トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松浦理英子

松浦理英子

松浦理英子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松浦 理英子(まつうら りえこ、1958年8月7日 - )は、日本の小説家。
愛媛県松山市生まれ。父親の勤務の関係で、幼少期を四国地方の各地で過ごす。中学生の時に香川県丸亀市に移り、丸亀西中学から大手前高校を経て、青山学院大学文学部仏文科卒業。10代よりマルキ・ド・サド、ジャン・ジュネなどを愛読し、仏文科を志望したのもジュネを原語で読むためであった。大学在学中の1978年、「泣き屋」と「笑い屋」との奇妙な交流を描く「葬儀の日」で文學界新人賞を受賞、芥川賞候補になる。1987年、レズビアンを描いた『ナチュラル・ウーマン』が中上健次の絶賛を受け注目される。
1993年11月、河出書房新社より長編小説『親指Pの修業時代』を上下巻で刊行。同作品は右足の親指がペニスになってしまった女性の遍歴を描き、「ペニスを男根主義から解放する」ことを謳った。1994年、女流文学賞受賞。同作品はベストセラーとなり、映画化の話が持ち上がった。また、2009年には講談社インターナショナルより英訳版『''The Apprenticeship of Big Toe P''』が刊行された。翻訳はマイケル・エメリック。
小説、エッセイとも一貫して、性愛における「性器結合中心主義」への異議を唱え続けている(一般的な意味での「フェミニスト」ではない)。寡作な作家であり、『親指Pの修業時代』から次作『裏ヴァージョン』まで7年、『犬身』までさらに7年が費やされた。2007年発表の『犬身』では、子犬に転生した女性を通じて種を超えた愛情を描き、翌年に読売文学賞を受賞した。現在は文學界新人賞(2007年 - )、野間文芸新人賞(2008年 - )選考委員。 犬好き。また女子プロレス愛好家であり、特にブル中野のファンである。

受賞歴

松浦理英子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松浦理英子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

fragments_botある人々には嫌な感じを与えるのは何故か。私たちが動じないから。何が必要で何が不必要なのか堂々と表示を掲げていたから。(松浦理英子『葬儀の日』)
fragments_bot_2泣こうとしたがうまく行かなかった。映画を見るとたやすく泣けるのに自分のこととなるとそうは行かない。育ちぞこなってしまった、と思う。(松浦理英子『セバスチャン』)
koko1ban1松浦理英子さんの本がでない。
kokoro116自分の気持ちに夢中になっているだけでしょう、私じゃなくて。あなたに私を好きだと言う資格はないわよ。あなたみたいに、思い込んだら他の物事には全く眼もくれないでおめでたく熱中するだけの人間には。(松浦理英子/『ナチュラル・ウーマン』)
yukes_tokyo昨日のシモハルさんの「白いばら」を聴いたら、『親指Pの修行時代』という小説(松浦理英子・著)を思い出した。そんなに近い内容では決してないんだけど。
HagiKaoナチュラルウーマンと聞いて真っ先に思い浮かぶのは松浦理英子
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松浦理英子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)