トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 桐野夏生 > グロテスク

グロテスク(桐野夏生)

グロテスク(著者:桐野夏生)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:グロテスク
  • 著者:桐野 夏生
  • ページ数:536
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:97841632195
  • ISBN-13:9784163219509

桐野夏生新刊

  • 発売日
    2018年8月29日
  • 書名
    抱く女 (新潮文庫)
  • 発売日
    2018年5月31日
  • 書名
    ロンリネス

グロテスク関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2003.11.30 作家の読書道:第26回 貫井 徳郎さん

    本格ミステリーを軸に、さまざまな分野や手法による意欲作を発表しつづける貫井徳郎さん。読書のほうも子供の頃から本格ミステリーをメインに歩んできたようです。SFに傾倒した時期もあったそうですが、好みは一貫しています。そのエッセンスとは? この秋、デビュー10周年を迎えた貫井さんが、忘れられない至福の読書経験や今注目する作家についても語ります。

桐野夏生のその他受賞歴(候補含む)

グロテスク関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yrkmolo個人的に、桐野夏生のグロテスクとか、山田詠美の賢者の愛はファムファタルと女性の話じゃないかなって思った
fruitsandX普段ものを読んでいると気分や具合が悪くなるような文章には度々出会いますが、過去最高に体調悪くなったのは、桐野夏生先生の小説「グロテスク」。あれは凄い。グロテスクとしか言いようがない。気持ちよく明るい気分にしてくれる文章ばっかり好む人にこそ是非読んで脳天揺さぶられて欲しい。
nohohondo@namikeneiyo 私は食品工場というと桐野夏生さんの小説『OUT』のイメージがあります。グロテスクなので万人には勧められませんが。この本も機会があれば読んでみますね(^_-)-☆
misaeyabuプリズンホテルをちょっと休憩して、桐野夏生「路上のX」へ。うわあな感じ。全然違う世界。これが平成。確かな社会資本が機能する昭和から、社会資本が破壊し尽くされた平成へ。本当にげっそりする。桐野夏生はグロテスク他いくつか読んできた。
SOCRATES_botbot桐野夏生の『グロテスク』とモーパッサンの『女の一生』をローテーションしつつ読了した。
daitokaiOL桐野夏生著作「グロテスク」で「男が何故若い女を買うのか」という問いに「未来のない年取った女が暗かったら、弱い男は耐えられない」みたいな事が書かれてて、アラサー以降の美容は強く健康的な美を目標にしたいと思った。細くて白くて儚げが良いのは若い時だけ。例外で石田ゆり子。
bass_kaisei0726@8Harutomato 桐野夏生のグロテスクはおすすめです。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)