トップページ > 公募ではない賞一覧 > 本屋大賞 > 2004年−第1回 本屋大賞

本屋大賞

2004年−第1回 本屋大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

本屋大賞(ほんやたいしょう)とは2004年に設立された、NPO法人・本屋大賞実行委員会が運営する文学賞である。
一般に、日本国内の文学賞は、主催が出版社であったり、選考委員が作家や文学者であることが多いが、本屋大賞は、「新刊を扱う書店(オンライン書店含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。

第1回—2004年

1位

5位

6位

9位

10位

その他の回のデータ(全データ一括表示

本屋大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

本屋大賞関連つぶやき

neko_alto「福井県立図書館 覚え違いタイトル集」 例えば・・・「今年の本屋大賞を取った人が書いた『滅びた後のシンデレラ』」→ 「『滅びの前のシャングリラ』凪良ゆう∥著 中央公論新社 2020年刊」
book_beans本屋大賞というのは、2004年に設立されたよね。一般の文学賞とは異なって作家・文学者ではなく「新刊を扱う書店の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定されるから、一般になじみやすい本の賞だよね。
teety__woo芥川賞とかの作品はあんまり得意じゃなくて、どちらかと言うと本屋大賞のが合ってるタイプなんだけど、破局は面白かった
atori_hrc朝読書で「流浪の月」読了。これも予約待ち長かったなぁ。めちゃくちゃ面白かったし流石本屋大賞!なんだけど、とても繊細な世界観と読了後のふぁーっていう気持ちがジワジワ効いてきて余韻が半端ない…ズルズル浸っていく感じ。これ、絶対みんな読み終えてからまた冒頭に戻って読み直したよね…
PRTIMES_ETM本屋大賞作家・冲方丁の新作小説『アクティベイター』を、noteにて期間限定で全文無料公開!! https://t.co/toLvCZzZQw https://t.co/JLfizsvztx
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)