トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松本清張

松本清張

松本清張さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。
1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

“せいちょう”はペンネームで、本名は、“きよはる”と読む。
音読みのペンネームは小説家の中山義秀(「なかやまぎしゅう」、本名の読みは「よしひで」)に倣ったもの。もっとも清張は、「ぎしゅう」が本名であると勘違いをしていた。
編集者は、1950年代中盤まで清張を「きよはる」と読んでいた。

松本清張新刊

  • 発売日
    2018年8月8日
  • 書名
    殺人行おくのほそ道(上): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)
  • 発売日
    2018年8月8日
  • 書名
    殺人行おくのほそ道(下): 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)
  • 発売日
    2018年7月11日
  • 書名
    影の車: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)

受賞歴

松本清張関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

guutarakaasann松本清張氏や山崎豊子 さんなら、さぞかし面白い小説に書いてくれたろうなあ…#ケチって火炎瓶
vistashasse@meetme323 東急と京急くらい車両が違うなら、駆動音で分かる、、、のかな?? 松本清張ばりに難しいんじゃなきかなあ構内放送でバレるってのはあるよねw
SpiritSpots_【No.0489:旧天城トンネル】静岡県伊豆市湯ケ島と賀茂郡河津町梨本を繋ぐトンネル。正式名称『天城山隧道』。川端康成の『伊豆の踊子』や、松本清張の『天城越え』で有名。「甲冑姿の武士の霊が出没する」という噂がある。 https://t.co/YGHDCevIyF
key0may#松本清張サスペンス#眼の気流1994年的場さん主演。二谷さん佳那さん佐藤B作さん大澄さん、斉藤暁さんエンケンさん一柳さん深水さんがちょこっと。途中からB作さんが主役みたいだったな。いかにも松本清張な終わり方だったけど的… https://t.co/0ifv8SQm6D
trill_yukawa今回のお話は、松本清張と江戸川乱歩!どんな仕上がりになっているのか、ワクワクします!! https://t.co/RnbrtRKQcU
raiittabotQ.次の松本清張の小説のうち二人の刑事・三原紀一と鳥飼重太郎が活躍するものを全て選びなさい A.時間の習俗/点と線
kenjikooka東京地判平11年2月25日松本清張の作品の映像化に関して、題名、放送日、放送局、監督、視聴率などの項目を記載したリストについて、独自性・新規性がないとして、著作物ではないとした事例(作成の困難さや、資料としての価値は、著作物性の有無とは無関係)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松本清張さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)