トップページ > 公募新人賞一覧 > アガサ・クリスティー賞

アガサ・クリスティー賞

アガサ・クリスティー賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

アガサ・クリスティー賞(アガサ・クリスティーしょう)は、株式会社早川書房と公益財団法人早川清文学振興財団が主宰する長編推理小説の公募新人賞。イギリスの推理作家で「ミステリの女王」と呼ばれるアガサ・クリスティー(1890年 - 1976年)の生誕120周年を記念したもので、英国アガサ・クリスティー社の協力のもと、2010年に新設された。
400字詰め原稿用紙換算で400枚から800枚の、日本語で書かれた未発表の推理小説を募集する。受賞者にはアガサ・クリスティーにちなんだ賞牌と、副賞の賞金100万円が与えられる。

第2回2012年

第1回2011年(応募総数:107)

アガサ・クリスティー賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

アガサ・クリスティー賞関連つぶやき

gnue@miura1729 第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞だそうですhttps://t.co/e8Uf3niCvU
kiyokiyo_2020同志少女よ、敵を撃て / 逢坂冬馬 #読了第十一回アガサ・クリスティー賞受賞作にして話題が話題を呼び続けている本作。ナチ・ドイツとソ連の全面戦争
rojion『同志少女よ、敵を撃て』読了。単に面白かったですまない満足感。アガサ・クリスティー賞受賞というのでタイトルから想像するのとまた違う内容なのかと思っていたがタイトルそのままだった。調べたらアガサ・クリスティー賞は広義のミステリが対象とだった。デビュー作にして直木賞候補も納得。
ina_hina直木賞候補にもなっている「同志少女よ、敵を撃て」早川書房(逢坂冬馬・著)を読んでいるが、これ凄い。セラフィマを思いながら読む手が止まらない…!アガサ・クリスティー賞も納得ね。以前読んだ「神の棘」新潮文庫(須賀しのぶ・著)を思い出した。展開がちょうど双方から来ているような感覚。
yaesu_book【上永谷店】第166回 #直木賞 が明日発表。今回も実力派揃いですが、デビュー作でアガサ・クリスティー賞大賞を受賞した #逢坂冬馬 氏の『同志少女よ敵を撃て』→https://t.co/HMmTq6YLSxは注目の一作。… https://t.co/Cc4eaHr7Ye
anna_fiction全編を通して生々しく、変に英雄的でないところに好感。心躍るような戦争でない。そこには人が居、死があるという、それだけが描かれ、その姿勢はすごく誠実だと思った。なぜアガサ・クリスティー賞??と不思議に思っていたが、狙撃手同士の腹の探り合いは確かにミステリだわ。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)