トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村田喜代子

村田喜代子

村田喜代子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

村田 喜代子(むらた きよこ、1945年4月12日 - )は、日本の小説家。梅光学院大学文学部客員教授。福岡県中間市在住。旧姓は貴田。
福岡県八幡市(現在の北九州市八幡西区)出身。両親の離婚後生まれたため、戸籍上は祖父母が父母となる。市役所のミスで一年早く入学通知が来たため、1951年小学校入学。八幡市立花尾中学校卒業後、鉄工所に就職。1967年結婚し、二女を出産。
1977年「水中の声」で第7回九州芸術祭文学賞最優秀作を受賞。これを境に本格的な執筆活動に入る。1985年からタイプライターによる個人誌『発表』を作成し「文學界」同人雑誌評に送付。1986年『発表』2号の「熱愛」が同人雑誌推薦作として『文學界』に転載され第95回芥川賞候補となる(該当作なし)。続いて「盟友」(『文學界』9月号) が第96回芥川賞候補となる(該当作なし)。1987年「鍋の中」で第97回芥川賞を受賞した。
やや怪奇味を帯びた作風だが、『龍秘御天歌』ではリアリズムに転じた。「鍋の中」を黒澤明が『八月の狂詩曲』として映画化した際には不満で、「ラストで許そう黒澤明」を『文藝春秋』に寄稿した。
『百年佳約』(下記参照)の挿絵を担当したスペイン在住の画家堀越千秋とは親友。
現在、泉鏡花文学賞、川端康成文学賞、紫式部文学賞選考委員。
物心がつく前から吃音があり、今も直っていない。子どもの頃は悩んだが、社会人になってからはたいして気にならなくなったという。

村田喜代子新刊

  • 発売日
    2017年3月29日
  • 書名
    暗黒グリム童話集

受賞歴

村田喜代子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村田喜代子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

honzuki_jp老人小説・発酵ミシュラン★★★の味。 『蕨野行/村田喜代子/文藝春秋』 https://t.co/pDeqbWKoQT #本が好き
raisen_bot2_qmaNo.430 次の1980年代の芥川賞受賞者と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒木崎さと子―青桐、村田喜代子―鍋の中、加藤幸子―夢の壁
AwardAuthorきれぎれの記憶を通し、思い出がよみがえる。老女の語りに、少女は初めて大人の秘密にふれ、生きることのはかなさと哀しみを知ったー。のびやかな文章で、少年と少女と老女の、田舎の家でのひと夏の暮しを描き、家族を思い、人と人の絆を知る。芥川賞受賞作『鍋の中』村田喜代子
chii_oboeta_qma【芥川賞】吉行理恵:小さな貴婦人重兼芳子:やまあいの煙森禮子:モッキングバードのいる町村田喜代子:鍋の中高樹のぶ子:光抱く友よ米谷ふみ子:過越しの祭ちぃ覚えた
fragments_bot_2ながいあいだ遠い慰安の星のように光っていた死は、祖母に刻々と近づき、待ち受ける彼女と、接近する星のあいだの長い長い距離が燃えちぢんで、最後に残っていた数ミリがやがて燃焼して灰になる。そのとき九十歳になっていた。(村田喜代子『白い山』)
qma_bibun_bot線 ・女流作家と芥川賞受賞作品  *村田喜代子→鍋の中  *米谷ふみ子→過越しの祭り  *加藤幸子→夢の壁
ageageco村田喜代子は本当に、人の生き死ににまつわる甘っちょろくて生温くて随分と都合のよい幻想の数々をいつも気持ちよく剥がしてくれる。村田喜代子によって剥がされた後の生き死にの姿の方が自分はよっぽど好きだ。おっかなくても図太くても不恰好でも不都合でもよっぽど好きだ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
村田喜代子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)