トップページ > 作家名一覧 > ちから始まる作家名一覧 > 千早茜

千早茜

千早茜さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

千早 茜(ちはや あかね、1979年8月2日 ‐ )は、日本の小説家。北海道江別市出身。京都府在住。立命館大学文学部人文総合インスティテュート卒業。
獣医だった父の仕事の関係で、幼少期をアフリカ・ザンビアで過ごす。学生時代は美術活動を行い、絵に詩を付けた作品を発表したところ詩の評判が良く、映画部の友人から頼まれてストーリーを作り始める。寺山修司の詩「てがみ」の影響を受けて魚の詩を多く書き、それを小説に起こして完成させた「魚神」がデビュー作となった。

受賞歴

千早茜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

千早茜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hirari_ktnh月は夜の目。うつくしい光ではない。あれは穴。あるいは裂け目。『月夜/千早茜』
_hisoka_sr千早茜さんの小説で一番好きなのは【透明な夜の香り】。続編でて欲しいなぁ...朔さんと友人になってどんな香りに包まれて過ごしてるのかが気になる...
_amaneko人形たちの白昼夢/千早茜幻想的な物語残酷な美しさの中にマイノリティについても考えさせられる挿絵の岡上淑子のコラージュが奇妙な感覚に合う https://t.co/FrazWeE2kl
kappa_lily昨日の百合文壇バーで千早茜先生の著作を読ませていただきました。同性の目線から語られる身体の感触や形状、そして欲しかった言葉たちには共感せずにはいられない。また『ひきなみ』では初潮とストリップ劇場という「大人の女性」を現す二つの… https://t.co/CVFr5Skcc1
yuribundanbarその他、『ゆらゆらと』『うみのはな』が収録されている『からまる』や。『グロゼイユ』が収録されている『洋菓子店 プティ・フール』。素晴らしい作品が多いので千早茜先生の著作に触れる方が増えたらいいなぁと思っています。… https://t.co/l51B17wD6H
tanaka_ri0『透明な夜の香り』千早茜読んだ。家から出られなくなって仕事をやめた元書店員がスーパーで見つけたバイトは、古い洋館での家事手伝い。その住人は謎めいた調香師の青年だった…。出てくる料理がどれもおいしそうで食べてみたくなった。ハーブ… https://t.co/ZIdZJZQN5y
amailemoncandy3人は絶対的。穂村弘、益田ミリ、千早茜、川上弘美も好き。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
千早茜さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)