トップページ > 作家名一覧 > せから始まる作家名一覧 > 青来有一

青来有一

青来有一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青来 有一(せいらい ゆういち、本名:中村 明俊、1958年12月13日 - )は、日本の小説家。
長崎県長崎市生まれ。長崎市立城山小学校、長崎市立淵中学校、長崎県立長崎西高等学校とすべて爆心地から3km以内で育った。長崎大学教育学部卒業後、長崎市役所職員として勤める傍ら、1995年に「ジェロニモの十字架」で第80回文學界新人賞を受賞し作家デビュー。2001年、「聖水」で第124回芥川龍之介賞を受賞。「ジェロニモの十字架」「ウネメの家」「泥海の兄弟」「信長の守護神」に続く5度目の候補での受賞だった。
その後も2019年3月末に定年退職するまで役所勤めを続けながら執筆活動を行った。2005年に市平和推進室長、2010年に長崎原爆資料館長に就任。2007年、長崎を舞台にした連作集『爆心』で第18回伊藤整文学賞、第43回谷崎潤一郎賞受賞。同作は2013年に『爆心 長崎の空』のタイトルで映画化された。
ペンネームは「セーラームーン」に由来するとされていたが、2013年のインタビューで「誤解です。本当は違います。観たこともない。でももう面倒なので放置しています」と答えている。

青来有一新刊

  • 発売日
    2019年2月22日
  • 書名
    フェイクコメディ (すばる Digital Book)

受賞歴

青来有一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青来有一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

aki_u_ench「三田文学」で青来有一さんの『ノンセクトラジカル』。土台がどっしりとした幻想的小説。面白かったが「魘される」が読めなかった。一方、「すばる」では吉見俊哉さんの新連載「東京をやりなおす --社会学的東京都心街歩きガイド」が始まった。まだ途中までしか読んでいないものの、期待は大きい。
asahi_peace芥川賞作家で前長崎原爆資料館長の青来有一さんも、祖父が「二重被爆者」でした。二度被爆した人がいるという事実は何を示すのか、青来さんにインタビューしました。「二重被爆」した亡き語り部の系譜追う 映画、公開へ:朝日新聞デジタル https://t.co/pkAmfj7WVK
mitabun青来有一氏「ノンセクトラジカル」の中心人物は、国と交渉するため上京した離島の町長。ノンセクトラジカルを唱え、かつて学生運動に参加していた彼が、あるバーに立ち寄ったことで物語は大きく動き出す。高野悦子、宮沢賢治の引用が危うい世界を際立たせます。学生運動から約五十年の今、必見です。
akutagawa_syou「聖水」は本当に奇蹟の水なのか。佐我里さんは教祖か、詐欺師か?死を目前に衰弱しながらも、聖水の効用を信じ続ける父と、佐我里さんの商法に反発を覚える息子。スーパーの経営権を巡る騒動と、新興宗教の様相をおびる聖水信仰。芥川賞受賞作『聖水』青来有一
waremokouko1作家の「売れなくてすみません」苦悩をこれ以上なく面白おかしく書いた小説といえば青来有一さんの『小指が燃える』自分で自著を買いまくり倉庫の在庫に火を放つ夢想をし、支えてくれてた編集者が急に行方不明になったり 泣けて笑える(※青来さんは、芥川や谷崎賞も受賞された素晴らしい作家です)
asahi_nagasaki作家・青来有一さんの食エッセー(その4=おわり)です。長崎市の茂木です。 https://t.co/tFMqURohB0 #nagasaki #長崎
dgr_yamaneco三島の「憂国」を読めば死とエロティシズムの変態性に歓喜し、ハン・ガンより先に大庭みな子が山姥たる女性を語るに悶々とし…円地文子で村上春樹を想起するとは!中でも海外向けに原爆を題材とした短編を入れた事は大きいかと。青来有一をこれで知り衝撃を受けた。凄い!ウマオイってどんな虫だろう…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青来有一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)