トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 向田邦子

向田邦子

向田邦子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

向田 邦子(むこうだ くにこ、1929年(昭和4年)11月28日 - 1981年(昭和56年)8月22日)は、テレビドラマ脚本家、エッセイスト、小説家。第83回直木賞を受賞。
週刊誌のトップ屋時代は幸田 邦子名義で執筆していた。共同ペンネーム「葉村彰子」の一員でもある。
東京府荏原郡世田ヶ谷町若林(現・東京都世田谷区若林)生まれ。父親は高等小学校を卒業したあと第一徴兵保険(東邦生命保険。現、ジブラルタ生命保険)に給仕として入社し、そこから幹部社員にまで登りつめた苦労人。なお転勤族であったため一歳で宇都宮に転居したのを初めとして、幼少時から高等女学校時代まで日本全国を転々としながら育つ。菊池寛を輩出した四国の香川県の高松市立四番丁小学校卒業、東京都立目黒高等女学校、実践女子専門学校(現・実践女子大学)国文科卒業。
新卒で財政文化社に入社し、社長秘書として勤める。その後雄鶏社に転職し、「映画ストーリー」編集部に配属され、映画雑誌編集者として過ごす。雄鶏社を退社した後は脚本家、エッセイスト、小説家として活躍する。
1981年(昭和56年)8月22日、取材旅行中の台湾苗栗県三義郷で遠東航空機墜落事故にて死去。享年51。
法名は、芳章院釋清邦大姉。墓所は東京都府中市の多磨霊園。墓碑銘は森繁久彌による「花ひらき、はな香る、花こぼれ、なほ薫る」。遺品はかごしま近代文学館に寄贈され、常設展示されている。寄贈を決めた時の母・せいの言葉は「鹿児島に嫁入りさせよう」であった。

向田邦子新刊

  • 発売日
    2018年1月11日
  • 書名
    向田邦子を読む(文春ムック) (文春MOOK)

受賞歴

向田邦子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

向田邦子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mary2065mod@KatsWatauchi 由利徹さんと伴淳三郎さんは名人芸としか思えないですよね。こういう芸達者な脇役って絶滅してしまいましたよね。久世光彦さんのような演出できる人もなし、向田邦子先生みたいな洞察力ある脚本家もいない。そして… https://t.co/N2dhTPCN6I
KatsWatauchi食事シーンでヒデキが樹木希林に言う「きったねーな婆ちゃん!」が見たくて「寺内貫太郎一家2」YouTubeでお楽しみ中。左から左とん平、由利徹、伴淳、そして飲み屋シーンの坊屋三郎、母役加藤治子、脚本向田邦子、演出久世光彦、、、みんな… https://t.co/tAclq8fj0S
1128kuniko0822「赤坂にちょっといい店が出来たのよ」と向田さんが声をかけて下さった。(中略)麻地ののれんに"ままや"とある。「実はね妹の和子がやってるの」(中略)「おいしいものを頂きながら、おいしい話を肴においしいお酒を飲みましょう」とよく誘って下さった。(解説・藤田弓子『冬の運動会』向田邦子)
detailsbassこんだけ書いてりゃそりゃ至らないところもあります。誤字だって結構ある。でも作家の向田邦子さんだってそういうものを題材にして「眠る盃」という随筆を臆面もないくらいにおもしろおかしく書いてしまっているのはご存知の方も多いはずです。向田邦子さん、人気の女性作家でしたから。昔読みました。
osomatsu1028黒柳徹子もそうなんだけど向田邦子さんのエッセイで徹子から留守電が入ってて徹子が当時珍しかった留守電に驚きながら時間フルマックスで喋ってるんだけど、大事な用件にいかないうちに毎回留守電が『ピー』と時間切れ起こしてそれが何連続も入ってて最終的に『会って話すわね』っていう話ホント好き
ComingDown86『だいこんの花』1970~1977年 テレビ朝日系 全5部 脚本: 松木ひろし~向田邦子 音楽:冨田勤明治生まれの父とその息子の対立や葛藤を描いたドラマ。だいこんの花とは息子の母を表した父の言葉。森繁久彌 竹脇無我 加藤… https://t.co/DYAOGE7VsU
fragments_bot「女はね、死骸と暮したって、ちっとも楽しくなんかないのよ。生きて生き生きして、仕事して、儲けて、遊んでるあの人のほうが、辛いけど、ああ、あたしはこの人の女房だ、そういう実感があったわ」君子はたみの顔をのぞき込んで、「奥さん、あたし、老けたでしょ」(向田邦子『あ・うん』)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
向田邦子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)