トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房 (あべ こうぼう、1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日) は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は公房 (きみふさ)。
東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (芥川賞受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』、『燃えつきた地図』、『箱男』、『密会』など、戯曲に『友達』、『榎本武揚』、『棒になった男』、『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

安部公房新刊

  • 発売日
    2019年6月14日
  • 書名
    ●映画プログラム:【他人の顔 】勅使河原宏監督 仲代達矢、入江美樹●21x27.5cm ◎状態 中古 コレクター品 :(hro340 )
  • 発売日
    2019年4月23日
  • 書名
    内なる辺境/都市への回路 (中公文庫)

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

otonezumi「違うんだな。男が結婚詐欺をするときは、医者だとか、地主の息子だとか、会社の役員だとか、職業や財産を餌にするでしょう。でも女の餌は、女じゃない。ぜったい損だと思う。職業を聞かれて、ただ男って答える男はいないけど、女は、ただの女で通用しちゃうんだな」 -安部公房『方舟さくら丸』
aiainstein21時台の分で、安部公房「闖入者」が取り上げられれるんだけどめっちゃ面白かった!!安部公房とか手を出したことなかったけど読んでみよう。。
kohyu1952ネットワーク・ヘゲモニーと言論弾圧(2)前半ネットの言論弾圧の正体は名前と姿を変えたマルクス主義。ポリティカル・コレクトネスと呼ばれるファシズムが僕たちに忍び寄る。その全体主義の実体を歴史的背景から説明する。安部公房研究家の岩… https://t.co/Wtkv7wSFOw
simousa07落合とかあそこらへんの人間のアカウント本人から独立して勝手に狂ってるんじゃねえかって思うときがある。安部公房の『壁』に出てくるような無機物とか、筒井康隆の『虚構船団』とかに出てくるコンパスとかと同じ
sutekibot2「人間は生まれ故郷を去ることはできる。しかし無関係になることはできない」 安部公房
xindishengtianそして次回の舞台のご案内です。安部公房作から次は大竹野正典作「サヨナフ」TBスタジオ。10月2日〜6日。私はフネ組です。是非お越しください! https://t.co/NSNRNfwFGC
great_fim_punch「他人の顔」〔66.勅使河原プロ=東京映画.監督.勅使河原宏 脚本.安部公房〕 1.医者「君だけが孤独なんじゃない。自由はいつだって孤独なんだ」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部公房さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)