トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 安部公房

安部公房

安部公房さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安部 公房 (あべ こうぼう、1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日) は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は公房 (きみふさ)。
東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (芥川賞受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』、『燃えつきた地図』、『箱男』、『密会』など、戯曲に『友達』、『榎本武揚』、『棒になった男』、『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。

安部公房新刊

  • 発売日
    2020年3月15日
  • 書名
    けものたちは故郷をめざす (岩波文庫)

受賞歴

安部公房関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安部公房関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

NKJ8906ぼくにとって安部公房は、彼がどこまでも安部公房だから良いんですよ。それ以上でも以下でもない。
tasogarexerion安部公房の文章はムキムキのゴリマッチョだもんな。
bot_9836死ぬつもりになって歩いてみると、町はあんがいひっそり、ガラス細工のように見えた。R62号の発明/安部公房
YFN7dtFg7Z9IKZEパッと思いつく方だと。東野圭吾さん、道尾秀介さん、安部公房さん(古いですが)です。最近だと又吉直樹さんの火花を読みました。面白かったですよ。 #Peing #質問箱 https://t.co/ajOpCK8N8e
l_u_u_y5冊目安部公房「壁」友達におすすめされて読んでみたは良いものの、やっぱ難しい…高校生の時に読んだ赤い繭があって懐かしさはあったけど相変わらず難しい…唯一の学びとしては、みんなのものであっても、あなたのものではないということ…ん… https://t.co/ylGgSGKFot
iidukumanto九代目文治のことだろうか安部公房「砂の女」 - jun-jun1965の日記 https://t.co/m14h10QFOZ
shiteki_bungaku安部公房『他人の顔』論 : 自己疎外と加工された顔 https://t.co/yh1M3gNbx8
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安部公房さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)