トップページ > 公募ではない賞一覧 > 泉鏡花文学賞 > 歴代受賞情報一覧

泉鏡花文学賞

泉鏡花文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

泉鏡花文学賞(いずみきょうかぶんがくしょう)は、泉鏡花生誕100年を記念して1973年に制定された、金沢市によって主催される文学賞である。以降年一回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として八稜鏡、副賞として100万円(2017年現在)が授与される。併設されている賞として泉鏡花記念金沢市民文学賞があり、金沢市に地縁のある者のみが選考対象となる。
対象は小説や戯曲などの単行本で「ロマンの薫り高い作品」となっているが、第30回の野坂昭如のように作家個人の業績も選考に含まれることがある。第16回の吉本ばななのようにデビューしたばかりの新人が受賞することもあれば、第39回の瀬戸内寂聴のようにベテラン(
しかも、24年前まで15年間選考委員だった)が受賞することもある。

第40回2012年

受賞

第39回2011年

受賞

受賞

第38回2010年

第37回2009年

受賞

第36回2008年

受賞

第35回2007年

受賞

第34回2006年

受賞

第33回2005年

第32回2004年

受賞

第31回2003年

受賞

受賞

第30回2002年

第29回2001年

受賞

受賞

第28回2000年

第27回1999年

第26回1998年

第25回1997年

受賞

受賞

第24回1996年

受賞

受賞

第23回1995年

受賞

第22回1994年

受賞

  • 該当なし

第21回1993年

受賞

第20回1992年

受賞

受賞

第19回1991年

第18回1990年

受賞

第17回1989年

受賞

第16回1988年

受賞

第15回1987年

受賞

第14回1986年

受賞

第13回1985年

受賞

第12回1984年

受賞

第11回1983年

受賞

受賞

第10回1982年

受賞

第9回1981年

受賞

受賞

第8回1980年

受賞

第7回1979年

受賞

受賞

第6回1978年

受賞

第5回1977年

受賞

受賞

第4回1976年

受賞

第3回1975年

受賞

第2回1974年

受賞

第1回1973年

受賞

受賞

泉鏡花文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.10.6 泉鏡花文学賞:山尾悠子さん受賞 憧れの賞、感激 金沢市民文学賞は井崎さん、新田さん 21日授賞式

    今年の第46回泉鏡花文学賞(金沢市主催)に山尾悠子さん(63)の「飛ぶ孔雀(くじゃく)」(文芸春秋)が選ばれた。山尾さんは先月27日に東京で開かれた選考委員会後、報道陣の電話取材に応じ「20代の頃からの憧れの賞で、感激している。これからも書き続け、研さんしたい」と語った。

  • 2016.10.13 泉鏡花文学賞:川上弘美さんが受賞

    第44回泉鏡花文学賞(金沢市主催)の選考委員会が13日、東京都内で開かれ、川上弘美さん(58)の短編集「大きな鳥にさらわれないよう」(講談社)が選ばれた。賞金は100万円。

  • 2015.12.10 直木賞作家の野坂昭如さん死去 85歳

    「火垂(ほた)るの墓」や「アメリカひじき」などの小説、「四畳半襖(ふすま)の下張」裁判やヒット曲「黒の舟唄」などで知られる黒めがねがトレードマークの作家、野坂昭如(のさか・あきゆき)さんが9日午後10時半ごろ、誤嚥(ごえん)性肺炎からくる心不全のため東京都内の病院で死去した。

泉鏡花文学賞関連つぶやき

yurubngkbot泉鏡花文学賞泉鏡花生誕100年を記念して1973年に制定された、金沢市によって主催される文学賞である。以降年一回発表されている。対象は小説や戯曲などの単行本で「ロマンの薫り高い作品」となっているが、作家個人の業績も選考に含まれることがある。1973年(S48)~現在
yaso_peyotl【新刊】『小鳥たち』山尾悠子 文 中川多理 人形・写真第46回泉鏡花文学賞受賞作家 山尾悠子の最新作!あらたな領域に踏み入る記念碑的小説。小説と人形が織りなす奇蹟の幻想譚。好評発売中!発行:ステュディオ・パラボリカ… https://t.co/uXqSPX5Jyq
kindaibungaku046.【泉鏡花】デビュー作の評価は低かったが、師である尾崎紅葉の元で力をつけ『夜行巡査』『外科室』で注目される。主題を明白に示す観念小説から、怪奇趣味に彩られた浪漫的作風に転じ、『高野聖』など独自の美的世界観を構築した。生誕百年の1973年には泉鏡花文学賞が創設された。
An_nandeya_bot[語]第1回は半村良と森内俊雄が受賞した、金沢市が主催する文学賞は何文学賞? 泉鏡花文学賞 *半村良『産霊山秘録』、森内俊雄『翔ぶ影』。正賞として八稜鏡が授与される
reimi_128なんとなく泉鏡花文学賞というだけで選んでみたけれど、心が折れてる時に泉鏡花風なのはよくなかったかもしれない。
CurrentNewsLIOS「泉鏡花文学賞」歴代受賞作のおすすめ本5選!ロマンが香る文学の世界年に1度、金沢市の主催で開催される「泉鏡花文学賞」。泉鏡花のロマンあふれる小説の雰囲気を受け継いだ作... https://t.co/hJf76BWOz8
You_can_read_it森茉莉著『ベスト·オブ·ドッキリチャンネル』ブランド信仰とは正反対の著者ですが、この本の中で泉鏡花文学賞作家であることを素直に誇る姿は微笑ましく、逆に信頼できます。80年代テレビ批評を通じて、真の教養人の審美眼と痛快な毒舌を含… https://t.co/bR6az3yA9D
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)