トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田中慎弥

田中慎弥

田中慎弥さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田中 慎弥(たなか しんや、1972年(昭和47年)11月29日 - )は、日本の小説家。2005年(平成17年)に『冷たい水の羊』で第37回新潮新人賞を受賞後、いくつかの文学賞受賞を経て、2012年(平成24年)に『共喰い』で第146回(平成23年/2011年下半期)芥川賞を受賞した。
=
山口県下関市出身。4歳の頃に父を亡くし、母親と二人暮らしで育つ。中学生頃から、父の遺した蔵書に親しみ、司馬遼太郎や松本清張の作品を愛読する。その後、山口県立下関中央工業高等学校に進学した。高等学校を卒業後、大学を受験するも不合格となる。それ以来、アルバイトも含め一切の職業を経験せずに過ごした。有り余る時間の中で本を読んで過ごし、特に『源氏物語』は原文を2回、現代語訳を3回の計5回にわたって通読した。

受賞歴

田中慎弥関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

田中慎弥関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kupukupu231@19891224bap 森のきのこさん、ありがとうございます。「江戸芸術論」はあれほど内容がわからないのにスラスラ読めた本は他にありませんでした。永井荷風の文章の美しさで読めた本ですね。私は最近は植村直己「青春を山に賭けて」と田… https://t.co/nuJhk9WWKo
Tatara_okigasa授賞式の発言で物議を醸した芥川賞作家の田中慎弥さんは下関市の出身よ。そういえば、下関出身の有名人って結構いるよね。守矢神社の人たちも、下関に住めば信仰をどんどん広げられるんじゃないかな?
akutagawa_syouセックスのときに女を殴る父と右手が義手の母。自分は父とは違うと思えば思うほど、遠馬は血のしがらみに翻弄されて──。芥川賞受賞作『共喰い』田中慎弥
gei_a2_botNo.2 (○×)田中慎弥の芥川賞を原作とする2013年公開の映画「共喰い」の主演俳優は菅田将暉である⇒○
40W900A西村賢太と田中慎弥は早い段階で孤独を選んでいたから利口だったな
gakugei_tokuma【好評既刊】『孤独論 逃げよ、生きよ』(田中慎弥著) 孤高の芥川賞作家による究極の人生論です。「奴隷のような日々に耐え続けるより、四の五の言わず、まずは逃げてみろ。」(帯より)https://t.co/PV10QU9wtP
MaskedRider6969#読了共喰い田中慎弥田舎の閉塞感の中で、人間の根底にある黒い性や暴力、血や泥臭いアングラ感を見せられた。ちなみに2作目の第三紀層の魚が今年一くらい好きな作品でした。 https://t.co/Pe57HnSpIe
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    田中慎弥さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)