トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 恩田陸

恩田陸

恩田陸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

恩田 陸(おんだ りく、本名熊谷 奈苗(くまがい ななえ)、1964年10月25日 - )は、日本の小説家。青森県青森市生まれ、宮城県仙台市出身。
恩田は1964年(昭和39年)10月25日、青森県青森市で生まれ、1966年(昭和41年)頃に愛知県名古屋市に移住。1979年(昭和54年)の中学3年時から茨城県立水戸第一高等学校卒業まで茨城県水戸市で過ごした。「宮城県生まれ」と書かれることもある。
1983年(昭和58年)に早稲田大学教育学部(東京都)に入学すると、同大のビッグバンドのハイソサエティー・オーケストラに所属してアルト・サックスを演奏した。また2年次にはワセダミステリクラブに所属していた。
1987年(昭和62年)に同大を卒業し、生命保険会社のOLとして働いたが、2年後に過重労働で入院。復帰後に酒見賢一の『後宮小説』を読み、その才能と、いつか遠い先に作家になれたらと思っていたが、作者の年齢が1歳上であまり違わず、ショックを受け、勤務しつつ半年後に作家活動を開始した。その後も忙しく、本が読めないのが主な不満で、入社後4年で退職した。
1991年(平成3年)、退職後に書き終えた『六番目の小夜子』が第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となり、翌1992年(平成4年)の刊行をもって作家デビューを果たした。編集者に再就職を勧められ、不動産会社に勤務。いきなりデビューして修業期間がなかったので、多作することで鍛えようとした。作家として安定してきた後、1997年(平成9年)に専業作家となった。
かつては飛行機恐怖症で、南米とその遺跡を舞台にした『上と外』でも資料だけで書いていた。2003年(平成15年)、恐怖はあるが機上を自分に強いて、イギリスとアイルランドに基礎取材を兼ねた旅行をして、『「恐怖の報酬」日記 酩酊混乱紀行』を書く。それをきっかけに各国に行き、南米も『NHKスペシャル』の仕事でマヤ・インカ文明を取材し、メキシコ、グアテマラ、ペルーを回り、『メガロマニア あるいは「覆された宝石」への旅』を書く。
2004年(平成16年)、2005年(平成17年)、『夜のピクニック』で、第26回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞を受賞する。
2007年(平成19年)、『中庭の出来事』で、第20回山本周五郎賞を受賞する。同年江戸川乱歩賞選考委員に就任した。
2017年(平成29年)、『蜜蜂と遠雷』で、第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞を受賞する。同作品の直木賞と本屋大賞のダブル受賞及び同作家2度目の本屋大賞受賞は、史上初である。

恩田陸新刊

  • 発売日
    2017年3月21日
  • 書名
    錆びた太陽
  • 発売日
    2017年2月10日
  • 書名
    失われた地図
  • 発売日
    2016年12月28日
  • 書名
    恩田陸 新潮文庫 4セット (文庫古書セット)

受賞歴

恩田陸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

恩田陸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Soda10000ナイス【夜のピクニック (新潮文庫)/恩田 陸】青春がぎゅっと凝縮された一冊という感じ。そして自分も中学の時に修学旅行代りに八甲田山に登ったことを思い出した。足の痛みが友達と話して →https://t.co/9TWah4aZmb #bookmeter
shapan618単語に色を感じたことはないが文章には感じることがあるので、書籍なんかは読後の自分のイメージと実際の装丁が合わないときに、凄まじい違和感を感じることがある実際にイメージが合致したのは「恩田陸/夢違(ハードカバー装丁)」のみ文庫版は合わなかった
hill_cape恩田陸の「夜のピクニック」に出てくるフレーズを思い出した
SiR_planet@kaorui_ チョコレートコスモスはそのまんまガラスの仮面ですね。ライオンハートは読みやすいかもですね、懐かしい(^^)ケイト・ブッシュのことは正直知らないのですが、タイトルが曲名というのは恩田陸が度々使う技ですね。ライオンハートがその最初かな?
peroppy93『蜂蜜と遠雷』(恩田陸) ピアノで頂点を目指す天才たちの姿が生き生きと描かれた大作青春小説です。彼らの奏でる音楽が、文章によって、瑞々しく、鮮やかに表現されています。https://t.co/TGsqnooaSP #本好きと繋がりたい #読書好きと繋がりたい #相互フォロー
2011miho長編小説で長く連れていかれているとさすがに疲れるな。ええと、ここ10日で、恩田陸『蜜蜂と遠雷』『蒲公英草紙』『エンド・ゲーム』『光の帝国』(再読)『中庭の出来事』『ユージニア』、村上春樹『騎士団長殺し』ときた。ゼイハア。少し休むか。『夜のピクニック』は手元にあるけど。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
恩田陸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)