トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 塩野七生

塩野七生

塩野七生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

塩野 七生(しおの ななみ、女性、1937年7月7日 - )は、日本の歴史作家、小説家である。名前の「七生」は、7月7日生まれであることに由来。
東京市滝野川区(現・東京都北区)生まれ。東京都立日比谷高等学校、学習院大学文学部哲学科卒業。日比谷高校時代は庄司薫、古井由吉らが同級生だった。1963年からイタリアに遊びつつ学び、1968年に帰国すると執筆を開始。『中央公論』掲載の「ルネサンスの女たち」でデビュー。担当編集者は塙嘉彦であった。
1970年には『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』で毎日出版文化賞を受賞。同年から再びイタリアへ移り住む。フィレンツェやローマに在住し、ローマ名誉市民を経てイタリア永住権を得ており、ローマに在住。
イタリア中心に、古代から近世に至る歴史小説を多数執筆。またエッセイや時事批評、1970年代にはエンリコ・ベルリンゲルが進めたユーロコミュニズムで支持者を増やしていたイタリア共産党を批評する文章を書いているほか、後藤田正晴との対談なども行っている。
ローマ帝国前期の「小さな政府」を理想としており、直接的に小泉構造改革を支持していたと思われる叙述が見られる。1992年から古代ローマを描く『ローマ人の物語』を年一冊のペースで執筆し、2006年に『第15巻 ローマ世界の終焉』にて完結した(文庫版も2011年9月に刊行完結)。『文藝春秋』で巻頭エッセイ「日本人へ」を執筆。

塩野七生新刊

  • 発売日
    2018年1月27日
  • 書名
    想いの軌跡 (新潮文庫)
  • 発売日
    2018年1月4日
  • 書名
    再び男たちへ フツウであることに満足できなくなった男のための63章 (文春文庫)

受賞歴

塩野七生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

塩野七生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

momomiik塩野七生『わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡2』 https://t.co/M3RjgFPztoすべての都市、すべての国家にとっては、領国を侵略できると思う者が敵であると同時に、それを防御できると思わない者も敵なのである。君… https://t.co/tSJutlbRmr
hkn_m1天才とは、苦労をすることを知っている人のことである by塩野七生『人びとのかたち』 https://t.co/tMybM5oTZk
Lkpi8dEIKmF7bi1なおカエサル大好き腐女子と言われている塩野七生先生は、トランプをNHKの番組だかで批判していた模様<RT
succeedin21成功する者の条件のうちでも欠くことのできない一つは、どれだけの人を周囲に集められるか、ではないだろうか(塩野七生)
kuotupko30eiイエス・キリストは、人間は「神」の前に平等であると言ったが、 彼とは「神」を共有しない人間でも平等であるとは言ってくれていない。 :塩野七生
nyoppo1天才にこそ、理解や賞賛は、酸素のようなものなのだと思う。塩野七生
tjehara1ときになにもかも忘れて夢をみることは、子供よりも大人に必要だ。by 塩野七生
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
塩野七生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)