トップページ > 作家名一覧 > ちから始まる作家名一覧 > 千早茜

千早茜

千早茜さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

千早 茜(ちはや あかね、1979年8月2日 ‐ )は、日本の小説家。北海道江別市出身。京都府在住。立命館大学文学部人文総合インスティテュート卒業。既婚。
父(国際協力機構勤務で病理学を専門とする獣医師)の仕事の関係で、小学校1年生から4年生までをアフリカ・ザンビアで過ごす。ザンビアではアメリカンスクールに通っていた。学生時代は美術活動を行い、絵に詩を付けた作品を発表したところ詩の評判が良く、映画部の友人から頼まれてストーリーを作り始める。寺山修司の詩「てがみ」の影響を受けて魚の詩を多く書き、それを小説に起こして完成させた「魚神」がデビュー作となった。

受賞歴

千早茜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

千早茜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kaoru___koあやかし草子 千早茜 読了。#読了美しかった…。どのお話もしっとりとした湿度があり、ひたひたと切なさと諦観がある。書くことに迷ったら読む本がまたひとつ、増えました。 https://t.co/6oGUZiSKdz
73wildbebi千早茜さんの「しつこくわるい食べもの」読んでるんだけど『汗をかけば気化熱でぎょっとするくらい体表が冷たくなり、すぐさま腹がぐるっとなる。』『下着と腹の間に風を通したくない』のくだりに心底共感。千早さん、それ私も同じです。脂の多いラーメンにも度々負けてます。
Yoituna27透明な夜の香り/千早茜昨夜寝付けず真夜中に一気読み。その洋館に住むのは調香師。庭は薬草が生い茂り豊かな土の匂いまで想像させる。そこを訪れる秘密を抱えた人々と香りの物語。日々どこかで嗅いだ記憶のある、特有の匂いを思い起こ… https://t.co/vtMN0xLZnQ
brat0528ナイス 【胃が合うふたり/千早 茜他】大好きな作家の千早茜さん、新井賞で有名なカリスマ書店員、新井見枝香さん。エッセイ既読で、破天荒さは体感済み。ふたりの連作エッセイ集、「気が合う」ではなく「胃… → https://t.co/RRocJXClyd #bookmeter
jiyachannel2022年の読書 73冊目クローゼット千早茜
nico1020kanon #tennen_seikatsu #天然生活まだ読み途中だけれどなかしましほさんに千早茜さんに猫沢エミさん、薬膳に保護犬の話ワクワクが止まらない。#楽天マガジン https://t.co/TzMqJjO1KH
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
千早茜さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)