トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊坂 幸太郎|いさか こうたろう|1971年5月25日 - は、日本の小説家。
千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、現在小説家として活躍している人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。数年後に作家専業となった。宮城県仙台市在住。
2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞。
本屋大賞においては第1回から第4回まで連続ノミネートされた後、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞。なお直木賞については、2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で候補となったが、2008年、同賞の影響力の高さゆえに環境が変化する可能性を憂慮し、選考対象となることを辞退している。。2020年に『逆ソクラテス』で第33回柴田錬三郎賞を受賞。
2020年より山本周五郎賞の選考委員を務める。
著作の多くは中国語訳、韓国語訳が出版されており、タイ、フランスでも刊行されている。英語圏では、2011年にアメリカで『ゴールデンスランバー』(英題『''Remote Control』)、''2021年4月にはイギリスで『マリアビートル』(英題『Bullet Train』)が刊行された(アメリカ版は8月予定)。

受賞歴

伊坂幸太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊坂幸太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

E4jgu9oFKTLu3L0伊坂幸太郎さんの本を読む。
puchannel@smooch5725 してないですね伊坂幸太郎好きなのは知ってるけど
itsGG10音楽そのものが好きなのは死神だって伊坂幸太郎の某作品にあったな?
azm_61一人称視点は書きやすいけど、小説としては普通の地の文に比べたらちょっと違うよなぁとずっと思ってたんだけど、私が一番読み易いと思ってる伊坂幸太郎ちょっと読み返したら一人称視点の地の文の人だったわ。
UXUX_01わたしが伊坂幸太郎読んでたのって中学生の頃で、そのときはそのときで「現代」の描写を何の違和感もなく「現代」のものとして受け入れてたんだけど「現代」らしい描写って時代と共に移り変わっていて、そこに合わせて書かないといけないのって当然だけど大変だよなあ、の「ほあ〜」です
53526O中高生のとき死ぬほど読んだ伊坂幸太郎を全部読み返したくなってきた
sarazianoss9「死神の精度」伊坂幸太郎短編集。死神の仕事は一週間で人の死を判定すること。音楽を好み、絶対的な雨男の死神と判定される様々な人々との一週間の物語。笑って泣けて考える良い本。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    伊坂幸太郎さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)