トップページ > 作家名一覧 > てから始まる作家名一覧 > 天童荒太 > 永遠の仔

永遠の仔(天童荒太)

永遠の仔(著者:天童荒太)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)
  • 著者:天童 荒太
  • ページ数:396
  • 出版社:幻冬舎
  • ISBN-10:4344405714
  • ISBN-13:9784344405714

天童荒太新刊

  • 発売日
    2019年10月3日
  • 書名
    巡礼の家
  • 発売日
    2019年10月3日
  • 書名
    巡礼の家 (文春e-book)

永遠の仔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.7.4 いま、改めて問う家族の物語。天童荒太『家族狩り』ドラマスタート

    7月4日、夜10時よりTBS系でドラマ『家族狩り』がスタートする。

  • 2012.12.11 「歓喜の仔」を刊行、天童荒太さん

    書くうちに見えた「答え」 天童荒太さん(52)の新刊『歓喜の仔(こ)』(幻冬舎、上下巻)は、失踪した父の残した借金を返しながら、寝たきりの母の面倒を見る幼いきょうだい3人の"戦い"を通し、人はどうすれば、この生きづらい世の中を生き抜くことができるのか、と問う作品だ。直木賞を受けた『悼む人』以来4年ぶりとなる長編は、時に人に勇気を与え、時に人生の道標となる「物語の力」にあふれる。

天童荒太のその他受賞歴(候補含む)

永遠の仔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

opera_box5柚月裕子「蟻の菜園」読了天童荒太「永遠の仔」もだけど、ネグレクト関連物はお話でもやはりツライ。子は産みの親を選べない。少なくとも今の法では救えない子もいるのは事実。前半でカラクリは読めてしまうので、解っている道筋を確認してい… https://t.co/e1dD0vW0Tj
booska35776778@HattoriYoriko 大好きです!小太郎には柴友さん沢山います!天童荒太の永遠の仔はサスペンスタッチですが推理作家とは少し路線が違うかな?家族の闇、心の闇が多い気がします。是非映像が見たいというので貸し出しました!
mh_tokunagaナイス 【永遠の仔〈5〉言葉 (幻冬舎文庫)/天童 荒太】全巻読み終わる。ヒューマン的な重い題材が書かれているがミステリー小説としての「すごさ」を感じる。あとがきに書かれている天童荒太氏の真摯な… → https://t.co/0vixCHURm9 #bookmeter
63rZyr3eYETQgds昔読んだ本の感想「天国への階段」白川道北海道の浦河にあった馬産地の牧場を騙し取られ父親が自殺、愛する女性にも裏切られた柏木。20数年後、実業家になった彼は復讐に走る。そして……。やはり復讐物は重い。天童荒太さんの「永遠の仔」の次に読んだので余計に重く感じたのかも。
everydaymohu天童荒太さんの永遠の仔悼む人好き。
kamedoraラストに一筋微かな希望が差し込むところは天童荒太の「永遠の仔」を思い出しました。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)