トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房 (あべ こうぼう、1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日) は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は安部公房 (あべ きみふさ)。
東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (芥川賞受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』、『燃えつきた地図』、『箱男』、『密会』など、戯曲に『友達』、『榎本武揚』、『棒になった男』、『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

安部公房新刊

  • 発売日
    2018年5月17日
  • 書名
    ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Sai_crocodile安部公房の雨男全裸の看護婦が全身で逆三角形を作るあたりからなんだ…なんだこれ……いやでも文章は面白いんだよな……なんだこれ……という気持ちを抑えきれない
w1allen【あと12日】10/28の『幽霊はここにいる』関西安部公房オフ会の読書会。 現在、参加表明者二名。 小説だけではなく演劇にも本気だった安部公房。本当に凄まじいエネルギーの持ち主だったと思います。https://t.co/AkguScfsgu
migikarayatsuha安部公房は読むたび脳に新しい機能が導入された感覚を味わえる
tu____ki@TOn_Co2 安部公房自身が見た夢を記録してる本なんだけど夢によくある現象がわかりやすい言葉で書かれていてすごい引き込まれる...途中で入ってる写真もなかなかgood
shiteki_bungaku『他人の顔』--変貌する<世界> (特集 安部公房--ボ-ダ-レスの思想) -- (作品の新しい顔) https://t.co/USZKgX8mCX
taaaaaaakuyaマリオレブレーロを読んでたらなんか安部公房思い出した。どちらがどちらかへ直接的な影響関係なんてないにせよ、たびたびカフカが両者を繋いで親和性発揮するときあるな。こういう並列つなぎみたいな感じ素敵だな。
mitchan0321例えば手塚作品なんかは広く読み継がれそうな気がするし、文学の世界でもそれに相当するものはあるよね。逆にドラゴンボールやマカロニほうれん草や安部公房はそれらと何が違うのかな。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部公房さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)