トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 重松清

重松清

重松清さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

重松 清(しげまつ きよし、1963年3月6日 - )は、日本の作家。
岡山県久米郡久米町(現・津山市)の生まれ。出版社に勤務した後、ドラマ・映画のノベライズや雑誌記者、ゴーストライターなど、多くを手がけた。ほかに岡田幸四郎 など。
『ファイナルファンタジーシリーズ』で、有名な坂口博信が手がけるXbox 360用のゲームソフト『ロストオデッセイ』において、サブシナリオを担当する。
2007年度の第74回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲(めぐりあい)の作詞を担当した。作曲は高嶋みどり。
山本周五郎賞、講談社ノンフィクション賞選考委員。
2017年、早稲田大学文化構想学部客員教授を務める。

重松清新刊

  • 発売日
    2020年3月13日
  • 書名
    おじいちゃんの大切な一日 (幻冬舎単行本)
  • 発売日
    2020年3月6日
  • 書名
    ひこばえ (上)
  • 発売日
    2020年3月6日
  • 書名
    ひこばえ (下)

受賞歴

重松清関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.12.8 「あの泣ける小説が遂に映画に…!」 重松清の『ステップ』が山田孝之主演で実写映画化

    重松清の小説『ステップ』が、山田孝之主演で実写映画化されることが明らかに。國村隼や余貴美子、広末涼子といった俳優陣の出演も発表され、「あの泣ける小説が遂に映画に…!」「このキャストなら絶対に観たい」と話題になっている。

  • 2018.6.7 <91>小説の中の料理がカフェメニューに 「STORY STORY」

    小田急百貨店新宿店本館10階にある「STORY STORY」。真っ白くてオブジェのような店名サインの近くにはたくさんの雑貨が並べられ、左手にはカフェがある。でもよく見ると、雑貨の隣や、カフェのカウンターなどに本が飾られており、店の奥に進むにつれ、本棚が増えていく。

  • 2018.5.19 中国短編文学賞の入賞者決まる

    第50回中国短編文学賞(中国新聞社主催)は、作家高樹のぶ子さんによる審査の結果、大賞1編、優秀賞2編の入賞者が決まった。今回は、中国地方の5県の253人から計260編の応募があった。

重松清関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bot_oneofbook年明けに二度目の入院をするまでに、僕たちは、たぶん一生ぶんの涙を流した。(その日のまえに/重松清)
O65eP重松清「ナイフ」高校生くらいの時に「カシオペアの丘で」を読んだ際にベショベショに号泣した記憶があるので他のも読んで見ようかな〜と数年越しの気まぐれで手に取った。結果、ベショベショ。短編集で全部いじめをテーマにしている作品だったが… https://t.co/TSSeOPGPgE
nonozu重松清!!!!!!
ai06153905#名刺代わりの小説10選みぞれ(重松清)悼む人(天童荒太)まほろ駅前番外地(三浦しをん)昨夜のカレー、明日のパン(木皿泉)岸辺の旅(湯本香樹実)キッチン(吉本ばなな)センセイの鞄(川上弘美)しゃばけ(畠中恵)続く
encouraging_you勇気はいまの自分からしか湧いてこないんだよ.(作家 重松清) #genkidasite
domeigenene人間って不思議なもので、人との関係が煩わしくてストレスを感じるのに、人との関係の中でストレスを解消する。家庭でも社会でも、自分の存在って相手あってのもの。 重松清
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
重松清さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)