トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房(あべ こうぼう、1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日) は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は公房 (きみふさ)。
東京府で生まれ、少年期を満州で過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数カ国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (同名短編集の第一部。この短編で芥川賞を受賞) 『砂の女』 (読売文学賞受賞) 『他人の顔』 『燃えつきた地図』 『箱男』 『密会』など、戯曲に『友達』 『榎本武揚』 『棒になった男』 『幽霊はここにいる』などがある。劇団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

oualumnus「コンビニ人間」読了。むかし安部公房の「友達」を読んだ時以来の衝撃である。とてもおもしろい
hitetofu_ncnc13@yume_yume1129 カニバリズムかよ、安部公房の小説じゃねぇんだからやめろ
k2y@GED115 スニーカー文庫と富士見ファンタジア文庫はワイが高校のころに生まれた。中学からD&Dやってたのもロードス島の影響大だし。そこからプロパーSFとか安部公房とかラテンアメリカ純文学までも地続きだったんや。
ant_onion@asunokaori 投稿記事を読んで安部公房の『けものたちは故郷をめざす』をふと思い出しました。
keikoclaire1224本日のマチネは新国立劇場にて『城塞』でした。国家、国民、戦争についての芝居。外から見れば喜劇だけれど、渦中にいるとホラーでしかない。私達の現実をまるで予見するかのよう。戦後はまだ続いていて、そしてどこに行くのか。安部公房の戯曲は初めてでしたが、昭和の演劇人は偉大だ。知の巨人だ。
2coKira4/22『城塞』@新国立劇場落ち着いた脳みそで作品を振り返りると物語そのものの意味だけでなく、今の日本と外国との情勢を考えさせられる。国家とはなんぞや国民とはなんぞや。安部公房作品もっと読もうと思いました。勉強不足だぁぁ恥ずかしいもっともっと観て読まなきゃっ
uminekomer私の過去世の話してたら中島敦の山月記そのものと言われた。私が砂丘に行ったとき安部公房の砂の女を思い出した話もパパは分かってくれるはずや( ´・ω⊂ヽ゛
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部公房さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)