トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田中慎弥

田中慎弥

田中慎弥さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田中 慎弥(たなか しんや、1972年(昭和47年)11月29日 - )は、日本の小説家。2005年(平成17年)に『冷たい水の羊』で第37回新潮新人賞を受賞後、いくつかの文学賞受賞を経て、2012年(平成24年)に『共喰い』で第146回(平成23年/2011年下半期)芥川賞を受賞した。
=
山口県下関市出身。4歳の頃に父を亡くし、母親と二人暮らしで育つ。中学生頃から、父の遺した蔵書に親しみ、司馬遼太郎や松本清張の作品を愛読する。その後、山口県立下関中央工業高等学校に進学した。高等学校を卒業後、大学を受験するも不合格となる。それ以来、アルバイトも含め一切の職業を経験せずに過ごした。有り余る時間の中で本を読んで過ごし、特に『源氏物語』は原文を2回、現代語訳を3回の計5回にわたって通読した。

田中慎弥新刊

  • 発売日
    2017年2月9日
  • 書名
    孤独論: 逃げよ、生きよ
  • 発売日
    2017年1月9日
  • 書名
    芥川賞受賞作品 〔2010年代〕 単行本6冊セット
  • 発売日
    2017年1月6日
  • 書名
    美しい国への旅

受賞歴

田中慎弥関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

田中慎弥関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syouセックスのときに女を殴る父と右手が義手の母。自分は父とは違うと思えば思うほど、遠馬は血のしがらみに翻弄されて──。芥川賞受賞作『共喰い』田中慎弥
rintaro57田中慎弥は暗い西村賢太は泣きたくなるような小説だった
yoshihisahirata近代文学の作家たちもそのうち出揃うし早くも海外作家でてきてるらしいから、はやいうちに現代文学に移行して石原慎太郎と田中慎弥とか、筒井康隆と松本清張でバトらせたらウケるんじゃないか
mi_nkgw田中慎弥氏の共喰いを読んだ。ドブのような臭いのする文章が物語の設定を強化していて、強烈なインパクトやった。
seijikeizai_comもう、あれ俺辞める。いつか若い連中が出てきて足すくわれる、そういう戦慄を期待したけど全然刺激にならない。自分の人生にとっての意味合いの問題だ。いいじゃない、皮肉っぽくて。彼(田中慎弥)の作品は評価したんだ。もうかたっぽは全然ダメ(石原慎太郎)
maria99688#らじおをきいてみてメディアに殆ど出ないけれど作品が有名な方の話をラジオで聴きたい。コム・デ・ギャルソンの川久保玲さん作家になるまで一度も働いたことがなかった147回芥川賞受賞作家の田中慎弥さん
tokumaippan【好評発売中】「逃げる」は負けではない。自分を取り戻すための究極の手立てだ。孤高の芥川賞作家、窮地からの人生論『孤独論』田中慎弥https://t.co/LJKVIxL5AR
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
田中慎弥さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)