トップページ > 公募新人賞一覧 > 松本清張賞 > 2004年−第11回 松本清張賞

松本清張賞

2004年−第11回 松本清張賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

松本清張賞(まつもとせいちょうしょう)は、1992年(平成4年)に死去した松本清張の業績を記念して1993年(平成5年)に創設された、良質な長篇エンターテインメント小説(第11回以降。第10回以前に関しては後述)を表彰する公募の文学賞。公益財団法人日本文学振興会が主催、文藝春秋が運営する。

第11回—2004年

松本清張賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

松本清張賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松本清張賞関連つぶやき

f5zeLiCyxmlcCmK松本清張賞も、一次のみ通過でした。嬉しい❗でも、もう少し上に行きたかったな。2日続けて二次落ちの現実……。今は、ほぼ数行しか進まない日常だけれど、ぼちぼち趣味は続けよう。#松本清張賞
calpistime第27回松本清張賞の中間発表が出てたの巻https://t.co/S9DufFKPYh前回、私と共に最終選考に残られていた山中ミチルさんが再び二次選考を突破されていて、同じ戦線を踏んだ戦友と再び相まみえたような心持ちでおりまする
JF204ニュートンが万有引力のアイデアを思いついたのが、ケンブリッジ大学がペストで閉鎖となり故郷に帰っている休暇中のことだったように、文学学校が閉鎖している間に誰かが松本清張賞くらい取ってしまうかもしれないではないか。
Oboro_rlyeh14:やる夫達は戦後の裏舞台を戦い抜くようです戦後日本を舞台に実際の事件、人物を軸に、裏社会で諜報組織を立ち上げ、関わっていった男たちの足跡を描いた作品。作者の坂上泉氏は後年、松本清張賞を受賞されたそうで、なるほどと感じる重厚と言える筆致で描かれる日本戦後史が圧巻。
mys_sus_bot【タイピング】1998年に第5回松本清張賞を受賞した、作家・横山秀夫のデビュー作は『○の季節』?→陰
qmajun1文学賞の制定順日本推理作家協会賞(1948)→江戸川乱歩賞(1955)→吉川英治文学新人賞(1980)→横溝正史賞(1981)→鮎川哲也賞(1990)→松本清張賞(1994)→メフィスト賞(1996)→大藪春彦賞(1999)
kurotuki_2未須本 有生 みすもと ゆうき有生→ゆうき 推定脅威 松本清張賞 https://t.co/Ylwdatga9d
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)