トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山本兼一

山本兼一

山本兼一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山本 兼一(やまもと けんいち、1956年7月23日 - 2014年2月13日)は、日本の小説家。
京都市生まれ。京都市立紫野高等学校、同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻卒業。出版社、編集プロダクション勤務、フリーライターを経て作家デビュー。
松尾芭蕉などを専門とする国文学者・山本唯一(大谷大学名誉教授)の長男として京都府に生まれる。先祖は代々新潟県真宗寺院の僧侶。2012年10月に肺腺癌で一度入院。2013年12月中旬に病状が悪化して再入院し、病床で執筆を続けていた。2014年2月13日午前3時42分に原発性左上葉肺腺癌のため京都市の病院で死去。1956|7|23|2014|2|13。
雑誌『中央公論』に2013年11月号から連載していた「平安楽土」が絶筆となった。最後となった同作の第6回を編集者に送ったのは死去前日、亡くなる約5時間半前であった。
*1999年 - 「弾正の鷹」で小説NON創刊150号記念短編時代小説賞佳作
*2002年 - 『戦国秘録 白鷹伝』でデビュー
*2004年 - 『火天の城』で第11回松本清張賞受賞
*2005年 - 『火天の城』で第132回直木三十五賞候補
*2008年 - 『千両花嫁』で第139回直木三十五賞候補
*2009年 - 『利休にたずねよ』で第140回直木三十五賞受賞、『火天の城』映画化
*2013年 - 『利休にたずねよ』映画化

山本兼一新刊

  • 発売日
    2017年7月6日
  • 書名
    合戦の日本史 (文春文庫)

受賞歴

山本兼一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山本兼一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tomoyukintoki【歴史街道応援】「歴史街道」連載小説から、直木賞受賞の名作。 己れの美学だけで天下人・秀吉と対峙した男・千利休。茶聖ではなく、人間利休に心魅かれる著者が、その謎に包まれた生涯を解き明かす。 山本兼一「利休にたずねよ」 PHP文芸文庫 @PHPInstitute_PR
seiko_toushi儲けようと欲をかけば狼狽して胸がドキドキする。損を心配したら身が縮む。世間の相場もわからなくなる。平常心でしっかりと方針を思い定めたら、あとはそのときの小さな値動きにこだわらず、ずんずん商売を進める。「命もいらず名もいらず:山本兼一」より
PHP_ebook_JP【Available in US!】『コミック 利休にたずねよ』(山本兼一/RIN)電子書籍はGoogle Play Booksで購入可能です!千利休の伝説のベールを思いがけない手法で剥がした山本兼一の小説をコミック化! https://t.co/nIBzGi7Lcm
yuppi0【本棚登録】『千両花嫁―とびきり屋見立て帖 (文春文庫)』山本 兼一 https://t.co/h4P9xGP5H8
Sto_kra2@Xephyr2009 私は野心説に一票。信長にも明らかに油断があった。信長が軍事的に無防備なまま、京都に入るというのを見て発作的にという可能性もありますね。私の見立てとは違うが、山本兼一という人の「信長、死すべし」という歴史ミス… https://t.co/5ThYMuTw38
metroshoten長崎ウエスレヤン大学×メトロ書店コラボ「書店DEビブリオバトル」大盛況でした!今日の本は「空からのぞいた桃太郎」「勉強の技術」「あとは野となれ大和撫子」「利休にたずねよ」チャンプ本は「利休にたずねよ」(山本兼一、新潮文庫)でした!… https://t.co/jk6a7SIvFf
Kyamipan2222永徳と等伯を比べると明らかに永徳の方が格上。山本兼一『花鳥の夢』だとかなり等伯が格好良く書かれていて、永徳が残念な感じに。ともかく、私は九州に行きたい!!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山本兼一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)