トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村田喜代子

村田喜代子

村田喜代子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

村田 喜代子(むらた きよこ、1945年4月12日 - )は、日本の小説家。日本芸術院会員、梅光学院大学文学部客員教授。九州国際大学客員教授。福岡県中間市在住。旧姓は貴田。
福岡県八幡市(現在の北九州市八幡西区)出身。両親の離婚後生まれたため、戸籍上は祖父母が父母となる。市役所のミスで一年早く入学通知が来たため、1951年小学校入学。八幡市立花尾中学校卒業後、鉄工所に就職。1967年結婚し、二女を出産。
1977年「水中の声」で第7回九州芸術祭文学賞最優秀作を受賞。これを境に本格的な執筆活動に入る。1985年からタイプライターによる個人誌『発表』を作成し『文學界』同人雑誌評に送付。『発表』2号(1985年12月)掲載の「熱愛」が同人雑誌推薦作として『文學界』1986年4月号に転載され、第95回芥川賞候補となる(該当作なし)。続いて「盟友」(『文學界』1986年9月号) が第96回芥川賞候補となる(該当作なし)。1987年、「鍋の中」(『文學界』5月号)で第97回芥川賞を受賞した。
1991年に黒澤明が「鍋の中」を『八月の狂詩曲』として映画化した際には不満で、「ラストで許そう黒澤明」を『別冊文藝春秋』同年夏号に寄稿した。
やや怪奇味を帯びた作風だが、『龍秘御天歌』(1998年)ではリアリズムに転じた。
『百年佳約』(2003年『西日本新聞』に連載)の挿絵を担当したスペイン在住の画家堀越千秋とは親友。
2017年、日本芸術院会員に選ばれる。
2018年現在、川端康成文学賞、紫式部文学賞選考委員。
物心がつく前から吃音があり、成人後も治っていない。子どもの頃は悩んだが、社会人になってからはたいして気にならなくなったという。

受賞歴

村田喜代子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村田喜代子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hishiokakenji村田喜代子『耳の叔母』(書肆侃々房)。おお、村田喜代子の短編健在! と思ったらいずれも昔の作品でした。それでも珠玉の佳作ばかり。オートバイ小説「熱愛」、バイク乗りのあの感覚によく迫れるものです。もちろん長編もすばらしいのだけど、い… https://t.co/R62NJ4KpGf
passage_bot氷片を浮かべた焼酎は冷気が立って口に含むと匕首のように鋭く澄んでいる。こんな清冽な飲み物が喉を通るとたちまち体を熱し、心を揺さぶって激情を高めるのが不思議な気がする。―「茸類」村田喜代子
1011_rita『屋根屋』村田喜代子雨漏りを直しに来た屋根屋と、依頼した主婦が夢の中で幾多もの旅を重ねるお話。ある時は、屋根屋による夢の見方の指南書のような趣きになり、瓦に秘密が隠されている寺院の案内になったり、フランスのゴシック建築の講義にもなったりして、本当に楽しい。
rat_hiro黒澤明監督「八月の狂詩曲」1991年村田喜代子の「鍋の中」を映像化。長崎が舞台。雷の音と光で、またピカ(原爆)が落とされたと勘違いしたおばあちゃんが、孫達に白いシーツを被せて自分は上になって庇う所で泣いた。が、最後は唐突で私自身… https://t.co/i9EYXpJSbk
fragments_bot_2ながいあいだ遠い慰安の星のように光っていた死は、祖母に刻々と近づき、待ち受ける彼女と、接近する星のあいだの長い長い距離が燃えちぢんで、最後に残っていた数ミリがやがて燃焼して灰になる。そのとき九十歳になっていた。(村田喜代子『白い山』)
bq_lemon書肆侃侃房さんの新入荷です!『歌集 memorabilia/drift』中島裕介『句集 花と夜盗』小津夜景『耳の叔母』村田喜代子『愛しいあなた』劉梓潔/訳・明田川聡士『モトムラタツヒコの読書の絵日記』『Tu… https://t.co/tC0tgHwP8D
Bot_anakisa読むに値するもの。1.誰もが心に思っている事柄を、再認識させ共感させる。2.誰もが知りながら心で見過ごしている事柄を、改めて再認識し実感させる。3.人に知られていない事柄を書き表して、そこに意味を発見し光を当てる。(村田喜代子)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    村田喜代子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)