzuいい男が見つかったの?その男がOKなら、いい方法があるわ。今の時代、離婚なんて簡単にできるもの。松本清張の「三年待て」って小説があったけど、今はあれよりうんと簡単よ。
E_cho__老春というのは松本清張の本のタイトルにもあったし、老梅とか老桜のような静かな春のイメージも掻き立てる。言葉は変化するのが当たり前なので、正しい単語だとしてもそぐわない表現を使うの完全に言葉としての意義を喪っているとしか言いようがない。伝達手段なんだから内容を上手く伝達すればいい
sfc_shark松本清張に老春というのがあるんですね
harusaki75「明日はノー残業デーなので、二時間早く出勤してください」という松本清張もびっくりの時間トリック nnnn330 その早出、サービスだったら…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)