トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房 (あべ こうぼう、1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日) は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は安部公房 (あべ きみふさ)。
東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (芥川賞受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』、『燃えつきた地図』、『箱男』、『密会』など、戯曲に『友達』、『榎本武揚』、『棒になった男』、『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Chucky_c_666私、文章の好みが合うか合わないかで読書できるかどうか決まっちゃいます。村上春樹や安部公房は休憩なしでいくらでも読めるけど、ホビットの冒険は主人公が旅立つとこまでたどり着かない。論文は形式がみんな同じなので読める。個人の著作は学術書でも無理なときがある。
sutekibot2「人間は生まれ故郷を去ることはできる。しかし無関係になることはできない」 安部公房
lgSXsNInYb17T1M@_kadono_ 不条理劇だとイギリスにハロルドピンターっていう作家もいますね。いずれの作家も安部公房好きにはかなり刺さるんじゃないかと思います。イヨネスコの『犀』は人間が犀に変身するという変な作品で、おすすめです。
Bungakutoiukotoそれでも人々が、なんとか他人の視線に耐えて生きていけるのは、人間の目の不正確さと、錯覚に期待するからなのだ。/安部公房『箱男』https://t.co/E5feUXu19X
kk_realfine安部公房ってあんまり電子書籍になってない系??
tsu_41安部公房の小説ブックオフで買おうとすると大体汚いから綺麗なやつ欲しい
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部公房さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)