トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 桐野夏生

桐野夏生

桐野夏生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

桐野 夏生(きりの なつお、1951年10月7日 - )は、石川県金沢市生まれの小説家。本名:橋岡まり子。別のペンネーム野原野枝実(のばら のえみ)や桐野夏子の名でロマンス小説、ジュニア小説のほか、森園みるくのレディースコミック原作も手がけている。
妊娠中に友人に誘われ、ロマンス小説を書いて応募し佳作当選。以後、小説を書くのが面白くなって書き続けたという。ミステリー小説第一作として応募した『顔に降りかかる雨』で第39回江戸川乱歩賞を受賞。ハードボイルドを得意とし、新宿歌舞伎町を舞台にした女性探偵、村野ミロのシリーズで独自の境地を開く。また、『OUT』では平凡なパート主婦の仲間が犯罪にのめりこんでいくプロセスを克明に描いて評判を呼び、日本での出版7年後に米国エドガー賞にノミネートされ、国際的にも評価が高い。代表作に『顔に降りかかる雨』(1993年)、『OUT』(1997年)、『柔らかな頬』(1999年)、『グロテスク』(2003年)、『東京島』(2008年)など。2015年に紫綬褒章を受章。
1951年、金沢市に生まれる。建設会社でエンジニアをしていた父をもち、両親と兄、弟のリベラルな家庭に育つ。父の転勤が多く、3歳で金沢を離れ、仙台、札幌、さらに中学校2年生で東京都武蔵野市へと引っ越しを重ねた。武蔵野市立第四中学校、桐朋女子高等学校(東京都調布市)から、成蹊大学法学部へと進学。卒業後はオイルショックの時代で就職先があまりなく、映画館に務め、のち広告代理店で医者向け雑誌の編集に従事。いずれも1、2年で退社して24歳で結婚。
仕事は結婚後も続けていたが、しばらく仕事をやめたこともあった。脚本家の向田邦子のファンだったこともあって、経済的自立を求め、シナリオ学校(日本脚本家連盟ライターズスクール)に通ったりアルバイトをしたりするようになる。子どもが生まれたため、家でできる仕事として、マニュアルの文章を書くフリーライターとして活動する。1984年、30歳代の始めに第2回サンリオロマンス賞に応募した『愛のゆくえ』が佳作入選し、小説家としてデビュー。ロマンス文学やジュニア小説、森園みるくのマンガの原作などを手がけるようになった。
1993年に、日本における女性ハードボイルドの先駆けになったとされる第39回江戸川乱歩賞受賞作『顔に降りかかる雨』で本格デビューを果たし、出版業界用語でいわれる「万年初版作家」の域を脱出。ミステリーの発注が続いて多忙になったため、10年間続いた森園みるくとのレディースコミックの共作は、途絶となってしまった。しばらくスランプ状態が続いたが、新宿歌舞伎町で活躍する女性探偵「村野ミロ」シリーズを掘り下げ、独自の境地を切り開いたり、女子プロレスを舞台にした『ファイヤーボール・ブルース』で読者層を広げていく。1998年の日本推理作家協会賞受賞作『OUT』が小説家としてブレイクスルーとなる作品となった。

桐野夏生新刊

  • 発売日
    2017年7月14日
  • 書名
    新装版 天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)
  • 発売日
    2017年6月15日
  • 書名
    新装版 顔に降りかかる雨 (講談社文庫)
  • 発売日
    2017年6月7日
  • 書名
    デンジャラス

受賞歴

桐野夏生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桐野夏生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ikehon_sanseido昨日の『デンジャラス』刊行記念、桐野夏生先生のトークショーは満員御礼!ご来場された方には今回のイベントオリジナル栞のプレゼントも♪なんとこの栞を店頭用にも少しいただいたので、展開中の書籍にも挟み込んでます。数量限定なのでお早目に! #別館Aゾーン
lacinaludowa戦利品積んでるし桐野夏生の本読み漁りたいしやばい
shinchosha_bshいえいえ、安さはもちろん、中身にも自信はあります。2014年に訳者も表紙も一新して、解説は桐野夏生さん。#新潮文庫 #100分de名著 https://t.co/YWbMGUjjsN
ChonanMifaナイス 【大人のおしゃれ手帖 2017年 7 月号】呼吸法や足つぼマッサージ、骨盤体操、からだリフレッシユしました。ゴーヤの料理も参考に。桐野夏生さんの記事も良かった。 → https://t.co/6PMsOfjfV6 #bookmeter
George_FMB4. グロテスク/桐野夏生これは確かに傑作なんだけど、ぶっちゃけ話の内容とかより上巻の女子校の悪意的な描写が素晴らしすぎるので、女の子だけが集まった時の厭な感じが逆に好きな人は読むといいと思います。オチがちょっと弱いけど小説とし… https://t.co/sZu370JVF1
junnbrand自分なりの方法がどこかにあるはずだ、 と思っていた。 その自信が傲慢から来るのか、 無知から来るのか。 それとも、その両方から来るのか。 あるいは自信でも何でもなく、 ただの楽観なのか。 by 光源、桐野夏生
maternise桐野夏生『IN』読んだ。桐野夏生読むのは『グロテスク』以来二冊目。『死の棘』がモデルだと知って読まねばと思い。先日読んだ島尾ミホの評伝と重なるところがかなりあったけれど、実際にどれくらい、島尾周辺に取材してるのかな?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
桐野夏生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)