トップページ > 作家名一覧 > ちから始まる作家名一覧 > 千早茜

千早茜

千早茜さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

千早 茜(ちはや あかね、1979年8月2日 ‐ )は、日本の小説家。北海道江別市出身。京都府在住。立命館大学文学部人文総合インスティテュート卒業。
幼少期をアフリカ・ザンビアで過ごす。学生時代は美術活動を行い、絵に詩を付けた作品を発表したところ詩の評判が良く、映画部の友人から頼まれてストーリーを作り始める。寺山修司の詩「てがみ」の影響を受けて魚の詩を多く書き、それを小説に起こして完成させた「魚神」がデビュー作となった。

千早茜新刊

  • 発売日
    2019年10月31日
  • 書名
    さんかく

受賞歴

千早茜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

千早茜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ikyouritsuka草迷宮(鏡花)高丘親王航海記(シブタツ)伯林蝋人形館(皆川博子)山梔(野溝七生子)生霊(久生十蘭)泥汽車(日影丈吉)ゲド戦記(ル・グウィン)妖女サイベルの呼び声(マキリップ)魚神(千早茜)f植物園の巣穴(梨木香歩… https://t.co/EbhNCUpdpR
hyhyknw#読了千早茜「おとぎのかけら 新釈西洋童話集」童話を下敷きにした物語七編が収録されている。いずれも現代が舞台なので読みやすい。剥き出しになっている人間の欲が怖ろしく美しい。ダークな結末でない作品は読後あたたかい気持ちになっ… https://t.co/kpybPbgTrq
thesentence_botまあ、なんでも自己満足だって。自己満足で幸せならいい人生だよ。/森の家(千早茜)
Namimagazine尾崎世界観/千早茜著『犬も食わない』刊行記念対談!/尾崎世界観×千早茜  半分の「わからない」をぶつけあう(波2018年11月号)https://t.co/MYNsb6o730
msh_dchpたぶんコ哀を好きになった瞬間から、わたしは人生において、性別を超えた、簡単に愛とも恋とも言えない、歪で唯一の関係性を推している。最近島本理生のファーストラヴ、千早茜の男ともだち、を読んで確信した。そういうのが好きなひとは是非。
kino_ui私の性癖男は三浦しをんと千早茜が原因といっても過言ではない
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
千早茜さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)