トップページ > 作家名一覧 > てから始まる作家名一覧 > 天童荒太

天童荒太

天童荒太さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

天童 荒太(てんどう あらた、1960年5月8日 - )は、日本の小説家・推理作家。男性。初期は本名の栗田 教行(くりた のりゆき)名義で活動した。代表作に『家族狩り』『永遠の仔』『悼む人』など。
愛媛県松山市出身。愛媛県立松山北高等学校、明治大学文学部演劇学科卒業。
童話・映画脚本などさまざまな賞に応募し、本名で投稿した「白の家族」が野性時代新人文学賞を受賞。『ZIPANG』『アジアンビート』など映画の脚本などを手がけた後に、天童荒太名義で小説を書く。ペンネームを変えたのは、「白の家族」で一度新人賞を取った後にミステリーの賞に応募することになり、「(同じ名義で)落ちたらみっともない」と考えたためで、当初はあとで本名に戻すつもりだった。「荒太」の由来は小説の登場人物につけようと考えていた名だが、それには平凡な名字が合わず、また父親が姓名判断の字画にこだわるタイプで、組み合わせ上良い字画の名字が「天童」しかなかったためこの名となった。自分の本来の性格とはかけ離れたイメージの氏名と思いつつも、担当者の勧めや受賞で大々的に発表されたなどもあり以後そのままこの名前で活動を続ける。のちに、本名からペンネームに移行することで書けなかったことが書けるようになったという実感があり、変えて「本当によかった」と述懐している。
代表作にベストセラーとなり、よみうりテレビ制作で連続ドラマ化もされた『永遠の仔』など。『包帯クラブ』は2007年9月に映画公開(堤幸彦監督)、また、『孤独の歌声』は、2007年11月にWOWOWドラマW枠にて内山理名主演で映像化された。
2009年1月、『悼む人』によって第140回直木賞を受賞。
寡作で知られる。また初期作品は文庫化の際に大幅に改稿しており(『永遠の仔』以降は少々の改稿に留めている)、山本周五郎賞を受賞した『家族狩り』は物語の骨組みや結論はそのままだが、登場人物などの設定や性格、途中発生する事件の描写などが大幅に変更されており、まったく別の作品に仕上がっている(このことについては、大ベストセラーとなった『永遠の仔』が強く影響しているらしい)。
インターネットには触れず、携帯電話も所有していないという。

天童荒太新刊

  • 発売日
    2019年1月4日
  • 書名
    ムーンナイト・ダイバー (文春文庫)

受賞歴

天童荒太関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

天童荒太関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

amenone1【松雪泰子】家族狩り ドラマ キャスト あらすじ 感想ネタバレ【天童荒太/北山宏光】 - NAVER まとめ https://t.co/ArY3pZMLty
kitap__何か大きな事件が起きると、創作人は創作に織り込むことで消化をする、というのを夜明け告げるルーのうたと、天童荒太さんのムーンナイトダイバーでそのうち書きたい
ko10ba隠しごとのないことが、よい家族であるような幻想があるけれど、わたしには、家族ほど秘密の多い集まりはないし、秘密を抱えたままだからこそ、どうにかまだ家族として暮らしていけるのだという気がする。『孤独の歌声』天童荒太
Atsu_21_0406何かのきっかけで、自分が 心の自由を奪われて いたことに気づいたとき、 初めて自分自身もまた、 無知なるままに、 身近にいる大切な人を、 同じように縛りつけていた と気づくのです。 by 家族狩り、天童荒太#格言 #名言 #共感したらRT
iyashinomeigen人と一緒に生きるってことは…大事な相手を傷つけたり、こっちが傷つけられたりすることも、増えるってことだから…本当は怖いことだし、危うい面も、あるはずだろ?(あふれた愛、天童荒太)
sorairoletter@CK_467 @katsuo_yamasita 原作は天童荒太氏ですね。『永遠の仔』についていた読者カードのハガキ。感想というより、子育てに悩んでいる自分の気持ちを吐露したようなことを綴った。誰かに聞いてほしかった。3… https://t.co/MTaG2QLYcF
yokohamahamstar「支えにして、生きてゆかなきゃね……焦らないでいいよ、忘れる必要もないだろう。大切にして、抱えて、生きてゆけるのなら、そのほうがいいよ」永遠の仔/天童荒太
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
天童荒太さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)