トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉行理恵

吉行理恵

吉行理恵さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉行 理恵(よしゆき りえ、本名:吉行→辻→吉行理恵子、1939年7月8日 - 2006年5月4日)は、日本の小説家・詩人。
東京府生まれ。母は吉行あぐり、父は吉行エイスケ。兄は吉行淳之介、姉は吉行和子。女子学院中学校・高等学校、早稲田大学第二文学部日本文学専修卒業。
父や兄の影響を受け、早くから文筆活動に目覚める。詩集『夢のなかで』で1968年第8回田村俊子賞を受賞し、詩人としての評価の方が高かったが、小説『小さな貴婦人』で1981年上期芥川賞を受賞した。兄妹で芥川賞を受賞した最初の事例として話題を呼んだ(選考委員の1人には兄がいた)。
詩には少ない語彙を何度も使うものが多く、文学では詩的散文を用いた独特のリズムが見受けられた。猫が題材にとられたものも多い。
詩人としても小説家としても寡作であった。
母・兄・姉がメディアなどへの露出が多かったのに対して、理恵だけはあまり公の場には姿を見せなかった。三兄妹の中では唯一生涯独身だった。
2006年5月4日、甲状腺癌のため都内の病院で死去。1939|7|8|2006|5|4。

受賞歴

吉行理恵関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2005.10.28 作家の読書道:第48回 野中ともそ

    ニューヨークに住み、イラストレーターとしても活躍するなか、小説家としてデビューした野中さん。カリブを舞台にしたものから日本の少女の物語まで、多彩な作品を発表している彼女。新刊ではNYのダウンタウンの魅力をあますことなく描いている。そのお話はもちろん、中高生時代の将来の夢や、渡米したきっかけを交えつつ、読書道を語ってもらいました。

吉行理恵関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

wa_waa_waaa吉行理恵 - 小さな貴婦人李良枝 - 由熙木崎さと子 - 青銅 https://t.co/XtgeJpTXu2
chii_oboeta_qma【芥川賞】吉行理恵:小さな貴婦人重兼芳子:やまあいの煙森禮子:モッキングバードのいる町村田喜代子:鍋の中高樹のぶ子:光抱く友よ米谷ふみ子:過越しの祭ちぃ覚えた
R_L_bot_3作家・吉行淳之介の芥川賞受賞作驟雨(文エフェ)→しゅうう(文タイにも同問題)(その分岐)その妹・吉行理恵の芥川賞受賞作は『○○○○○○』?→ちいさなきふじん(小さな貴婦人)
allreviewsjp【新着】【第85回(1981年度上半期) 芥川賞】「彼女はただ自分の気分によって書く。彼女は常にどうしようもなく彼女自身なのだ。」『小さな貴婦人』(新潮社) - 著者:吉行 理恵 - 辻井 喬による書評 ALL REVIEWS… https://t.co/4PxhDXaR49
bururian『詩ぃちゃん』受け取りました。吉行理恵さんの章にグッときました。最初と最後にある詩ぃちゃんの問いかけは、つい自分に置き換えて読んでしまいました。心待ちにされてる方も多いかと思います。出店先などで配って行きますね。 https://t.co/7RNJR15fFy
kaerujun1965年3月、女性だけの詩の同人誌『ゔぇが』の集まりにて。左端が吉行理恵さん(当時25歳)、右から二番目の白い服が吉原幸子(32歳)。吉行さんの隣の和装の方は「のはらうた」の工藤直子さん(29歳)です。 https://t.co/7A2hi6GXoX
akutagawa_syou死んでしまった猫〈雲〉を愛惜する夢想的で自閉的な中年女性〈私〉、「猫の殺人」という童話を書く年老いた女流詩人G、そして優しくも威厳に満ちた猫たちーー。悪意に満ちた外界に傷つけられる繊細な存在の交感を詩的散文に結晶させた、優雅で奇妙な連作小説集。芥川賞受賞作『小さな貴婦人』吉行理恵
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉行理恵さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)