トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 桐野夏生

桐野夏生

桐野夏生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

桐野 夏生(きりの なつお、1951年10月7日 - )は、石川県金沢市生まれの小説家。別のペンネーム野原野枝実(のばら のえみ)や桐野夏子の名でロマンス小説、ジュニア小説のほか、森園みるくのレディースコミック原作も手がけていた。
妊娠中に友人に誘われ、ロマンス小説を書いて応募し佳作当選。以後、小説を書くのが面白くなって書き続けたという。ミステリー小説第一作として応募した『顔に降りかかる雨』で第39回江戸川乱歩賞を受賞。ハードボイルドを得意とし、新宿歌舞伎町を舞台にした女性探偵、村野ミロのシリーズで独自の境地を開く。また、『OUT』では平凡なパート主婦の仲間が犯罪にのめりこんでいくプロセスを克明に描いて評判を呼び、日本での出版7年後に米国エドガー賞にノミネートされ、国際的にも評価が高い。代表作に『顔に降りかかる雨』(1993年)、『OUT』(1997年)、『柔らかな頬』(1999年)、『グロテスク』(2003年)、『東京島』(2008年)など。2015年に紫綬褒章を受章。
1951年、金沢市に生まれる。建設会社でエンジニアをしていた父をもち、両親と兄、弟のリベラルな家庭に育つ。父の転勤が多く、3歳で金沢を離れ、仙台、札幌、さらに中学校2年生で東京都武蔵野市へと引っ越しを重ねた。武蔵野市立第四中学校、桐朋女子高等学校(東京都調布市)から、成蹊大学法学部へと進学。卒業後はオイルショックの時代で就職先があまりなく、映画館に務め、のち広告代理店で医者向け雑誌の編集に従事。いずれも1、2年で退社して24歳で結婚。
仕事は結婚後も続けていたが、しばらく仕事をやめたこともあった。脚本家の向田邦子のファンだったこともあって、経済的自立を求め、シナリオ学校(日本脚本家連盟ライターズスクール)に通ったりアルバイトをしたりするようになる。子どもが生まれたため、家でできる仕事として、マニュアルの文章を書くフリーライターとして活動する。1984年、30歳代の始めに第2回サンリオロマンス賞に応募した『愛のゆくえ』が佳作入選し、小説家としてデビュー。ロマンス文学やジュニア小説、森園みるくのマンガの原作などを手がけるようになった。
1993年に、日本における女性ハードボイルドの先駆けになったとされる第39回江戸川乱歩賞受賞作『顔に降りかかる雨』で本格デビューを果たし、出版業界用語でいわれる「万年初版作家」の域を脱出。ミステリーの発注が続いて多忙になったため、10年間続いた森園みるくとのレディースコミックの共作は、途絶となってしまった。しばらくスランプ状態が続いたが、新宿歌舞伎町で活躍する女性探偵「村野ミロ」シリーズを掘り下げ、独自の境地を切り開いたり、女子プロレスを舞台にした『ファイヤーボール・ブルース』で読者層を広げていく。1998年の日本推理作家協会賞受賞作『OUT』が小説家としてブレイクスルーとなる作品となった。

桐野夏生新刊

  • 発売日
    2017年12月5日
  • 書名
    奴隷小説 (文春文庫)
  • 発売日
    2017年8月9日
  • 書名
    新装版 ローズガーデン (講談社文庫)
  • 発売日
    2017年8月4日
  • 書名
    夜また夜の深い夜 (幻冬舎文庫)

受賞歴

桐野夏生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

桐野夏生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kurotuki_2桐野夏生- 江戸川乱歩賞(顔に降りかかる雨)絲山秋子- 芥川賞(沖で待つ)夏樹静子- フランス犯罪小説大賞(第三の女) https://t.co/T99kWaC8PL
eoureiurei自分なりの方法がどこかにあるはずだ、 と思っていた。 その自信が傲慢から来るのか、 無知から来るのか。 それとも、その両方から来るのか。 あるいは自信でも何でもなく、 ただの楽観なのか。 by 光源、桐野夏生
antimatterprobsPハイスミスぐらいいやらしく心理描写を書く作家いねーかな…あの自己嫌悪感と人間嫌い感が出てる作家桐野夏生ぐらいしか知らん…
junnbrand自分なりの方法がどこかにあるはずだ、 と思っていた。 その自信が傲慢から来るのか、 無知から来るのか。 それとも、その両方から来るのか。 あるいは自信でも何でもなく、 ただの楽観なのか。 by 光源、桐野夏生
pinokodomonjyo@rakkyun1 強い鬱がましになった頃ナイトメア ビフォークリスマスのティム・バートンの原画展に行ったら気持ち悪くなって桐野夏生さんの小説も具合悪くなって読めません今も   ごめん
mash_sue桐野夏生「グロテスク」読了。おもしろいけど重いので、休み休み、でも気になる…結局あっという間に読んでしまったよ。実際の事件をモデルにここまで書き上げたのは見事。女子カーストも男社会での出来事も女性が年老いて周りが変わってく様もリアル。https://t.co/brANW3uiIy
eeAkanasu桐野夏生「デンジャラス」読了。谷崎潤一郎の日々の出来事を、3番目の妻の妹=細雪の雪子のモデルになった人、の目線で描いた小説。谷崎さんの独特な、女性への執着心が垣間見えて面白かった。これを読んで思い出したのが「猫と庄造と二人の女」。また読み返したくなった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
桐野夏生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)