トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 2009年−第140回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

2009年−第140回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、次第に中堅作家中心に移行、現在ではほぼキャリアは関係なくなっており、長老級の大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説に限定しても)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎は25年目の受賞である。。

第140回—2009年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

naoki_syou信長、秀吉……権力者たちの陰で、凄絶な死闘を展開する二人の忍者の生きざまを通して、かげろうの如き彼らの実像を活写した長編。直木賞受賞作『梟の城』司馬遼太郎
bungakukan_ymns「玉手箱」通信⑪周五郎のように読みやすい字ばかりではありません。くせ字№1は木々高太郎、本名林髞(たかし)。1937年に直木賞を受賞した甲府市生まれの推理小説家で大脳生理学者。展示中の「神経症」原稿は本名で書かれた医学エッセイ。… https://t.co/wB18YQZuG2
raisen_bot2_qmaNo.60 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒高橋治―秘伝、神吉拓郎―私生活、森田誠吾―魚河岸ものがたり
muranaga[MM読了] ぼくらの近代建築デラックス! (文春文庫) https://t.co/2z2QRSk5o4 単行本を読んだが、文庫化にあたり 2編追加されている。門井慶喜が直木賞受賞したので、この文庫も平積みになっており、文庫化されていたのに気づいたのだった。…
qma_lsjnat_bot直木賞を受賞した時の年齢が若かった順⇒堤千代→朝井リョウ→平岩弓枝→山田詠美→三浦しをん
OHKEN_bot「直木賞だ!芥川賞だ!ノーベル文学賞だ!」(文豪ボースカ)
qmabungaku【スロット】1956年に小説『お吟さま』で直木賞を受章した作家で代表作に映画化もされた小説『悪名』があるのは?┃掘|東|彦┃┃今|杜|光┃┃森|官|一┃┃北|辰|夫┃→今東光(こん とうこう)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)