トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 恩田陸

恩田陸

恩田陸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

恩田 陸|おんだ りく|本名:熊谷 奈苗|くまがい ななえ、1964年10月25日 - は、日本の小説家。青森県青森市生まれ、宮城県仙台市出身。
1964年(昭和39年)10月25日、青森県青森市で生まれる。1966年(昭和41年)頃に愛知県名古屋市へ移住。1972年(昭和47年)に富山県富山市へ移り、小学2年から5年まで富山市立五番町小学校(現:富山市立中央小学校)に通った。1976年(昭和51年)に秋田県秋田市へ移り、小学5年の終わりから卒業まで秋田市立旭北小学校に通った。1979年(昭和54年)の中学3年時から水戸市立第一中学校に通い、茨城県立水戸第一高等学校を卒業するまで茨城県水戸市で過ごした、新聞部ではエッセイを書いていた。「宮城県生まれ」と書かれることもある。
1983年(昭和58年)に早稲田大学教育学部国語国文学科に入学すると、同大のビッグバンドのハイソサエティー・オーケストラに所属してアルト・サックスを演奏した。また2年次にはワセダミステリクラブに所属したが、本格ミステリを読む人がいなかったのでごく短期間だけになる。
1987年(昭和62年)に同大を卒業、卒論は『荷風と東京』。生命保険会社のOLとして働いたが、2年後に過重労働で入院。作家は年配者だという思い込みがあり、いつか遠い先に作家になれたらと思っていたが、復帰後に酒見賢一の『後宮小説』を読み、その才能と、作者の年齢が1歳上であまり違わず、ショックを受け、勤務しつつ半年後に作家活動を開始した。その後も忙しく、本が読めないのが主な不満で、入社後4年で退職した。
1991年(平成3年)、退職後に書き終えた『六番目の小夜子』が第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となり、翌1992年(平成4年)の刊行をもって作家デビューを果たした。編集者に再就職を勧められ、不動産会社に勤務。いきなりデビューして修業期間がなかったので、多作することで鍛えようとした。7年ほど兼業作家だったが正社員になり忙しくなり。独立を機に、各社の編集者を招待し、レストランで「営業パーティー」を開催し、分野の違う小説の企画レジュメを約10本配ると、7本ほどが、それぞれ別の出版社に買われた。
かつては飛行機恐怖症で、南米とその遺跡を舞台にした『上と外』でも資料だけで書いていた。2003年(平成15年)、恐怖はあるが機上を自分に強いて、イギリスとアイルランドに基礎取材を兼ねた旅行をして、『「恐怖の報酬」日記 酩酊混乱紀行』を書く。それをきっかけに各国に行き、南米も『NHKスペシャル』の仕事でマヤ・インカ文明を取材し、メキシコ、グアテマラ、ペルーを回り、『メガロマニア あるいは「覆された宝石」への旅』を書く。
2004年(平成16年)、2005年(平成17年)、『夜のピクニック』で、第26回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞を受賞する。
2006年(平成18年)、『ユージニア』で、第59回日本推理作家協会賞を受賞する。
2007年(平成19年)、『中庭の出来事』で、第20回山本周五郎賞を受賞する。同年江戸川乱歩賞選考委員に就任した。
2017年(平成29年)、『蜜蜂と遠雷』で、第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞を受賞する。同作品の直木賞と本屋大賞のダブル受賞、および同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初である。

受賞歴

恩田陸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.12.18 【今週はこれを読め! エンタメ編】音楽が聴こえてくるような短編集〜恩田陸『祝祭と予感』

    優れた音楽小説であり、さらに直木賞と本屋大賞の両方を受賞した『蜜蜂と遠雷』の愛読者にはたまらないファンブック的な要素も持ち合わせているのが本書。私にとっても『蜜蜂と遠雷』はその年に読んだ本のベストだったので(確か朝井リョウさんも同じ趣旨のことを語ってらして、意を強くしたものです)、『祝祭と予感』は期待を胸に読み始めたのだが、もう涙ものだった。

  • 2017.9.4 ブクログ:第5回大賞発表

    書評専門インターネットサイト「ブクログ」(http://booklog.jp/)が、ネットで一般読者の投票により決める、第5回ブクログ大賞の受賞作が発表された。

  • 2017.6.22 【書評】『フォマルハウトの三つの燭台』神林長平 - 横丁カフェ

    第一章の一行目「きょうトースターが死んだ。名前はミウラという。」を読んだ時から今に至るまで、私はどうにかして会社の先輩の三浦さんにこの本を読ませようとしています(「冒頭から同じ名前の人物、いや存在が死んでるんですよ! 読みましょう!」)。

恩田陸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Ring_rong_@kzkz0118 ミステリ好きなんで恩田陸は結構読みますよー! 月の裏側読んでみますねありがとうございます
kzkz0118@Ring_rong_ ミステリーものなら、恩田陸の月の裏側とか面白いです✨松本清張も誉田哲也もベタだけど面白い!!!哲学的な、文学的な、とかの小説は私は手を出してないのでオススメあれば教えて下さいませ!
diary_8021・蛇行する川のほとり久しぶりの恩田陸さん。中学生のときに読んだらめちゃくちゃハマっていただろうな。読みながら不安にさせる書き方。短文や単語、フレーズを畳み掛けるかんじ。儚い?美しい、少女と女性の間を描くのが上手。人の気持ちを細かくとらえて表現するって難しいね
bot_oneofbook「舞台に上がりましょう、月彦。ここはやっぱり、あたしたちが舞台に上がらなくちゃ。もう香澄はいないんだもの」(蛇行する川のほとり/恩田陸)
workpeanut恩田陸「Q&A」読了。長編のような顔してるけど、連作短編という分類が正しそう。逃げ惑う人たちが特定の一点を見ていたってところ、怖い。回収もされてなくてなおさら怖い。
qunpx中高生時代に恩田陸の『夜のピクニック』を読んで「なんでこんな釈然としない終わり方なんだ…」と思った記憶があるけど年を重ねて結果や目に見えるもの以外の良さに気づけるようになったからか今読んでる小説はすごく良い文章に感じる
nanoka_k百日紅という文字を見ると、恩田陸さんの「ユージニア」を思い出すが、内容は漠然としか覚えていないwお花かわいいよねー『百日紅』の読み方が『さるすべり』なの、「あいつ喋んなかったら美人なのに…」感が凄い https://t.co/TOXdVvfmB7 #Togetter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    恩田陸さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)