トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房 (あべ こうぼう、1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日) は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は公房 (きみふさ)。
東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (芥川賞受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』、『燃えつきた地図』、『箱男』、『密会』など、戯曲に『友達』、『榎本武揚』、『棒になった男』、『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shnchrOSAKI今夜は鳥の劇場で安部公房の「友達」の鳥取初演。観劇は実に久しぶり。今年で13回目となる「鳥の演劇祭」の最後の演目でもある。集団と個人、多数と少数の対立を描いた半世紀前の戯曲はコロナ禍がもたらした分断と自粛、自閉と隷属の時代にあって予言的ともいえる内容であった。
G2QxTnuS77FC0zB鳥の劇場で「友達」(安部公房作)を鑑賞。抽象的な感じの舞台装置も演劇もシャープで素晴らしかった。外に出て野外劇のための舞台や椅子を写真に撮った。 https://t.co/o6xPDKAKrS
L84_4649安部公房好きだけど、難しいので感想がうまく書けない(ほかの読書感想がうまく書けるわけでもない)
AelfinweDenis@hiroosa 安部公房とCarl Freedmanの理論ですね!
modamoaramashi安部公房を思い浮かべて出てくる顔は、なぜか坂口安吾
momoyotateno明日の19:00~も配信するらしいよ。鳥の劇場「友達」面白かったー。今の時期に安部公房に触れられて良かったわー☺️
07061852これまでの読書習慣は今回の騒動のおかしさを見抜くのに役立った。新しい生活様式なんてオーウェルの小説の設定そのものではないか。オーウェル、ハクスリー、ヴォネガット、安部公房、アーレントありがとう。あなた達の意思を受け継ぎこの騒動に必死で抵抗してやるよ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部公房さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)