トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三好京三

三好京三

三好京三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三好 京三(みよし きょうぞう、1931年(昭和6年)3月27日 - 2007年(平成19年)5月11日)は、岩手県胆沢郡前沢町(現・奥州市)出身の小説家。本名、佐々木 久雄(ささき ひさお)。
旧制・岩手県立一関中学校(現・岩手県立一関第一高等学校)卒業。学生時代の友人に後の作家・光瀬龍がいた。
前沢町役場勤務を経て、種市町立中野小学校及び種市町立宿戸小学校(現洋野町)に助教諭として赴任、その後1962年(昭和37年)に旧衣川村立(現奥州市)衣川小学校大森分校に赴任。1971年(昭和46年)には同校勤務の傍ら6年間掛けて慶應義塾大学文学部(第3類)を卒業した。在学中は国文学を専攻する。
妻が子宮摘出を受け子どもを授かることができなくなった経緯もあり、友人で作家・社会学者として知られるきだみのるの11歳の娘を養女に迎えた。父と放浪生活をしていた娘は、学校にも通わず、野性児のようだった。
その成長過程を描いた1975年(昭和50年)出版の『子育てごっこ』で文學界新人賞及び直木賞を受賞し、これが事実上の文壇デビューとなった。作家生活に入るため、1976年(昭和51年)に教職を辞した。ちなみに14年間勤めた衣川小学校大森分校は、2001年(平成13年)に学童数の減少により閉校となっており、旧校舎は「ふるさと自然塾」として用いられ、職員室と宿直室は「三好京三記念室」として保存されている。
その後、養女との共著も出していたが、養女が上京後に売春をおこなっていたことが写真週刊誌にスクープされ、スキャンダルに発展。さらに養女が三好から性的虐待を受けていたと主張したため、更なるスキャンダルとなった。1986年(昭和61年)には、養女が三好を批判する内容の手記を刊行、同年には養女と親しい花柳幻舟が『オッサン何するねん!─文化人エンマ帖』(データハウス)を刊行し、118ページにわたって三好を糾弾した。しかし、2004年(平成16年)に三好はメディアのインタビューに対して、養女が「悪いヤツにそそのかされて」やったことで、養女とは「とっくに和解」したと答えている。
三好は数多くの教育論を刊行したが、上記スキャンダル事件以後は少ない。小説には自身の教員体験や東北地方に題材を採った作品が多く、1987年(昭和62年)に刊行された『遠野夢詩人』は、『遠野物語(柳田國男)』の話者、佐々木喜善(佐々木鏡石)を題材にしている。また、奥州藤原氏を題材にしたものなど、平安-鎌倉期を舞台にした歴史小説も多い。
胆江日日新聞ほか地元新聞の論説においては、地域に根ざす文化から日本の社会や世相を逆投射するスタンスを得意とした。
死去まで岩手県に在住し続け、「前沢語」と自身が呼ぶ方言を話し、東北弁の研究者としても知られた。2007年(平成19年)3月下旬、入浴中に倒れ、奥州市内の病院に緊急入院。意識を回復せぬまま、同年5月11日、脳梗塞により死去。享年76。
日本文芸家協会、日本ペンクラブ会員

受賞歴

三好京三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三好京三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

satosiTS@HAYASE_Kou 三好京三もそれで教員をやめちゃったしね。三好は光瀬龍の高校同級生。十数年後、三好と同じ教員勤務ながら光瀬が作家として大成したことに刺激されて、三好も再び筆を取る。作品は直木賞を受賞しベストセラーになるが、その後の面倒で青色吐息となる。
bunkyu_qma_bot【No.526】第76回直木賞を受賞した三好京三の小説です(43%)こそだてごっこ
bunkyu_bot第76回直木賞を受賞した三好京三の小説です→こそだてごっこ
oohamanmatu大岡昇平がフランス語を学んだのがアテネフランセで。創立メンバーは三好京三と色々あった、きだみのるで。小林秀雄の弟子みたいな人で、中原中也を知ってて、戦後、その愛人と関係があって、その無頼な人が書いた小説なんだと思うと濃いです。
finegan_wake本日の生誕祭:宮沢賢治彼の童話は、自ら「イーハトーヴ童話」と名付けているが、出身の「岩手」から来ている言葉らしい。よほど印象的な単語なのか、三好京三の小説、谷山浩子のアルバム曲に登場する。冨田勲は「イーハトーヴ交響曲」を作曲した。 #宮沢賢治 #本日誕生日の人
aradon_3直木賞、第76回の三好京三『子育てごっこ』のあとは、第77回、第78回と受賞作なし。ちなみに第73回、第75回も受賞作なし。第74回は佐木隆三『復讐するは我にあり』とこれまたモデル小説。迷走してたのかなあ。『復讐するは我にあり』は面白かったけど。
12842987高橋一清の本にも少し出て来るが、私が一関一高3年生の時、高校の先輩である三好京三が直木賞を受賞。それに触発された私は、元々国立文系だったが、急遽東京の私大を受験することにした。本に携わる仕事をしたい、そのためには東京に出る必要がある。そう考えたから。そんなこともあった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三好京三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)