トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 塩野七生

塩野七生

塩野七生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

塩野 七生(しおの ななみ、女性、1937年7月7日 - )は、日本の歴史作家、小説家である。名前の「七生」は、7月7日生まれであることに由来。
東京市滝野川区(現・東京都北区)生まれ。東京都立日比谷高等学校、学習院大学文学部哲学科卒業。日比谷高校時代は庄司薫、古井由吉らが同級生だった。1963年からイタリアに遊びつつ学び、1968年に帰国すると執筆を開始。『中央公論』掲載の「ルネサンスの女たち」でデビュー。担当編集者は塙嘉彦であった。
1970年には『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』で毎日出版文化賞を受賞。同年から再びイタリアへ移り住む。フィレンツェやローマに在住し、ローマ名誉市民を経てイタリア永住権を得ており、ローマに在住。
イタリア中心に、古代から近世に至る歴史小説を多数執筆。またエッセイや時事批評、1970年代にはエンリコ・ベルリンゲルが進めたユーロコミュニズムで支持者を増やしていたイタリア共産党を批評する文章を書いているほか、後藤田正晴との対談なども行っている。
ローマ帝国前期の「小さな政府」を理想としており、直接的に小泉構造改革を支持していたと思われる叙述が見られる。1992年から古代ローマを描く『ローマ人の物語』を年一冊のペースで執筆し、2006年に『第15巻 ローマ世界の終焉』にて完結した(文庫版も2011年9月に刊行完結)。『文藝春秋』で巻頭エッセイ「日本人へ」を執筆。

塩野七生新刊

  • 発売日
    2019年1月29日
  • 書名
    十字軍物語 第三巻: 獅子心王リチャード (新潮文庫)
  • 発売日
    2019年1月29日
  • 書名
    十字軍物語 第四巻: 十字軍の黄昏 (新潮文庫)

受賞歴

塩野七生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

塩野七生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ryugyoku塩野七生の名言 /stones/23573
hkn_m1間は、野望実現の過程では、異性のことなど忘れてしまったとて、たいして残念にも思わない。だが、いざ自分の夢が実現したとなると違ってくる。とくに、自分の人生がこのままで終るのかと思うと、胸の中がゆらいでくるものだ。 by塩野七生 https://t.co/tMybM5oTZk
maru_press会戦の状況図でアレクサンドロスの超特別扱いに笑ってしまった。(塩野七生『ギリシア人の物語』) https://t.co/fNBvbZjnx1
pot2629塩野七生bot:この一線は守ろうとする一念で戦場に臨むと、その一線までも守れなくなる場合が多い「日本人へ 国家と歴史篇」)https://t.co/RLtDheV7pq
orenoidyatta「非難とは非難される側より非難する側を映し出す事が多い。」ローマ人の物語10-著者:塩野七生Twitterを見ながらこの一文を思い出す
kousuke2630自由を制限されたところに真の自由が最もよく発揮されるby 塩野七生 #自由を感じたらRT
MemePxl05751息子は五教科の中でも社会が好きで得意。今の中学の社会科教師(30代男性)がすごく息子の好奇心を高く評価して下さって有難い。先日の学年懇談会のあとこの先生と塩野七生のことなどを30分くらい話してすごく盛り上がってしまった。この先生なかなかの美男。眼福だったわ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
塩野七生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)