トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房(あべ こうぼう、1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日) は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は公房 (きみふさ)。
東京府で生まれ、少年期を満洲で過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数カ国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (同名短篇集の第一部。この作品で芥川賞を受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』、『燃えつきた地図』、『箱男』、『密会』など、戯曲に『友達』、『榎本武揚』、『棒になった男』、『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

otonezumiおれは家と家との間の狭い割れ目をゆっくりと歩きつづける。街中こんなに沢山の家が並んでいるのに、おれの家が一軒もないのは何故だろう?……と、何万遍かの疑問を、また繰り返しながら。  -安部公房『赤い繭』
Roppo_M安部公房とかいう脚フェチおじさん
bot_meibun失敗は少しも後悔の理由にならない。ぼくはべつに結末のために生きて来たわけではないからだ。(安部公房『箱男』)
hsb_is_104来週発表の安部公房終わらせとかないと漢文を訳して書き下すの間に合わないから確実に死ぬ
quote20C疲労が目の奥で、淡い光の点になって、飛びまわる。(安部公房『砂の女』)
signbonbon@W_Makoto_Rose 安部公房の初版本は全てダンボール箱に入っていてすぐに出てこないので、こちらをご覧ください。『無名詩集』は公房の稀覯本の代名詞的な本ですが、最近はよく目にします。ご参考になれば幸いです。https://t.co/wYhKHV4KFq
f_Kafka_bot僕のなかでカフカの占める比重は、年々大きくなっていきます。信じられないほど現実を透視した作家です。……カフカはつねに僕をつまずきから救ってくれる水先案内人です。(安部公房『死に急ぐ鯨たち』新潮社)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部公房さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)