トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉行理恵

吉行理恵

吉行理恵さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉行 理恵(よしゆき りえ、本名:吉行→辻→吉行理恵子、1939年7月8日 - 2006年5月4日)は、日本の小説家・詩人。
東京府生まれ。母は吉行あぐり、父は吉行エイスケ。兄は吉行淳之介、姉は吉行和子。女子学院中学校・高等学校、早稲田大学第二文学部日本文学専修卒業。
父や兄の影響を受け、早くから文筆活動に目覚める。詩集『夢のなかで』で1968年第8回田村俊子賞を受賞し、詩人としての評価の方が高かったが、小説『小さな貴婦人』で1981年上期芥川賞を受賞した。兄妹で芥川賞を受賞した最初の事例として話題を呼んだ(選考委員の1人には兄がいた)。
詩には少ない語彙を何度も使うものが多く、文学では詩的散文を用いた独特のリズムが見受けられた。猫が題材にとられたものも多い。
詩人としても小説家としても寡作であった。
母・兄・姉がメディアなどへの露出が多かったのに対して、理恵だけはあまり公の場には姿を見せなかった。三兄妹の中では唯一生涯独身だった。
2006年5月4日、甲状腺癌のため都内の病院で死去した。1939|7|8|2006|5|4。

受賞歴

吉行理恵関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2005.10.28 作家の読書道:第48回 野中ともそ

    ニューヨークに住み、イラストレーターとしても活躍するなか、小説家としてデビューした野中さん。カリブを舞台にしたものから日本の少女の物語まで、多彩な作品を発表している彼女。新刊ではNYのダウンタウンの魅力をあますことなく描いている。そのお話はもちろん、中高生時代の将来の夢や、渡米したきっかけを交えつつ、読書道を語ってもらいました。

吉行理恵関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

neko_tubuyaki人により、その疲れを癒す文章というものは違うと思いますが、今の私にとっては、それが幸田文であり織田作之助であり吉行理恵の文章であったりするのです。今年は年明けから立て続けに幸田文の本を読み終えていて、つまりはそういう状態なのです。 https://t.co/hsbFmPzEIK
wa_waa_waaa吉行理恵 - 小さな貴婦人李良枝 - 由熙木崎さと子 - 青銅 https://t.co/XtgeJpTXu2
_wordsong猫は部屋の中に住んで居る月明け方に ひっそりと消えてゆくときに・・愛らしい写真を添えた、サンリオ、猫のポエジー。「吉行理恵、西川治(写真) / ねこ・ねこ・ねこ!」https://t.co/VUFKcDlauk https://t.co/7c7cgdP0ph
pippoem2さざ波を とびこえて駈けてゆくのは魚ですか?笑いながら駈けてゆく駈けてゆくのは 裸足です吉行理恵「脱殻(ぬけがら)」より(『吉行理恵詩集』) https://t.co/MppWWQf2Y1
akutagawa_syou死んでしまった猫〈雲〉を愛惜する夢想的で自閉的な中年女性〈私〉、「猫の殺人」という童話を書く年老いた女流詩人G、そして優しくも威厳に満ちた猫たちーー。悪意に満ちた外界に傷つけられる繊細な存在の交感を詩的散文に結晶させた、優雅で奇妙な連作小説集。芥川賞受賞作『小さな貴婦人』吉行理恵
_pokela吉行理恵の「湯ぶねに落ちた猫」もここで買った
typing_qma【文タイ】作家・吉行淳之介の芥川賞受賞作は『○○』?答:驟雨(しゅうう)<分岐> その妹・吉行理恵の芥川賞受賞作は『◯◯◯◯◯◯』? 答:小さな貴婦人
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉行理恵さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)