トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 向田邦子

向田邦子

向田邦子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

向田 邦子(むこうだ くにこ、1929年(昭和4年)11月28日 - 1981年(昭和56年)8月22日)は、テレビドラマ脚本家、エッセイスト、小説家。第83回直木賞を受賞。
週刊誌のトップ屋時代は幸田 邦子名義で執筆していた。共同ペンネーム「葉村彰子」の一員でもある。
#年表
東京府荏原郡世田ヶ谷町若林(現・東京都世田谷区若林)生まれ。父親は高等小学校を卒業したあと第一徴兵保険(東邦生命保険。現、ジブラルタ生命保険)に給仕として入社し、そこから幹部社員にまで登りつめた苦労人。なお転勤族であったため一歳で宇都宮に転居したのを初めとして、幼少時から高等女学校時代まで日本全国を転々としながら育つ。香川県の高松市立四番丁小学校卒業、東京都立目黒高等女学校、実践女子専門学校(現・実践女子大学)国語科卒業。
新卒で財政文化社に入社し、社長秘書として勤める。その後雄鶏社に転職し、「映画ストーリー」編集部に配属され、映画雑誌編集者として過ごす。そのころ市川三郎の元で脚本を学び、シナリオライターを目指した。雄鶏社を退社した後は脚本家、エッセイスト、小説家として活躍する。
ホームドラマ作品の脚本家として現在も知名度は高く、『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』『阿修羅のごとく』といった人気作品を数多く送り出した。全盛期である1970年代には倉本聰・山田太一と並んで「シナリオライター御三家」と呼ばれた。
1981年(昭和56年)8月22日、取材旅行中の台湾苗栗県三義郷で遠東航空機墜落事故にて死去。享年51。
法名は、芳章院釋清邦大姉。墓所は東京都府中市の多摩霊園。墓碑銘は森繁久彌による「花ひらき、はな香る、花こぼれ、なほ薫る 久彌」。遺品はかごしま近代文学館に寄贈され、常設展示されている。寄贈を決めた時の母・せいの言葉は「鹿児島に嫁入りさせよう」であった。

受賞歴

向田邦子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

向田邦子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kingyo_amherst雑誌を買いに行ったらお目当てのものがなく、代わりに向田邦子のエッセイを買ってしまった。昔、寺内貫太郎一家やエッセイを読んだ記憶があるけれど、今読んでも文章のリズムが心地よくて、全く古臭い感じがしない。 https://t.co/NkMwdtHeaV
xxace_ik【舞台のお知らせ】舞台「白からはじまる世界」2021年6月9日~6月16日 上演決定。第35回向田邦子賞を受賞しドラマ・映画・舞台と多くの脚本を手掛ける矢島弘一新作書き下ろし作品。ものすごく楽しみです。是非、宜しくお… https://t.co/iP4yzA1kQt
1128kuniko0822思いつきを悪乗りしてそのままやってしまったり(略)テレビはすてきな玩具。(略)向田さんは(略)よく気がついてお転婆で、つつましやかで軽率で、顔はよく陽に灼けているけど胸元はどきっとするように仄白い、そんなすてきな遊び友達でした(解説・久世光彦『寺内貫太郎一家』向田邦子)
asakusa_sanpo #Nowplaying 昼の月エンディングテーマ(思い出トランプ) - 小林亜星 (向田邦子TVドラマサウンドトラック集) https://t.co/MecYZAS4sz
yingtian_youジェーン・スーさんを見てると向田邦子さんを思い出すなぁ。#生きるとか死ぬとか父親とか
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    向田邦子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)