トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房(あべ こうぼう、1924年(大正13年)3月7日 - 1993年(平成5年)1月22日)は、日本の小説家、劇作家、演出家。東京府北豊島郡(現在の東京都北区)出身。本名は安部 公房(あべ きみふさ)。
東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (芥川賞受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』『燃えつきた地図』『箱男』『密会』など、戯曲に『友達』『榎本武揚』『棒になった男』『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

zuka_nekko安部公房とか星新一っぽいな
fragments_botおれは水蒸気の中で殺されて 丸くなった。 しかし饅頭ではない、 なぜなら中味が空っぽだからだ。(安部公房『壁』)
ffwhhros2「停止した死は不死だよ」 安部公房 『バベルの塔』
otonezumiいま彼女の心は、傷ついた父のために用意した、レモンの皮のようなやさしさでいっぱいなのだ 『石の眼』安部公房
loveya4eva023安部公房の人の本質をスポイトで掬い取ってそのまんま別世界に投影したかのようなシュルレアリスム的な作風、最初はあまり好きではなかったのだけれど、そこかしこに滲み出る冷笑的な視点にいつのまにか同調している自分がいて、高みの見物的に物語の全体を俯瞰する気持ちの良さが知らず知らず癖になる
atori_hrc安部公房、戯曲読まねば
oemakotoqq書き下ろし新潮劇場(安部公房)四冊で揃いと思う。細々と買い求めていたが、ついに揃った。『緑色のストッキング』のみ帯がないけれども。すべて戯曲です。 https://t.co/FvUKKzzjNe
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    安部公房さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)