トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山本兼一

山本兼一

山本兼一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山本 兼一(やまもと けんいち、1956年7月23日 - 2014年2月13日)は、日本の小説家。
京都市生まれ。京都市立紫野高等学校、同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻卒業。出版社、編集プロダクション勤務、フリーライターを経て作家デビュー。
松尾芭蕉などを専門とする国文学者・山本唯一(大谷大学名誉教授)の長男として京都府に生まれる。先祖は代々新潟県真宗寺院の僧侶。2012年10月に肺腺癌で一度入院。2013年12月中旬に病状が悪化して再入院し、病床で執筆を続けていた。2014年2月13日午前3時42分に原発性左上葉肺腺癌のため京都市の病院で死去。1956|7|23|2014|2|13。
雑誌『中央公論』に2013年11月号から連載していた「平安楽土」が絶筆となった。最後となった同作の第6回を編集者に送ったのは死去前日、亡くなる約5時間半前であった。
*1999年 - 「弾正の鷹」で小説NON創刊150号記念短編時代小説賞佳作
*2002年 - 『戦国秘録 白鷹伝』でデビュー
*2004年 - 『火天の城』で第11回松本清張賞受賞
*2005年 - 『火天の城』で第132回直木三十五賞候補
*2008年 - 『千両花嫁』で第139回直木三十五賞候補
*2009年 - 『利休にたずねよ』で第140回直木三十五賞受賞、『火天の城』映画化
*2013年 - 『利休にたずねよ』映画化

山本兼一新刊

  • 発売日
    2018年8月3日
  • 書名
    利休にたずねよ (文春文庫)

受賞歴

山本兼一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山本兼一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ystkttrabu山本兼一著『銀の島』は我が大内も領有した石見銀山を巡る小説です。登場人物にお屋形様もお会いしたザビエル殿や、倭寇として名高き王直がいたりとこの時の日の本のわーるどわいどな感じが伺えます。これを読んだら石見銀山にもぜひ訪れてくださいね!私どもが生きた時代を感じて頂けたらと思います
tyoony信長死すべし 山本兼一帝から勅命?が光秀に下る。「われらは、今宵、内裏におわします帝の勅命により、織田信長めを弑し奉る。されば、これは謀叛にあらず、朝命なり」セリフ回しから情景描写から全てが戦国の世を臨場感たっぷりに感じさせる。… https://t.co/gAcjvMU8oA
Warautsukinoura #僕の私の心の100冊 《第9夜 時には昔の話を。 五ツの時代小説》046:浅田次郎『一刀斎夢録』047:山本兼一『利休にたずねよ』048:隆慶一郎『柳生非情剣』049:海音寺潮五郎『平将門』050:大佛次郎『赤穂浪士』#ツキノウラガワコレクション
63stratcaster山本兼一「ジパング島発見記」読了。ザビエル、フロイスら、16世紀来日した7人の宣教師の見た日本。もし他教人だったらどう違ったか?興味が沸くところ。何れにせよ日本の素晴らしさは、世界を知れば知る程確信となるので御座るな。特筆すべき読… https://t.co/S75uC6o5e7
kabutoushi123儲けようと欲をかけば狼狽して胸がドキドキする。損を心配したら身が縮む。世間の相場もわからなくなる。平常心でしっかりと方針を思い定めたら、あとはそのときの小さな値動きにこだわらず、ずんずん商売を進める。「命もいらず名もいらず:山本兼一」より
_tengoku_jigok儲けようと欲をかけば狼狽して胸がドキドキする。損を心配したら身が縮む。世間の相場もわからなくなる。平常心でしっかりと方針を思い定めたら、あとはそのときの小さな値動きにこだわらず、ずんずん商売を進める。「命もいらず名もいらず:山本兼一」より
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山本兼一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)