トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 塩野七生

塩野七生

塩野七生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

塩野 七生(しおの ななみ、女性、1937年7月7日 - )は、日本の歴史作家、小説家である。名前の「七生」は、7月7日生まれであることに由来。
東京市滝野川区(現・東京都北区)生まれ。東京都立日比谷高等学校、学習院大学文学部哲学科卒業。仏の小説家、アンドレ・ジイドを中学生のころから読んでいた。東京大を受験したが不合格。「イーリアス」を読んで感激していたため翻訳者だった呉茂一に学びたいと願って学習院大に進学した。後輩に利根川進がいて親しかった日比谷高校時代は庄司薫、古井由吉らが同級生だった。1963年からイタリアに遊びつつ学び、モード記者として活躍。バレンチノ・ガラバーニなどを日本に紹介する記事を担当した。1968年に帰国すると執筆を開始。『中央公論』掲載の「ルネサンスの女たち」でデビュー。東京五輪をイタリアで見て、聖火ランナー最終走者の坂井義則の姿に感激しての挑戦だった。担当編集者は塙嘉彦であった。塙が翻訳文化の岩波書店に対抗して、国産の翻訳で行こうといわれて奮い立ったと学習院大の講演で高校生たちに述懐している。
1970年には『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』で毎日出版文化賞を受賞。同年から再びイタリアへ移り住む。フィレンツェやローマに在住し、ローマ名誉市民を経てイタリア永住権を得ており、ローマに在住。
イタリア中心に、古代から近世に至る歴史小説を多数執筆。またエッセイや時事批評、1970年代にはエンリコ・ベルリンゲルが進めたユーロコミュニズムで支持者を増やしていたイタリア共産党を批評する文章を書いているほか、後藤田正晴との対談や佐々淳行などとの対談も行っている。
ローマ帝国前期の「小さな政府」を理想としており、直接的に小泉構造改革を支持していたと思われる叙述が見られる。
1992年から古代ローマを描く『ローマ人の物語』を年一冊のペースで執筆し、2006年に『第15巻 ローマ世界の終焉』にて完結した(文庫版も2011年9月に刊行完結)。『文藝春秋』で巻頭エッセイ「日本人へ」を執筆。それ以降も執筆やテレビへの出演などで活動している。

受賞歴

塩野七生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

塩野七生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bousiaruaru帽子は顔に陰影を与える。また、頭にのせるだけなのに、その人の性格をきわ立たせてくれる。   -塩野七生 『再び男たちへ』(文春文庫,1994)249p-
tobari_ffチェーザレと言えば、最近は惣領先生の漫画ですが、それ以前は塩野七生の『チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷』っていう、中2心のど真ん中をあまりにぐさっと射抜きすぎる本が有名だった気がします…
shincholive_bot『賢帝の世紀──ローマ人の物語[電子版]IX』(塩野七生)「黄金の世紀」を築いた三皇帝の統治の秘密を明かす。 https://t.co/yOuLpM4ID5
motanmozoGWから2ヶ月で買って読んだ本(朝の15分読書除く)漫画多し妖怪もの多し水木しげるもの多し塩野七生多し興味をもたれたり気になるものがあったら気軽に聞いてください
coX8YZcCdUzagQ4わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡―塩野七生ルネサンス著作集7―https://t.co/UG9suwlaYWebook,塩野 七生,わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡―塩野七生ルネサンス著作集7―,新潮社... https://t.co/lEsQyZNz4i
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
塩野七生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)