トップページ > 作家名一覧 > ちから始まる作家名一覧 > 千早茜

千早茜

千早茜さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

千早 茜(ちはや あかね、1979年8月2日 ‐ )は、日本の小説家。北海道江別市出身。京都府在住。立命館大学文学部人文総合インスティテュート卒業。
幼少期をアフリカ・ザンビアで過ごす。学生時代は美術活動を行い、絵に詩を付けた作品を発表したところ詩の評判が良く、映画部の友人から頼まれてストーリーを作り始める。寺山修司の詩「てがみ」の影響を受けて魚の詩を多く書き、それを小説に起こして完成させた「魚神」がデビュー作となった。

千早茜新刊

  • 発売日
    2019年10月31日
  • 書名
    さんかく
  • 発売日
    2019年5月24日
  • 書名
    夜に啼く鳥は (角川文庫)

受賞歴

千早茜関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

千早茜関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

pompompuddingo千早茜さんの魚神、読んでる途中なんだけど、、白亜がスケキヨに会えて嬉しい、もしかしたら最後になるかもしれない時に、どこでそんなの覚えてきたの?って言って、だけど白亜とスケキヨの愛は変わらなくて離れ離れになってもスケキヨは香玉を姿を見せずずっと届けているっていう所好きです!!
maburina千早茜さんの「さんかく」を読み始めた。最初の塩むすびを読み終えたところだけど、これどう展開していくんだろw続き楽しみ。
sayulog『あとかた』(千早茜)読了。ある男を巡る6つの連作短篇集。結婚前に不倫する女、家庭崩壊に気づかない男、背中に傷がある女の子...。誰もかれも「助けて」が中々言えないのに、実態のあるものや、本物の愛を求めてた気がする。生身の人間は… https://t.co/BlLqc9drq5
_strange_quark_桜の首飾り千早茜「たえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」色々な問題を抱えながらも桜に魅せられ、乱され、動かされる短編集。違和感と妖しさが積もりながら気がつくと溶けて流れていく良作。特に「春の狐憑き」「華の… https://t.co/sOUT3xumR4
botbot02571348他人の優しさにはもれなく甘ったるい違和感がまとわりついてくる。《尾崎世界観/千早茜 犬も食わない》
nao0915Aliceふと読書家である宮田の愛萌さんの好きな作家が気になってググった結果・・・江國香織氏とか千早茜氏とか、読むジャンルが全く異なりすぎてた
ugkb6ZaR54fFs0J★嬉しくて涙が出ました。大好きな千早茜さんのサイン本が手に入りました。うるうる
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
千早茜さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)