トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう、1971年5月25日 - )は、日本の小説家。
千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、現在小説家として活躍している人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。数年後に作家専業となった。宮城県仙台市在住。
2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞。
本屋大賞においては第1回から第4回まで連続ノミネートされた後、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞。なお直木賞については、2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で候補となったが、2008年、同賞の影響力の高さゆえに環境が変化する可能性を憂慮し、選考対象となることを辞退している。

伊坂幸太郎新刊

  • 発売日
    2019年8月24日
  • 書名
    アイネクライネナハトムジーク (下) (バーズコミックス スペシャル)
  • イラストレーター
    いくえみ綾
  • 発売日
    2019年7月9日
  • 書名
    クジラアタマの王様
  • 発売日
    2019年4月24日
  • 書名
    掌篇歳時記 春夏

受賞歴

伊坂幸太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊坂幸太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

onthepaper_bot今日という日は残された日々の最初の一日。(終末のフール 伊坂幸太郎)
basS8ixyzとっつーに感化されてまた伊坂幸太郎さん作品を久々に読み漁ってるんやけど今読んでる首折り男のための協奏曲。そこに出てくる謎のモブキャラ(いやこの人なんかある気がするけどな、ただのモブではないなんか)めっちゃとっつー がやったら似合いそうやねんけど(笑)
hiroyukidaruma3小説は文庫派の自分だけど、大好きな伊坂幸太郎先生の小説は文庫は全部所持してる。映画化された作品も全て鑑賞してるから楽しみ!音楽も伊坂先生と長年進行がある斉藤和義さんだし^ ^ https://t.co/9O5Q9IgcPS
n_quiz_伊坂幸太郎しかわからない。
segewo_music@yunon_emuneko 全然ミステリー系でもないですが、伊坂幸太郎さんの終末のフールと辻村深月さんの氷のくじらって作品が凄い好きでおススメです!
hudousan66992019-09-18(水)伊坂幸太郎著「グラスホッパー」読了。鈴木が中心に、蝉vs鯨vs押し屋の構図に。その裏で、寺原と劇団とスズメバチの動き。映画化可能な、エンタメです。夢枕漠的な、人が物として壊れていく描写。「オーデュポン」の… https://t.co/dTnlOnisov
watapo_15伊坂幸太郎アイネクライネナハトムジーク電子版買った
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊坂幸太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)