トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう、1971年5月25日 - )は、日本の小説家。
千葉県松戸市出身。千葉県立小金高等学校、東北大学法学部に入学。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、後に小説家として著名になる人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。その後作家専業となる。宮城県仙台市在住。
2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、直木賞候補になった2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞した。
2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で直木賞候補となる。また本屋大賞において唯一第1回から第4回まですべてにノミネートされ、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で同賞を受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞した。なお同作で直木賞の選考対象となることを「執筆に専念する」ことを理由に辞退している。

伊坂幸太郎新刊

  • 発売日
    2016年12月21日
  • 書名
    マリアビートル
  • 発売日
    2016年11月28日
  • 書名
    首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)
  • 発売日
    2016年11月14日
  • 書名
    X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日 (新潮文庫)

受賞歴

伊坂幸太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊坂幸太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sytesysiqic明日死ぬとしたら、生き方が変わるのか。あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか。 by 伊坂幸太郎「終末のフール」
b_book_bot春が二階から落ちて来た(重力ピエロ/伊坂幸太郎)
onthepaper_bot今、目の前で泣いている人を救えない人間がね、明日、世界を救えるわけがないんですよ。(砂漠 伊坂幸太郎)
setu11014444明日死ぬって聞くと、伊坂幸太郎の「終末のフール」を思い出す。あ、読み返そっかなぁー
BooksRecommend借りっぱなしだった重力ピエロ、やっと読み終わりました。ぞっとするようなあったかいような、不思議な感覚です。今まで読んだ伊坂幸太郎の中ではかなり好きな方かも。 『【中古】afb【古本】重力ピエロ/伊坂幸太郎』を見る [楽天] https://t.co/BCeoVrf66n
sakamotoryotar7Today is the first day of the rest of your life. -今日という日は残された日々の最初の一日。 (伊坂幸太郎 終末のフール)
mtk_horn@miyuyupnt 伊坂幸太郎は「オーデュボンの祈り→ラッシュライフ→重力ピエロ」で読み進めると面白いけど、これだと3冊読まないとだから…。そうなると、お勧めなのは死神の精度かなぁ。サクサク読めるし面白いよ。死体になる人が多い割… https://t.co/HOTgYWXK1o
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊坂幸太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)