トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう、1971年5月25日 - )は、日本の小説家。
千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、現在小説家として活躍している人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。数年後に作家専業となった。宮城県仙台市在住。
2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞。
本屋大賞においては第1回から第4回まで連続ノミネートされた後、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞。なお直木賞については、2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で候補となったが、2008年、同賞の影響力の高さゆえに環境が変化する可能性を憂慮し、選考対象となることを辞退している。

伊坂幸太郎新刊

  • 発売日
    2020年4月24日
  • 書名
    逆ソクラテス
  • 発売日
    2020年2月21日
  • 書名
    AX アックス (角川文庫)

受賞歴

伊坂幸太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊坂幸太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sensxoxo@zanshi_2020 私も伊坂幸太郎好きだから読んでみたい。面白そう
diana_kaoru伊坂幸太郎の『逆ソクラテス』これは一家に一冊あって良い本、自分はkindleで読み終わったけど、紙の本を買って家に置いておく。誰かが読むはず。逆ソクラテス (集英社文芸単行本) 伊坂幸太郎 https://t.co/HWS2AGBqPG @amazonJPより
zwWeieoMLhryDKb#2020年上半期の本ベスト約10冊早雲の軍配者 冨樫倫太郎信玄の軍配者 〃謙信の軍配者 〃光秀の定理  垣根涼介生きる僕ら 原田マハくちびるに歌を 中田永一私に似た人 貫井徳郎ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎… https://t.co/VyRZ2z07dN
hide_kicks今回も伊坂幸太郎は最高でした!#キュンタ https://t.co/FcJIjTZtQf
kapibara5220「わたしはね、誰もが善人であるべきとは思わないし、悪いことをするのもアリだと思うけど、思い悩まない人が一番嫌いなの」(『モダンタイムス』伊坂幸太郎/著・講談社)
shirai_korokke江國香織さんとか三浦しをんさんの作品は割りと最初からトップスピードで読める作品が多くて波長が合うからお気に入り。伊坂幸太郎さんとか朝井リョウさんの作品は最初はなかなか読み進められないんだけど、中盤くらいからエンジンかかってガーッと読みきる感じ。あんまり波長が合わないけど好き。
t3sroyaltouch伊坂幸太郎さんの『ホワイトラビット』でこの話がちょうど出ていた。地球に届いている星の光ははるか昔の光で、今のこの瞬間には星自体が消えてなくなっている可能性もある。とても壮大で、不思議なことではないのに不思議な気分になる。 https://t.co/4i3VmsdmD4
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊坂幸太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)