トップページ > 公募ではない賞一覧 > 本屋大賞 > 2004年−第1回 本屋大賞

本屋大賞

2004年−第1回 本屋大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

本屋大賞(ほんやたいしょう)とは2004年に設立された、NPO法人・本屋大賞実行委員会が運営する文学賞である。
一般に、日本国内の文学賞は、主催が出版社であったり、選考委員が作家や文学者であることが多いが、本屋大賞は、「新刊を扱う書店(オンライン書店含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。

第1回—2004年

1位

5位

6位

9位

10位

その他の回のデータ(全データ一括表示

本屋大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

本屋大賞関連つぶやき

mI3yTRz4AbJLSXM本屋大賞をとった瀬尾まいこさんのそして、バトンは渡されたを読み終わった。ありきたりな感想ですが家族について考えさせられました。この作家さんはいつも瑞々しい文章を書く。読後感がとても良いし読んでる最中ずっとキラキラしてる。なんだか眩しい✨
musicalhiro01 #かがみの孤城 #辻村深月 #読了噂に違わぬ…ぶ厚い本なのに一気読みしました。さすが本屋大賞…本屋大賞は一番信頼してます
audiobook_jp2012年本屋大賞「翻訳小説部門」第1位に輝いた傑作、シーラッハ『犯罪』をオーディオブック化!魔に魅入られ、世界の不条理に翻弄される犯罪者たち。弁護士の著者が現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人間たちの真実を鮮やかに描き上… https://t.co/LvAEbcsbP5
possibility326読みたいのは幡野さんの本、グアルディオラの本、本屋大賞の本。読まなければならないのが今読んでるあまり面白くない本と、鍼の本。
BunkoBestSaleAM5位『罪の声 (講談社文庫)』(塩田武士/講談社) https://t.co/IrR6ix9GKL 「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、本屋大賞第3位。圧倒的な取材と着想で、昭和最大の未解決事件を描いた傑作長編小説。「これは https://t.co/IDA5inyCxa
kinrough<文庫版登場>「罪の声」塩田武士 (著)小栗旬・星野源で映画化決定!「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、本屋大賞第3位。圧倒的な取材と着想で、昭和最大の未解決事件を描いた傑作長編小説。「これは、自分の声だ」購入はこ… https://t.co/44ja23nLJp
x_arumacchi_x今回の吉本の件、小説だったとしたら本屋大賞取りそうなぐらいめっちゃ面白い本やと思うわ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)