トップページ > 作家名一覧 > ゆから始まる作家名一覧 > 夢枕獏

夢枕獏

夢枕獏さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

夢枕 獏(ゆめまくら ばく、本名:米山 峰夫、1951年1月1日 - )は、日本の小説家、エッセイスト、写真家。男性。
神奈川県小田原市生まれ。神奈川県立山北高等学校、東海大学文学部日本文学科卒業。
10歳から小説家を志し、大学卒業後は編集者をしながら作家活動と考えていたが、就職に失敗してしまい山小屋で働く。ペンネームの由来は夢を食べる獏と、夢のような話を書きたいという意味がある。
作品については本人曰く、「エロスとバイオレンスとオカルトの作家」で、密教的要素を散りばめたエログロの伝奇バイオレンスや、ひたすら男たちが肉弾戦を演じる本格格闘小説を得意とする。しかしながら商業デビュー直後はそのような得意ジャンル一本槍では無く、集英社コバルト文庫他で少女向け小説やジュヴナイル・ノベルなども執筆した。デビュー短編集『猫弾きのオルオラネ』は、現在の作風とは大きく異なる、詩情とユーモアをたたえた大人の童話風の一冊である。
安倍晴明を主役とした『陰陽師』シリーズは、晴明ブームのきっかけとなった。
また漫画の原作となった作品も数多く、中でも『餓狼伝』は谷口ジロー、板垣恵介、『陰陽師』は岡野玲子、『荒野に獣慟哭す』は伊藤勢という実力派によって漫画化された。中でも「サイコダイバー・シリーズ」は手を変え、作者を変え、幾度も漫画化されており、アニメ化もされている人気作品である。
夢枕自身も漫画マニアであり、テレビ番組『BSマンガ夜話』の準レギュラーでもあった。
旅行や釣りが趣味で、ヒマラヤ登山や、玄奘三蔵の歩んだ道を追体験するルート、アラスカの原野紀行などのハードな冒険にも挑んでいる。ヒマラヤ登山を扱った著作に、『神々の山嶺』がある。釣りに関しては、「川の学校」で講師を務める等造詣も深い、中でも鮎釣りに熱中しておりチンチン釣り(餌釣り)を得意としていて解禁日ともなると執筆意欲が削がれるほど鮎に焦がれてしまう。
ファン想いな面も強く、若いファンの過失を自らには過失が無いにも関わらず共に頭を下げたり、ファンの不幸に関しては見舞いや葬儀への参列も苦としないなど、人格者と慕われている。「子供はみんな可愛いけれど自分の子供が一番可愛い」と発言した事も有るが、人間の本性としてファン達には理解された。
本人は格闘技経験は無いものの、昔から熱心なプロレス・格闘技ファンであり、その方面の著作も多数存在する。『空手道ビジネスマンクラス練馬支部』では、格闘技経験のない中年男性が武道に出会い、体験する様をリアルに描写するためにモデルとなった大道塾(東孝塾長)に一日入門し、倒れるまで稽古に参加した。プロレス業界では「関節技の鬼」の異名をとる藤原喜明に実際に数十の関節技をかけてもらうなど(本人いわく「自殺志願者でもあの痛みからは逃れようとするだろう(大意)」)、リアリズムの追求のための体当たりな取材で格闘技ファンの間に人気が高く、格闘技関係の評論やエッセイも多い。また、K-1の提唱者のうちの一人でもある。
オウムガイなどに代表される「螺旋」をモチーフにした作品も多く発表している。
数々の作品を手がけるが、複数のシリーズを並行して執筆しており、一部の中編(単行本一冊程度)を除き現在までに完結した長編小説は少ない。これは短い話の予定で始めたシリーズの構想がふくらんで長期化したり、さらに新たなシリーズを始めたりするためである。また雑誌の都合による休載作品もある。本人いわく「残りの人生(寿命)を逆算しても書き上げる事が出来るかどうか不安」な程の構想を抱えていた。そのため2008年に刊行された『キマイラ』新版の序文において、「一作書き上げたら次の一作を書く」執筆方式にシフトし、2011年までに『キマイラ』と『餓狼伝』、及び『陰陽師』以外のシリーズ連載を全て終了させるという構想を語った。
別名義でも作品を発表している。

夢枕獏新刊

  • 発売日
    2017年12月14日
  • 書名
    短編伝説 旅路はるか (集英社文庫(日本))
  • 発売日
    2017年11月8日
  • 書名
    サイコダイバーシリーズ4・魔獣狩り外伝 <聖母隠陀羅編>
  • 発売日
    2017年9月6日
  • 書名
    サイコダイバーシリーズ3・魔獣狩り<鬼哭編>

受賞歴

夢枕獏関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.10.25 日本ミステリー文学大賞:作家の夢枕獏さんに

    第21回日本ミステリー文学大賞(光文文化財団主催)は25日、作家の夢枕獏さん(66)に決まった。

  • 2017.10.13 第65回「菊池寛賞」、夢枕獏氏、奥本大三郎氏、岸惠子氏らに

    10月12日、日本文学振興会が2団体、4人の受賞者を発表した。夢枕氏は「陰陽師」(文藝春秋)、「餓狼伝」(双葉社)、「キマイラ」(朝日新聞出版)のロングセラー本をはじめ、山岳、冒険、時代、SF、幻想小説など多彩な文筆活動で、40年にわたり読者を魅了し続けたことが評価された。奥本氏は、ファーブル「昆虫記」の翻訳を30年かけて完結させたこと、岸氏は女優に加え、作家としての活動が授賞の決め手となった。

  • 2017.1.19 【エンタメ小説月評】歴史のダイナミズム感じる

    歴史小説を読む喜びの一つは、フィクションによって歴史のダイナミズムを感じることができる点だ。新たな視点と解釈で捉え直し、史実の点と点をフィクションで結び合わせる。そうすると、無味乾燥な年号や人物が、いきいきと立ち上がってくるのだ。

夢枕獏関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

d_51reggaeman@SadaharuTany 夢枕獏先生の本に書いてたんですが、人間同士の一番最初の相撲は突きも蹴りもあったらしいですね。今の巌流島に近いものだったみたいです。確か、当麻蹴速が相手を蹴り殺したとか。
bunrizatu文2:安倍晴明を主人公とする陰陽師の作家 夢枕狼★夢枕獏 夢枕狸 夢枕猫
fukutaroukun夢枕獏さんの『秘伝「書く」技術(知のトレッキング叢書)』はベストセラー作家であり続ける著者が、すべての創作に役立つ実践的技術を初公開。 https://t.co/Gi6FqYg6EZ
shina1234jpよく帰り道、月を探しながら思うけど、陰陽師っていう夢枕獏さんの本とか、昔の中国の話とか、主人公が友と、夜風を感じながら、月を愛でポツリポツリ語らったり、返事をしたりするシーンが出てくるけど、ああいう時間は、本当に贅沢で、癒されるひとときだろうと思う。
teacupboy1@arnhem5 や、そこが夢枕獏さん主宰ということになっていたブースですよ!
P_DSJ修羅の門、初期は夢枕獏の影響と言う言葉で止めてはいけない何か
mumuseijin今日は#ゴジアニなうだったんだけど、夢枕獏の「空海」の予告を見た。そろそろキマイラ映像化しないかなぁ。闇狩り師でも。 https://t.co/clLfMRMtI7
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
夢枕獏さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)