トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 葉室麟

葉室麟

葉室麟さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

葉室 麟(はむろ りん、1951年1月25日 - 2017年12月23日)は、日本の小説家。福岡県北九州市小倉生まれ。
福岡県立明善高等学校卒業。西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業。地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て、2005年に江戸時代元禄期の絵師尾形光琳と陶工尾形乾山の兄弟を描いた「乾山晩愁」で第29回歴史文学賞を受賞。
50歳から創作活動に入り、4年後に文壇デビューを果たした。2007年、「銀漢の賦」で第14回松本清張賞を受賞する。2012年、「蜩ノ記」で第146回直木三十五賞を受賞する。
2017年12月23日午前2時、病気により福岡県福岡市の病院で死去。病名は明かされていない。1951|1|25|2017|12|23。

葉室麟新刊

  • 発売日
    2018年12月6日
  • 書名
    草雲雀 (実業之日本社文庫)
  • 発売日
    2018年11月20日
  • 書名
    曙光を旅する
  • 発売日
    2018年10月1日
  • 書名
    冬姫 3巻 (誰でも文庫)

受賞歴

葉室麟関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

葉室麟関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

palmera0809葉室麟さん、亡くなった後も続々新刊が出るからまだどこかで生きていらっしゃるののではと錯覚してしまう。新刊読みたいけど、全て読み終わってしまった時の悲しさが半端なさそうで手がつかないんだ…
TDYK_CURO「橘花抄」葉室麟(新潮社)……俺の息子、黒田光之の晩年のお家騒動を舞台とした小説。史料を踏まえつつ、創作を交えつつ、うまくオチの付いている小説だ。……とりあえず、吉兵衛ごめんな、本当にごめんな。父ちゃんが悪かった。
nakamuraotokich【草笛物語/葉室麟】豊後羽根藩シリーズの5作目。「蜩ノ記」で切腹した戸田秋谷の息子・順右衛門は、藩の中老として辣腕をふるっていた。姉・薫は、秋谷の見張り役だった檀屋庄三郎に嫁ぎ、国外れの薬草園の… → https://t.co/xZHOMJODpZ #bookmeter
kounanda_kitami朝日新聞出版さんから、葉室麟さんの「曙光を旅する」が入荷しました。「歴史の大きな部分ではなく、小さな部分を見つめることで、日本と日本人を知りたい」そんな思いに突き動かされ、九州から京都を中心にした旅エッセイ(朝日新聞西部本社版連載… https://t.co/1bKZ8Smn9j
hasuday1昼間の富士山もいいが、茜色の闇に黒いシルエットを映す夕暮れの富士山は特にいい。まさに「極上の孤独」である。「亡びないのは、一人一人の生き方だけだ」と葉室麟さんの言葉が下重さんのその著書にあった。同感である。
yuzurusecial@suttokodokkoiii 伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」良いですよ〜来年映画化されます
kemo29103葉室麟『蜩の記』、後輩に貸してもらって読んだらめちゃくちゃ良かった…続編読みたい…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
葉室麟さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)