トップページ > 作家名一覧 > てから始まる作家名一覧 > 天童荒太 > 永遠の仔

永遠の仔(天童荒太)

永遠の仔(著者:天童荒太)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)
  • 著者:天童 荒太
  • ページ数:396
  • 出版社:幻冬舎
  • ISBN-10:4344405714
  • ISBN-13:9784344405714

永遠の仔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.7.4 いま、改めて問う家族の物語。天童荒太『家族狩り』ドラマスタート

    7月4日、夜10時よりTBS系でドラマ『家族狩り』がスタートする。

  • 2012.12.11 「歓喜の仔」を刊行、天童荒太さん

    書くうちに見えた「答え」 天童荒太さん(52)の新刊『歓喜の仔(こ)』(幻冬舎、上下巻)は、失踪した父の残した借金を返しながら、寝たきりの母の面倒を見る幼いきょうだい3人の"戦い"を通し、人はどうすれば、この生きづらい世の中を生き抜くことができるのか、と問う作品だ。直木賞を受けた『悼む人』以来4年ぶりとなる長編は、時に人に勇気を与え、時に人生の道標となる「物語の力」にあふれる。

天童荒太のその他受賞歴(候補含む)

永遠の仔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sabaku_ikitaiDay 6心をズタボロにされた本:天童荒太『永遠の仔』天童荒太はどの作品も辛いんだけれども、これは段違いにしんどくて…でも好き…#30daybookchallenge https://t.co/I4oJVwKIhd
kokuunnnn天童 荒太氏永遠の仔…『みんな、ほめられたがってるのよ。ほめてくれる人と出会えたことで、充分なのよ/口に出すこことができれば、悩みの大きさが、客観的に見えてくる場合がある』自分を産んで育ててくれた人を大切にしないなんて、自分… https://t.co/OQoEcoZR55
Konoi17お久しぶりです( ´∀`)
nekozitank改訂版!#名刺代わりの小説10選 ・廃用身/久坂部羊・光/三浦しをん・博士の愛した数式/小川洋子・ガダラの豚/中島らも・陰翳礼讃/谷崎潤一郎・放課後の音符/山田詠美・ハサミ男/殊能将之・ノースライト/横山秀夫… https://t.co/jXNrYcbUUx
otsuki_momo久しぶりに天童荒太さんの「永遠の仔」読んでたら、観たくなってしまった。ドラマのDVDを購入したのは2作だけで、これはそのうちの1作。小説も不朽の名作だけどドラマも名作。キャストがどんぴしゃだわ。天童さんの作品の映像化だと「家族… https://t.co/RwpRF66Ne0
osaka7honeDAY6天童荒太さんの永遠の仔何がそこまで刺さったのか読みながら呼吸困難になる程泣いたこれまでに読んだ本の中で一番泣いた作品苦しすぎて二度と読み返せないと思ってる https://t.co/4GEFSzPvkZ
mocabeans724【永遠の仔〈5〉言葉 (幻冬舎文庫)/天童 荒太】かなり昔に読んだ本を再読。親からの虐待がそこかしこに書かれていて、とても辛く重たいストーリーで読んでいてしんどいのですが、その世界にはいりこんで… → https://t.co/uWp1BZn3Ku #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)