トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 重松清

重松清

重松清さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

重松 清(しげまつ きよし、1963年3月6日 - )は、日本の作家。
岡山県久米郡久米町(現・津山市)の生まれ。出版社に勤務した後、ドラマ・映画のノベライズや雑誌記者、ゴーストライターなど、多くを手がけた。ほかに岡田幸四郎 など。
『ファイナルファンタジーシリーズ』で、有名な坂口博信が手がけるXbox 360用のゲームソフト『ロストオデッセイ』において、サブシナリオを担当する。
2007年度の第74回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲(めぐりあい)の作詞を担当した。作曲は高嶋みどり。
山本周五郎賞、講談社ノンフィクション賞選考委員。
2017年、早稲田大学文化構想学部客員教授を務める。

重松清新刊

  • 発売日
    2019年10月25日
  • 書名
    掌篇歳時記 秋冬
  • 発売日
    2019年10月25日
  • 書名
    掌篇歳時記 秋冬
  • 発売日
    2019年8月9日
  • 書名
    さすらい猫ノアの伝説 (講談社文庫)

受賞歴

重松清関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

重松清関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tennis223末期がんに関しては『カシオペアの丘で』(重松清)も読むべきだねがんと無関係な人はいない
edisoham君が話したい相手の心の扉は、 ときどき閉まっているかもしれない。 でも、鍵は掛かっていない。 鍵を掛けられた心なんて、 どこにもない。 ぼくは…そう教わって、 いまも、そう信じている。 by きよしこ、重松清
Honnomori_bot明日のぼくは今日のぼくとは違う。星のかけら/重松清
haniwa_hanii【好きな小説】星新一(午後の恐竜/宇宙のあいさつ/ふしぎな夢/きまぐれロボット)、加藤千恵(あとは泣くだけ/ハニービターハニー)、小手鞠るい(エンキョリレンアイ)、重松清(きみの友だち、その日のまえに)、角田光代(紙の月)、長野まゆみ(少年アリス/銀木犀)、太宰治(人間失格)
hit4boy重松清『その日のまえに』死にまつわる短編からなり、タイトル作へとつながる連作形式です。亡き人宛てに送られてくるダイレクトメールを見たときの心模様など、胸に突き刺さるシーンがちりばめられています。素直に泣けました。お見事です。https://t.co/ZJNsjkhjwq
akeduki_s#名刺がわりの小説10選シェーラひめのぼうけん/ 村山早紀月神の統べる森で/たつみや章自由の牢獄/ミヒャエル・エンデファンタージエン愚者の王/ターニャ・キンケル西のはての年代記/ アーシュラ・K・ル=グウィンエイジ/ 重松清盗神伝/ メーガン・ウェイレン・ターナー
kunibow重松清はどれの作品もNo. 1。ただ、読んだら無くしちゃう私の性格上、家にあったってことは、マジに最強な一冊なのでしょう、多分… https://t.co/EIVcdwJVbj
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
重松清さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)