トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう、1971年5月25日 - )は、日本の小説家。
千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、現在小説家として活躍している人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。数年後に作家専業となった。宮城県仙台市在住。
2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞。
本屋大賞においては第1回から第4回まで連続ノミネートされた後、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞。なお直木賞については、2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で候補となったが、2008年、同賞の影響力の高さゆえに環境が変化する可能性を憂慮し、選考対象となることを辞退している。

伊坂幸太郎新刊

  • 発売日
    2019年8月24日
  • 書名
    アイネクライネナハトムジーク (下) (バーズコミックス スペシャル)
  • イラストレーター
    いくえみ綾
  • 発売日
    2019年7月9日
  • 書名
    クジラアタマの王様

受賞歴

伊坂幸太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊坂幸太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

teech_bot「ネットで、お前の悪口を時々、見るけど」「悪口はネットで言うのがマナーなんだって」 - 伊坂幸太郎『モダンタイムス』
amabile1988「何で、おまえがもらえて、俺がもらえないんだよ」「たぶん、僕が盲導犬を連れているから、じゃないかな。目も見えないし」「は?そんなの、関係ねえだろ」「え」「関係ないっつうの。ずるいじゃねえか」(チルドレン/伊坂幸太郎)
ritonotori2「俺が刺したんですよ。でも、俺に道徳を説かないでくださいよ。無駄だから」/伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』
kapibara5220「あなたはまだ実感ないだろうけど、人に会えるのはね、生きている間だけよ」(『モダンタイムス』伊坂幸太郎/著・講談社)
shupan2525「世の中の動物や人間が幸せになればいいと思うのは当然だろ。生まれ変わりの長い人生の中で、たまたま出会ったんだ。少しの間くらいは仲良くやろうじゃないか」(伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』
BooksRecommend借りっぱなしだった重力ピエロ、やっと読み終わりました。ぞっとするようなあったかいような、不思議な感覚です。今まで読んだ伊坂幸太郎の中ではかなり好きな方かも。 『【中古】afb【古本】重力ピエロ/伊坂幸太郎』を見る [楽天] https://t.co/BCeoVrf66n
semedainn『振り返ると恩田が立っていた。恩田も同じ大学出身で、私とは同年だった。今は、役所の職員をしている。黒縁眼鏡の似合う卵型の輪郭で、まじめで几帳面な性格だった。』(フィッシュストーリー、新潮、伊坂幸太郎)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊坂幸太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)