トップページ > 公募ではない賞一覧 > 泉鏡花文学賞

泉鏡花文学賞

泉鏡花文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

泉鏡花文学賞(いずみきょうかぶんがくしょう)は、泉鏡花生誕100年を記念して1973年に制定された、金沢市によって主催される文学賞である。以降年一回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として八稜鏡、副賞として100万円(2011年現在)が授与される。併設されている賞として泉鏡花記念金沢市民文学賞があり、金沢市に地縁のある者のみが選考対象となる。
対象は小説や戯曲などの単行本で「ロマンの薫り高い作品」となっているが、第30回の野坂昭如のように作家個人の業績も選考に含まれることがある。第16回の吉本ばななのようにデビューしたばかりの新人が受賞することもあれば、第39回の瀬戸内寂聴のようにベテランが受賞することもある。

第40回2012年

受賞

第39回2011年

受賞

受賞

第38回2010年

第37回2009年

受賞

第36回2008年

受賞

第35回2007年

受賞

第34回2006年

受賞

第33回2005年

第32回2004年

受賞

以前のデータ(全データ一括表示

泉鏡花文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.10.13 泉鏡花文学賞:川上弘美さんが受賞

    第44回泉鏡花文学賞(金沢市主催)の選考委員会が13日、東京都内で開かれ、川上弘美さん(58)の短編集「大きな鳥にさらわれないよう」(講談社)が選ばれた。賞金は100万円。

  • 2015.12.10 直木賞作家の野坂昭如さん死去 85歳

    「火垂(ほた)るの墓」や「アメリカひじき」などの小説、「四畳半襖(ふすま)の下張」裁判やヒット曲「黒の舟唄」などで知られる黒めがねがトレードマークの作家、野坂昭如(のさか・あきゆき)さんが9日午後10時半ごろ、誤嚥(ごえん)性肺炎からくる心不全のため東京都内の病院で死去した。

  • 2015.11.26 [顔]二つの文学賞に輝いた作家…長野まゆみさん(56)

    「日本語はこんなに自由でいいんだと、鏡花さんの作品から学びました」

泉鏡花文学賞関連つぶやき

b_shinoao@aoba_rin @AmazonJP 幻想文学系(泉鏡花文学賞)の受賞者ですが、唐突にポエミー入ります、それでしょうか。個人的にはガツンというより沁みる、するするすべる文体な印象です。うーん、だとするとおとぎのかけらがまだ少なめかもです。
kindaibungaku046.【泉鏡花】デビュー作の評価は低かったが、師である尾崎紅葉の元で力をつけ『夜行巡査』『外科室』で注目される。主題を明白に示す観念小説から、怪奇趣味に彩られた浪漫的作風に転じ、『高野聖』など独自の美的世界観を構築した。生誕百年の1973年には泉鏡花文学賞が創設された。
whoswho_bot【ゲアハルト・ハウプトマン】19C末-20C前ドイツの作家。1889年炭鉱労働者の悲惨な境遇を描いた戯曲「日の出前」で成功し、自然主義文学の代表者となった。「織匠」では労働争議を題材にする。鋳鐘師が妖精に心を奪われる「沈鐘」は泉鏡花にも影響を与えた。1912年ノーベル文学賞。
jushosakuhttps://t.co/ZvTADMPTrY #jusho #newsJP [PR TIMES]が、近年は2015年『冥途あり』が野間文芸賞、泉鏡花文学賞をW受賞し、ようやく時代と文壇とが長野に追いついてきたと言われています。 そんな彼女が『少年アリス』以来、彼女の原点…
allreviewsjp「星雲賞、泉鏡花文学賞を受賞。名実ともに眉村SFの代表作」。消滅の光輪(東京創元社) - 著者:眉村 卓 - 大森望@nzmによる書評 | 好きな書評家、読ませる書評。ALL REVIEWS https://t.co/lEipX3hOFP
ExNPpb0rQ1KCXbiついでに…あかり坂の下にあった石碑寡聞にして泉鏡花文学賞という賞があることを知りませんでした受賞者を見ると、結構滄々たる顔ぶれです正賞がうさぎの柄の鏡なんですね、可愛い
life_effe_bot2小説『魚神』で小説すばる新人賞と泉鏡花文学賞を受賞した作家 【千早茜】 A:ちはやあかね
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)