トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 向田邦子

向田邦子

向田邦子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

向田 邦子(むこうだ くにこ、1929年(昭和4年)11月28日 - 1981年(昭和56年)8月22日)は、テレビドラマ脚本家、エッセイスト、小説家。第83回直木賞を受賞。
週刊誌のトップ屋時代は幸田 邦子名義で執筆していた。共同ペンネーム「葉村彰子」の一員でもある。
東京府荏原郡世田ヶ谷町若林(現・東京都世田谷区若林)生まれ。父親は高等小学校を卒業したあと第一徴兵保険(東邦生命保険。現、ジブラルタ生命保険)に給仕として入社し、そこから幹部社員にまで登りつめた苦労人。なお転勤族であったため一歳で宇都宮に転居したのを初めとして、幼少時から高等女学校時代まで日本全国を転々としながら育つ。菊池寛を輩出した四国の香川県の高松市立四番丁小学校卒業、東京都立目黒高等女学校、実践女子専門学校(現・実践女子大学)国文科卒業。
新卒で財政文化社に入社し、社長秘書として勤める。その後雄鶏社に転職し、「映画ストーリー」編集部に配属され、映画雑誌編集者として過ごす。雄鶏社を退社した後は脚本家、エッセイスト、小説家として活躍する。
1981年(昭和56年)8月22日、取材旅行中の台湾苗栗県三義郷で遠東航空機墜落事故にて死去。享年51。
法名は、芳章院釋清邦大姉。墓所は東京都府中市の多磨霊園。墓碑銘は森繁久彌による「花ひらき、はな香る、花こぼれ、なほ薫る」。遺品はかごしま近代文学館に寄贈され、常設展示されている。寄贈を決めた時の母・せいの言葉は「鹿児島に嫁入りさせよう」であった。

向田邦子新刊

  • 発売日
    2018年6月29日
  • 書名
    ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話

受賞歴

向田邦子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

向田邦子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

1128kuniko0822悲しい時悔しい時...せい子は歯を磨く。勢いよく。白い泡を盛大に立てて...。(もぐりの葬式『せい子・宙太郎』上/向田邦子)
yumyumn冷房があまり効かない定食屋さんで、向田邦子さんの著書を読んでいる。そのなかに、『ベルギーのブルージュという町、…。この町は北のベニスといわれる…。』というところ、北のペニスと読んでしまった。暑さは頭をボヤけさせます。暑さにお気をつけください。#猛暑
doramainfinity #健康で文化的な最低限度の生活 最終的に法テラスっていう物語としての起承転結は薄いけど、ヒロインのお仕事奮闘記としての描き方は良さそう。矢島弘一さんの脚本、まぁまぁの滑り出しかな。毒島ゆり子で向田邦子賞を取っただけに今後に期待。
queue1950久世光彦さんが向田邦子さんを偲び、毎年新春ドラマスペシャルを作ってなさった。そこに、戦争の頃のドラマがあった。置屋をしていたお母さんと電車で乗合わせ、行くところがないんだってお母さんについてきて、一緒に暮らした何ヵ月かの間に兵隊さんと恋に落ち、特攻で出撃する前の晩思いを遂げ(続)
osomatsu1028黒柳徹子もそうなんだけど向田邦子さんのエッセイで徹子から留守電が入ってて徹子が当時珍しかった留守電に驚きながら時間フルマックスで喋ってるんだけど、大事な用件にいかないうちに毎回留守電が『ピー』と時間切れ起こしてそれが何連続も入ってて最終的に『会って話すわね』っていう話ホント好き
qmabungaku【文字パネル】向田邦子の直木賞受賞作『花の名前』『かわうそ』『犬小屋』が収められた短編集の題名は『思い出○○○○』?□□□□┃ラッリクブ┃┃トドンプイ┃→トランプ
mAmekO16g向田邦子の眠り人形読み終わった、、遺作だったのをあとがきを読んでから知り、あの日あの飛行機に乗らなかったならばどんな続きがあっただろうと考えたりしてしまった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
向田邦子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)