トップページ > 公募新人賞一覧 > 横溝正史ミステリ大賞

横溝正史ミステリ大賞

横溝正史ミステリ大賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

横溝正史ミステリ大賞(よこみぞせいしミステリたいしょう、英称:''YOKOMIZO SEISHI MYSTERY AWARD'')は、株式会社KADOKAWA(社内ブランド・角川書店)が主催しテレビ東京の協賛により行われる日本の公募新人文学賞である。

第32回2012年(応募総数:160)

大賞

第31回2011年(応募総数:137)

大賞

第30回2010年(応募総数:223)

テレビ東京賞

優秀賞

第29回2009年(応募総数:219)

大賞・テレビ東京賞

第28回2008年(応募総数:217)

大賞

  • 該当なし

テレビ東京賞

第27回2007年(応募総数:198)

大賞

大賞

テレビ東京賞

第26回2006年(応募総数:193)

大賞

テレビ東京賞

以前のデータ(全データ一括表示

横溝正史ミステリ大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.11.29 ホラー小説大賞2作品、次回から刷新

    日本ホラー小説大賞は、次回から横溝正史ミステリ大賞と統合され、「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」へとリニューアルする。多彩な作品を生みだし、ホラーというジャンルを切りひらいてきたこの賞を締めくくる第25回は、初めて2作が大賞となった。古代エジプトの呪いにまつわる福士俊哉さん(58)の『黒いピラミッド』(KADOKAWA)と、読者賞とのダブル受賞となった秋竹サラダさん(26)の学園ホラー『祭火小夜の後悔』(同)。2作の刊行を機に、年齢も作風も対照的な2人の著者に話を聞いた。

  • 2018.4.24 日本ホラー小説大賞、2作品を発表

    第25回日本ホラー小説大賞(KADOKAWAなど主催)が24日発表され、大賞に秋竹サラダさん(26)の「魔物・ドライブ・Xデー」と福士俊哉さん(58)の「ピラミッドの怪物」に決まった。

  • 2016.12.6 【今週はこれを読め! ミステリー編】白井智之『おやすみ人面瘡』を怖いもの見たさでも読むべし!

    2014年、白井智之は食用のためにヒトのクローンが生産される世界を描いたデビュー作『人間の顔は食べづらい』を応募して横溝正史ミステリ大賞選考会場を騒然とさせた。

横溝正史ミステリ大賞関連つぶやき

mayayutakabot「隻眼の少女」(2010年9月)文春文庫 日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞を受賞した著者後期の最高傑作。水干姿の美少女ツンデレ探偵御陵みかげが横溝正史ばりの因習に満ちた連続殺人事件に挑む。これまでの著者のギミックが詰まった集大成。mikagemisasagi
jamyokomizomaya麻耶雄嵩デビュー30周年全著作紹介⑬「隻眼の少女」(2010年9月、文藝春秋) 「2011本格ミステリ・ベスト10」第1位&日本推理作家協会賞&本格ミステリ大賞受賞の代表作。水干姿の美少女ツンデレ探偵御陵みかげが横溝正史ばりの因習に満ちた連続殺人事件に挑む。表紙モデルは高根美里。
kiichiros【鈴木輝一郎小説講座動画ダイジェスト・ゲスト逸木裕】受賞してから刊行までどのぐらい直すのか 受講生逸木裕さんが横溝正史ミステリ大賞を受賞して、その受賞報告インタビュー。金田一耕助像をこんなに間近で観るこたぁ滅多にないっす>https://t.co/r688g4laHO
QMA_Mys_Bot2[エフェ]2011年に『消失グラデーション』で横溝正史ミステリ大賞を受賞「長沢樹」 → ながさわいつき
raisen_bot_qmaNo.653 次の文学賞と、その主催者の正しい組み合わせを選びなさい⇒谷崎潤一郎賞―中央公論新社、オール読物新人賞―株式会社文藝春秋、横溝正史ミステリ大賞―角川書店
kisakimina横溝正史ミステリ&ホラー大賞、何を書こうかなーと思ってたり。人間が怖い系のサイコホラー書きたいのですよね。となると、ミステリ要素も入れた方が楽しくなるなぁ。今はまだ靄に包まれているけど、絶対に後で形になって掴める。
nekozitank@basashi_90 横溝正史ミステリ&ホラー大賞と聞いては手を出さずにいられんかったんじゃ
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)