トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 葉室麟

葉室麟

葉室麟さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

葉室 麟(はむろ りん、1951年1月25日 - 2017年12月23日)は、日本の小説家。福岡県北九州市小倉生まれ。
福岡県立明善高等学校卒業。西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業。地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て、2005年に江戸時代元禄期の絵師尾形光琳と陶工尾形乾山の兄弟を描いた「乾山晩愁」で第29回歴史文学賞を受賞。
50歳から創作活動に入り、4年後に文壇デビューを果たした。2007年、「銀漢の賦」で第14回松本清張賞を受賞する。2012年、「蜩ノ記」で第146回直木三十五賞を受賞する。久留米市を拠点に、敗者や弱者の視点を大切にした歴史時代小説を生み出した。
2017年12月23日午前2時、病気により福岡県福岡市の病院で死去。病名は明かされていない。1951|1|25|2017|12|23。
2018年8月17日、都内でお別れの会が開かれ、小郡市の直木賞作家東山彰良は、「葉室さんは作品に自身の美学や哲学を込めていた。それはどんなにぶざまでも、どんなに理解されなくても、正しいことは美しいのだという美学。その美しさがきっと、誰かを救うという信念の下に小説を書いていた」と語り、八女市黒木町出身の直木賞作家安部龍太郎は、「優しく、思いやりが深い。自分よりも人のことを先に考える。人の痛みが分かる苦労人でもあった」と語り、故人を偲んだ。

葉室麟新刊

  • 発売日
    2019年8月23日
  • 書名
    孤篷のひと (角川文庫)
  • 発売日
    2019年8月9日
  • 書名
    決戦!関ヶ原2 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年8月9日
  • 書名
    決戦!関ヶ原2 (講談社文庫)

受賞歴

葉室麟関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

葉室麟関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

maki_moe清原果耶ちゃん目当てで少し見てみた #螢草 が「ワチャワチャしてなくて見易い時代劇だなぁ〜」と思ってたらエンドロールで原作が葉室麟さんと知り、納得。女中の役も上手い清原果耶ちゃん「旦那様」という言葉が、よく似合う品の… https://t.co/aA07zClBl9
kinokuniyasale風かおる (幻冬舎時代小説文庫) (葉室麟) が、紀伊國屋電子書籍で特価で246円引き70ポイント増の369円(40%OFF)、75ポイント還元になりました。https://t.co/bLrV7Sz18c
ykk1223本書『影ぞ恋しき』は、『いのちなりけり』『花や散るらん』と続いた、葉室麟の〈いのちの三部作〉の完結篇で、遺作。おもしろうござった。歴史上の登場人物も豪華絢爛。 https://t.co/RqI0im1pHK
TDYK_CURO「橘花抄」葉室麟(新潮社)……俺の息子、黒田光之の晩年のお家騒動を舞台とした小説。史料を踏まえつつ、創作を交えつつ、うまくオチの付いている小説だ。……とりあえず、吉兵衛ごめんな、本当にごめんな。父ちゃんが悪かった。
mori_kalafina冬姫/葉室麟 を読んでると結構、豊臣秀吉と蒲生氏郷の見方が変わってくる。若林さんがチャンバラ合戦で、光秀→秀吉→(次回)と役を変えていってるけど、次は蒲生氏郷じゃないか?と思えてくるくらいには洗脳されてる。
ya_boten葉室麟先生の恋しぐれを読んでいますが面白いですね。与謝蕪村と家族の物語。しみじみしてしまいます。読書の秋ですなあ。
kamu_4673葉室麟さんの本面白そうな本が多すぎてお金と時間が足りない
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
葉室麟さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)